フリゲと旅と映画について

フリーゲームの感想、考察、攻略、意見などを主に書くブログです。ときどき旅行、映画、商業ゲーム、読書の感想などもアップします。

『きらきら星の道しるべ』 幽霊とひと夏の旅をするRPG 感想 ※ネタバレ注意

0
おばけの少年とひと夏の旅をする短編RPG、『きらきら星の道しるべ』の感想です。制作者はPOPO様。作品の公式サイトはこちらです。 → kirakirabosi少女と幽霊の少年が、「未練」を探して冒険に出かけるお話です。クリアまでの所要時間は、ver1.10(初見プレイ)では4時間弱、ver4.1(最新バージョン)では2時間半でした。シュールで可愛らしい世界が魅力的な作品です。とはいえ個人的に惹かれたポイントは、「ひと夏の楽しい旅」...

『大逆転裁判2』が拓いた新境地 感想 考察 レビュー ※ネタバレ注意 その2

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の感想、考察記事(その2)です。ネタバレ情報を含みます。大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM記事その1に引き続き、各話の共通点や最終話キャラ配置の考察、主人公・成歩堂龍ノ介に関する感想、画集のネタバレを含むキャラ雑感、「大逆転裁判」シリーズの拓いた新境地など、総括的な内容が中心となります。また、旧逆転裁判シリーズとの比較も内容に含みます...

『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』 1話~5話 感想 レビュー ※ネタバレ注意 その1

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』(CAPCOM)の感想、考察記事(その1)です。時系列やストーリー内容のネタバレを含みます。大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM『大逆転裁判2』の発売から1年が経ちました。特典DLCの感想記事からずいぶんと遅れましたが、本編の感想記事です。作品自体の感想に加え、・前作『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』の簡単な感想・旧逆転裁判シリーズとの比較など...

『ハナノパズル2』 3色のブロックに花を咲かせるパズルゲーム 感想 攻略

0
3色のカラーブロックに花を咲かせるパズルゲーム、『ハナノパズル2』の感想、攻略です。制作サークルはQrostar様。作品の公式サイトはこちらです。 → Hanano Puzzle 2 by Qrostarマウスで操作するパズルゲームです。ステージはレベル1~35まで存在します。久々にパズルゲームをプレイしたくなり、色々と探してこの作品に出会いました。直感的にプレイできる、シンプルで面白いゲームです。しかも、かなりの歯ごたえがあります。...

『Sandstorm』 呪いの砂漠を行くアドベンチャーゲーム 感想 攻略 

0
呪われた砂漠を横断するアドベンチャーゲーム、『Sandstorm』の感想と攻略です。制作者はDaniel Linssen様。作品の公式サイトはこちらです。 → Sandstormエンディングは1つ。難易度は4段階あります。海外のフリーゲームです。荒涼としたヴィジュアルに惹かれてプレイしました。ゲームの目的はごくシンプルで、「広大な砂漠を横断する」ことです。ただしその砂漠には、呪いがかけられています。この呪いが大きな障害となってプレ...

『オトツカイ』 「音」を操り魔王を倒す謎解きパズルRPG 感想

0
謎解きパズルRPG、『オトツカイ』の感想です。軽い攻略情報を含みます。制作サークルはカタテマ様。作品のダウンロードページ(Vector)はこちらです。 → 『オトツカイ』主人公は、“オトツカイ(音使い)”。闇に包まれた魔王の城で、音を操り魔王打倒を目指します。約3時間でクリアしました。システムはシンプルながら、よく練られた面白いパズルゲームだと思います。試行錯誤を繰り返し、ギミックを突破したときの快感が半端ない...

『Ulitsa Dimitrova』 ストリートチルドレンを操作するアドベンチャーゲーム 感想

0
ロシアのストリートチルドレンを題材にした短編ADV、『Ulitsa Dimitrova』の感想です。制作者はLea Schönfelder&Gerard Delmas様。作品の公式サイトはこちらです。 → Ulitsa Dimitrova主人公は7歳のストリートチルドレン。プレイヤーはいつでもゲームを終わらせることができます。2010年にいくつかの賞を受賞したゲームです。タイトル名の"Ulitsa Dimitrova"は、「ウーリツァ・ジミトロヴァ」というサンクトペテルブルクに実在す...

『月の扉』 19世紀英国が舞台のゴシックホラーADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

0
ミステリ風味のホラーADV、『月の扉』の感想や考察、攻略です。制作者はソラトビサカナ様。制作者様のサイトはこちらです。 → MINARAI SUIFU若き花嫁ジェインが、嫁ぎ先である奇妙な屋敷の謎を探るお話です。タイトル名は、作中でジェインが出入りする月の装飾が施された扉を指します。エンディングは合計6つです。「月の扉」というミステリアスなタイトルと、19世紀の英国という舞台設定にまず心惹かれました。資産家と望まぬ結...

かもかて9周年と「十年祭」について

0
小麦畑様制作のフリーゲーム、『冠を持つ神の手』(かもかて)が、2019年6月に公開10周年を迎えます。つまり今年で9周年。おめでとうございます。かもかての公式サイトはこちらです。 → 『冠を持つ神の手』そして来る10周年を前に、非公式のお祝い企画である「十年祭」がスタートしました。※企画については、別記事(『箱弐御遺体』(はこにごいたい) 感想 考察 ※ネタバレ注意)のコメント欄で教えていただきました。SS、キット...

『箱弐伍遺体』(はこにごいたい) 感想 考察 ※ネタバレ注意

4
2ちゃんねる発の怖い話を題材にしたホラーサウンドノベル、『箱弐伍遺体』の感想です。ネタバレや元ネタ考察、解説を含みます。制作スタッフは「箱弐伍遺体」製作委員会様。作品の公式サイトはこちらです。 → 『箱弐伍遺体』エレベータ内に閉じ込められた少女5人が、自分たちを襲った怪異について順々に打ち明けるお話です。特典を含め、読み終わるまでに約3時間かかりました。15歳以上推奨の作品です。一部に流血・グロシーン...