『WIZMAZE』(ウィズメイズ) マルチシナリオ型ファンタジーRPG レビュー 感想 その1

かーめるん

マルチシナリオ型ダークファンタジーRPG、『WIZMAZE』(ウィズメイズ)のレビュー&感想記事です。ネタバレを含みます。

制作者はJakalope(ジャカロープ)様。作品の公式サイトはこちらです。 → WIZMAZE

wizmaze タイトル画面 スクショ

『WIZMAZE』は、マルチシナリオ形式のダークファンタジーRPGです。エンディングは3つ存在します。全エンディングクリア(とアイテム収集)には10時間弱かかりました。

主人公は見習いウィザード。正式なウィザードへの昇格を目指し、仮想領域"ウィズメイズ"の試練に挑みます。

『WIZMAZE』は、第11回ふりーむ!ゲームコンテスト最優秀賞受賞作品です。

  • 完成度が高く奥行きのある世界観設定
  • 主人公の選択によってガラリと様相を変える緻密なシナリオ
  • クオリティーの高いイラスト群
  • 魅力的なキャラクター
……など、ファンタジーRPGとして理想的な要素を多く兼ね備える作品だと思います。

感想を一言で言うなら、「超面白い!」でした。時間を置いて違うバージョンで2回全クリしましたが、2回目も夢中になってプレイしました。2回目は追加要素を追うのが楽しかったです。

『WIZMAZE』に関しては、現在追加コンテンツの制作が進行中だそうです。詳細は公式サイトや制作者様のブログに掲載されています。
新規シナリオも追加されるらしく、非常に楽しみにしています(個人的には、アルガンの掘り下げがありそうな「ガンジールの英雄編」がすごく気になります)。

この記事は、「レビュー」および「追加コンテンツに向けた世界&キャラ設定のおさらい」を主な目的とするものです。最近再プレイしたので、早い話がそのまとめメモのような内容です。
ストーリーやキャラクター、各ルート&エンディングについての感想(ネタバレを大いに含む)は、記事その2として後日アップします。

※記事その2をアップしました(10/06)。

≪関連記事:『WIZMAZE』(ウィズメイズ) ストーリー&エンディング等の感想と考察 ※ネタバレ注意 その2

以下、作品内容のネタバレが含まれます。ゲーム本編を未見の方はご注意ください。

あらすじ

最初に、『WIZMAZE』のあらすじを書きます。

主人公は帝都クレルモフェランの魔道士養成所、≪宵闇の学院≫に所属する見習いウィザードです。物語が始まるその日、主人公は正式なウィザードへの昇格を目指し、ある試練に挑むことになります。

その試練とは、仮想領域“ウィズメイズ”の通過。

wizmaze スクショ カレン

仮想領域“ウィズメイズ”は、立ち入る者の力量や記憶に応じてその姿を変える異空間です。
かつて学院に在籍した天才魔道士の傑作であり、その開発によって、見習いウィザードの生命を危険に晒すことなく資質を試せるようになりました。

試験当日、主人公は他の見習い2人より少し遅れて試練を開始します。

絶対安全と謳われる仮想領域“ウィズメイズ”。しかし主人公は次第に、その内部に存在する不穏な気配とほころびに気づくことになります。

wizmaze スクショ オード

仮想領域の最深部に潜むものとは?
仮想領域の開発に隠された真の目的とは?
そして、主人公自身に秘められた真実とは?

他の見習いたちと協力して歩むか、それともただ一人で試練の突破を目指すか、あるいは血に塗れた覇道を選び取るか。

主人公の選択によって、ストーリーは3つのルートに分岐します。

『WIZMAZE』世界の概要

この項目では、魅力的な『WIZMAZE』の世界(観)設定について自分なりにおさらいしてみようと思います。アーカイブで閲覧できるゲーム内資料のネタバレを含みます。

『WIZMAZE』世界の魔道士たちは、「宇宙(アーグカマル)には様々な世界(=領域、カマル)が存在し、その領域ごとに神(=領域存在)がいる」と考えています。

たとえば、主要な領域である星霜界(エタニティ)・虚無界(ヴォイド)・喚鳴界(レゾナント)には、それぞれアドラール・虚眼ノ王・ダァトという固有の領域存在がいます。

ただし例外として、ゲームの舞台となる人間たちの領域(=人間界、衆生界、モータリティ)には、領域存在が存在しません。そのためか人間界とヒトは、古くから他の領域による後援・干渉を受けてきました。

ヒトの栄枯盛衰の歴史は、事実上、人間界に干渉する領域存在の変遷の歴史でもあります。
過去の大きな戦争ごとに人間界の支配者は移り変わってきました。そしてそれに合わせて、支配者を後援し人間界に強い影響を及ぼす領域存在も交代してきたのです。

では『WIZMAZE』の宇宙には、具体的にどのような領域領域存在が存在するのでしょうか。また、人間界にはどういった種族が暮らしているのでしょうか。

まずは、「他の領域および領域存在」についてまとめてみます。

6大領域

①真理界(ウィズメイズ)

謎に包まれた原初の領域。人間界と同じく、例外的に領域存在がいない。すべて領域に生きるものは、真理界から来たりて真理界へ還ると伝えられている。

②星霜界(エタニティ)

星霜王アドラールが支配する領域。現在アーケンを統べるクレルモフェラン帝国、および≪宵闇の学院≫の後援者。アドラールに選ばれた人間は、光の使い手≪サーニルン≫と呼ばれる。

③虚無界(ヴォイド)

虚眼ノ王(コガンノオウ)が支配する領域。虚眼ノ王には3人の子がおり、それぞれがヴォイドに自らの領域を持っている。虚無界の力を用いる者は「虚眼の魔道士」と呼ばれ、現在の人間界では忌み嫌われている。

④喚鳴界(レゾナント)

金色竜ダァトが支配する領域。ダァトはアルガンを始めとする獣人たちに信仰されているが、その詳細は謎に包まれている。ダァトに選ばれたアルガンはゴールデンスケイルとなり、半人半竜のドラゴノイドとして無類の強さを発揮する。

⑤人間界(モータリティ)

物語の舞台。帝国人、腐海人、獣人など様々なヒトが暮らしている。人間界にはなぜか領域存在がおらず、他の領域と比べて特殊な点も多いらしい。

⑥精霊界(アストラル)

五大精霊が司る領域。他の主要領域と比べ劣ったものと見なされていたが、近年研究が進み、六つ目の大きな領域として認知されつつある。腐海の呪術師であるラビの一族は、精霊界の火の精霊と特別な結びつきを持つ。

物語中で話題になるのはだいたいこの6つの領域です(実はもう一つ領域が登場しますが、まだまだ発展途上らしいのでここでは省きます)。

次に、「人間界の各勢力」を書き出してみます。

人間界の勢力

Ⅰ.クレルモフェラン帝国

現在アーケンを支配している国。初代皇帝リアトリスは、星霜界の王アドラールに選ばれて光の使い手となり、アルガンを打ち破ったとされる。成立の経緯から魔道士ギルドとの関わりが深い。かつて奴隷制を敷いていたが、二十年前の刻月戦争の勃発と終戦後の条約締結により、階級制度を撤廃した。

Ⅱ.アルガン

背中に翼を持つ屈強な獣人たち。いくつかの部族に分かれている。ダァトを主神とする竜神教を信仰し、数百年前にはアーケンの覇者であった。刻月戦争では、奴隷身分の第三階級として腐海人などと提携しつつ帝国軍と戦った。中心勢力である「北の修道院」は、現在北方のガンジールを実効支配している。

Ⅲ.腐海人

疫病と貧困の巣窟である、腐樹海に住む者たちの総称。刻月戦争では、土着の呪術師一族であるラビが取りまとめ役となって帝国軍と戦った。戦後、支配構造の変化により腐海人内部で対立が生じているらしい。また、犯罪と麻薬のはびこる悲惨な生活状況はほとんど改善されていないという。

各領域とヒト勢力の結びつき方は、以下の通りです。

  • ①星霜界-Ⅰ.帝国
  • ④喚鳴界-Ⅱ.アルガン
  • ⑥精霊界:火の精霊-Ⅲ.腐海人:ラビ

そして、上述した「外領域-人間勢力」の関係性をざっくりと図示すると、下の画像のようになります。

wizmaze 人間界と各領域の関係 furige-tabi.com

また、歴史上、人間界の支配者(と後援者たる領域)は、以下のように移り変わってきました。

虚月のトリトニア(虚無界)アルガンin天空の古寺院(喚鳴界)クレルモフェラン帝国(星霜界)

代替わりごとに戦争が起きていますが、それは、「領域存在同士の代理戦争in人間界」のようなものなのかもしれません。

ちなみに、主人公やメインNPCはみな「魔道士(ウィザード)」です。

魔道士とは、他の領域から力を引き出し、魔法として用いることのできる人々の総称です。どの領域からどれだけ力を引き出せるか(=領域親和性)は、種族によって違いがあります。

正規の帝国魔道士はアドラールと縁の深い≪宵闇の学院≫に所属しているため、もっぱら星霜界由来の魔法を使います。
一方、虚眼ノ王が支配する虚無界の魔術を用いる者は、「虚眼の魔道士」と呼ばれます。アドラールと虚眼ノ王は鋭く対立しているため、虚眼の魔道士は現在の人間界においては迫害の対象です。

キャラクターについて

『WIZMAZE』には、様々なキャラクターが登場します。そのうち、主人公+メインキャラクター(ルートによってはパーティメンバーになってくれるキャラ)の4人についてざっくりと説明すると、以下のようになります。

メインキャラクター

主人公
見習いウィザード。亜人や腐海人ではないため、一応帝国人として扱われている。しかし出自は不明。他の魔道士とは違い、なぜか全外領域に通じ自由にその力を引き出す*ことができる。

アルマヴィタ
見習いウィザード。背中に翼を持つアルガンの青年。出身地は北の修道院を擁するガンジール。大柄な体躯を活かして触媒付のウォーハンマーを振るう一方、癒し手としてパーティの後方支援を担当する。
心優しく純朴で、争いを好まない性格。刻月戦争に従軍した経験がある。かつて帝国が敷いていた奴隷制を批判する一方、故郷と同胞たちに対しても複雑な思いを抱いている様子。

ナジーシャ
見習いウィザード。漆黒の肌に赤い瞳を持つラビの女性。ラビは腐樹海に住まう呪術師の一族である。種々の炎魔法を使いこなし、一族独自の刺突剣を用いた物理攻撃にも長けるウィザード。 勝気な性格で、ハングリー精神旺盛。同じラビである黒のオブシディアに憧れており、彼と並び立つようなウィザードになることが目標。

痩身の男
仮想領域内の錬金術師の小屋に住む男。フードと包帯で顔と身体を隠している。不思議な雰囲気をまとい、古風な言葉遣いで話す。冗談好きで酒好き。

*ヒトはもともと、全外領域と浅い繋がりを持っていると言われています。どの領域由来の魔法でも初歩レベルであれば使えるのは、ヒトのそういった性質ゆえです。

もちろん高度な魔法になると、その領域との親和性がなければ扱えません(例:アルマヴィタたちアルガンは喚鳴界との領域親和性が高く、ナジーシャたちラビは精霊界の炎の精霊と特別な結びつきを持つ)。

ちなみに領域に属するものたちは、基本的に自らの領域以外の力を使うことはできないそうです。唯一の例外は上にも書いたように人間界に住むヒトであり、微弱ながら全外領域に通じて力を使うことができます。人間界の特異性の一例と言えます。

加入の経緯と戦闘ユニットとしての特徴

この項目では、アルマヴィタ/ナジーシャ/痩身の男について、主に戦闘ユニットとしての考察・感想を書きます。どこで加入するのか、ルート分岐とどう関わるのかといった攻略的な話も含みます。「痩身の男」の属性や戦闘能力について一部言及しているので、ネタバレにご注意ください。

キャラクターの経歴やキャライベント、エンディングと絡めた感想は、ストーリー面のネタバレを多数含む&長くなったので、記事その2に書きました。

≪関連記事:『WIZMAZE』(ウィズメイズ) ストーリー&エンディング等の感想と考察 ※ネタバレ注意 その2

最初にルート分岐と関係した話をすると、「アルマヴィタ」と「ナジーシャ」が仲間になるのはBルートです。
2人とほとんど関わらない場合は、Cルートに入り、あるタイミングで「痩身の男」がパーティインします。

ちなみにAルートに入った場合、主人公は最初から最後まで一人きりで戦うことになります(話し相手になったり助けてくれたりする存在はいます)。

ガンジールのアルマヴィタ

アルマヴィタ(以下アルマ)は、ウィズメイズ上層を抜けた先、セントラルで初登場します。
先に攻略するダンジョンとして「天空の古寺院」を選んだ場合、セントラルで声をかけてもかけていなくても、ダンジョン入り口で主人公に話しかけてきます(話したことがあるか否かで会話内容がやや変化)。

アルマの協力の申し出を承諾するとBルートに突入し、2人パーティで進むことになります。天空の古寺院をクリア後、「腐樹海」攻略の途中でナジーシャもパーティインします。

また、ダンジョン入り口でアルマの申し出を断っても、ダンジョン終盤で傷ついたアルマと再会したときに助ければBルートに戻ることが可能です。そのままアルマを見捨てた場合、Cルートに突入します。

wizmaze スクショ アルマヴィタ

アルマは初見プレイで最初に仲間になってくれたキャラクターでした。優しげな風貌と背中の翼、しっかりとした体つきがいいバランスだと思います。性格も好きです。

戦闘ユニットとしてのアルマは、物理攻撃・防御に優れたヒーラーです。アルガンならではの頑丈さ(出血、転倒状態にならない)と、本人の資質(回復魔法の効果UP)からくる多種多様な癒しの魔法が持ち味。
敏捷(素早さ)は低いものの、パーティの回復役なのでむしろ好都合です。主人公が覚えられない「広域回復」(仲間全体を回復)はとても便利な技だと思います。

魔闘士志望なだけあって筋力に比べて魔力が低いですが、アルマはアルガンならではの喚鳴界由来の力を使うことができます。
「竜皮」(仲間全体の物理耐性UP)「竜骨砕き」(打撃、喚鳴殺、+転倒)は天空の古寺院で特に役立ちました。とりわけ後者は消費MPが0なので、序盤から終盤まで使える強くてコスパの良い技でした。

ラビのナジーシャ

ナジーシャは、セントラルから左手の「腐樹海」にワープし、いくらか進んだ大沼手前で初登場します。野営している彼女をスルーして進んでも、大沼に入る直前で主人公を呼び止めてきます(事前に話しかけたか否かで会話内容が変化する)。

ナジーシャの協力の申し出を承諾するとBルートに入り、以降は2人パーティで攻略を進めることになります。腐樹海をクリアした後、「天空の古寺院」攻略の途中でアルマもパーティインします。

アルマと同じく、序盤で協力をはねつけてもダンジョン終盤で再会することができます。衰弱したナジーシャを助けてあげれば、Bルートに戻ることが可能です。そのまま見捨てた場合はCルートに分岐します。

wizmaze スクショ ナジーシャ

ナジーシャと腐樹海関連のイベントは、けっこうヘビーな内容のものが多い印象です。思想や信条含めて好きなキャラでした。

戦闘ユニットとしてのナジーシャは、一撃必殺の物理技が使える素早いアタッカーです。炎の精霊と親和性が高いラビの一族として、強力な炎魔法を操ることができます(炎魔法の威力が25%UP)。また、疫病と猛毒に対して耐性を持っています。

技の中では、ラビに伝わる暗殺技の「致命の一撃」、蘇生技の「透花掌」が便利でした。また、個人的にバフ技が好きなので、ボス戦では主人公と一緒に「鼓舞」(ATKとMAG上昇)をかけまくってもらいました。

あと、「呼水」(全体の闇耐性UP)は虚無界で非常に役立ちました。ナジーシャは敏捷が高いので、バフ技や耐性上昇技と相性がいい印象です。腐樹海は古くから虚無界と繋がりが深い地域ですが、「呼水」はあえて虚無に与せずに炎の精霊を信仰してきたラビにふさわしい秘儀だと思います。

痩身の男

痩身の男はやや特殊な条件下で登場するキャラクターです。

セントラルから天空の古寺院に進んだならアルマが、腐樹海に進んだならナジーシャが、それぞれ主人公に協力を持ちかけてきます。

最初に声をかけられたときに誘いを断り、終盤に会ったときにも傷つき衰弱した彼らをスルーすると、Cルートに入ることになります(そのままボスに進もうとしたとき、アルマorナジーを治療せずに進んでOK? と確認される。承諾すると2人は息絶え、Cルートへの道が開ける)。

Cルート確定後に、腐樹海の左奥に位置する「錬金術師の小屋」を訪ねると、痩身の男に会うことができます(他のルートだとこの小屋は無人です)。錬金術師の小屋では、痩身の男と話をしたり彼からアイテムを購入したりすることができます。
また、「試練の突破を手伝ってくれ」と頼むこともできますが、この時点では痩身の男は首を縦に振ってくれません(ここで手伝いを頼んだか否かで、のちにパーティインするときの会話が変化)。

ウィズメイズ上層、天空の古寺院、腐樹海。3つのダンジョンをすべてクリアした後にウィズメイズ下層へ進むと、痩身の男が現れてパーティインしてくれます。

痩身の男については、特定の選択肢を選ぶことで発生するキャライベントが存在します。選択肢の選び方は、アーカイブにヒントが記載されています。

wizmaze スクショ カリス

痩身の男はポジションからして特別感のある、この作品のキーパーソンと言っていいキャラクターだと思います。性格や来歴ともに惹かれるものがあり、すごく好きなキャラです。

痩身の男は、主人公と同じく全外領域から力を引き出すことができます(正確に言うと今は通じていないらしいですが、領域魔法は使うことができるようです)。また、虚眼の魔道士として、虚無界由来の独自の魔法を使うことができます。

終盤にパーティインするお助けキャラという事情もあり、火力耐久ともに文句なしの性能です。全体回復&全ST異常を治す「再生」を持っているので、回復役になることもできます。

痩身の男は虚無の眷属ですが、虚無殺の「虚ろ砕き」を使うことができます。虚無界ではこの魔法と「拡散する光の槍」が役に立ちました。あと、使う機会はあまりなかったものの、「掌握」はキャラにふさわしい魔法だなと思います。

『WIZMAZE』の魅力

『WIZMAZE』は、ダークファンタジーな作風マルチシナリオ形式が特徴的なRPG作品です。

クリアまでの所要時間という意味では、中編程度のボリュームの作品です。しかし、プレイ中の体感ボリュームは相当なものでした。

内容がとにかく濃密で、ルートによって物語の雰囲気がまったく違うため、「これはなんとしてもすべてのエンディングとイベントと資料を見なければ」とつい夢中になってしまいます。

物語内資料が豊富に揃っている、歴史・神話の掘り下げバッチリ、主人公の選択が細やかに会話・シナリオに反映される……等、『WIZMAZE』は個人的に好きな要素がバッチリ網羅されているゲームでした。洋ゲーやファンタジー映画っぽい空気感もあり、非常に面白いRPGだと思います。

広大な"世界"の描き方

『WIZMAZE』のストーリーはほぼ、仮想領域"ウィズメイズ"というバーチャルリアリティーを舞台に展開されます。
しかし当然、仮想現実の外には現実の世界(人間界)があり、その世界の外にもまた別の世界群(星霜界、虚無界など)が存在します。

ゲームで活動できる範囲は、「宇宙(アーグカマル)>人間界>仮想領域"ウィズメイズ"」と入れ子状になっている世界の一端でしかありません(世界の構造に関しては、上の「『WIZMAZE』世界の概要」で述べた通りです)。

『WIZMAZE』の世界は、いわば宇宙レベルの話(領域間の関係や成り立ち)人間界レベルでの話(国の盛衰やヒトの歴史)が複雑に絡み合って創り出されているわけです。

このゲームの大きな魅力の一つは、そういった土台となる世界(観)がよく練られているところだと個人的には思います。

世界がどのように構成されているのか。キャラクターたちはそれぞれどのように世界を眺めているのか。何を疑い何を信じているのか。

マクロレベルからミクロレベルまで背景設定がしっかりと固められた上で、プレイヤーの興味をそそるように過不足なく描き出されているという印象です。
世界観の掘り下げとキャラの掘り下げが絶妙にリンクしている(NPCの目と口を通して世界を物語りつつ、同時に各キャラの思想や信条を描き出している)点も見事だと思います。

ところで、プレイ中に仮想領域の外に行く機会はほとんどありません(導入とAルート終盤を除く)。しかしそれが逆に、プレイヤーの想像と知識欲を絶妙に刺激し、作品世界に興味を持たせることに繋がっていると思います。

さまざまに与えられる資料や情報、ダンジョンの攻略を通し、プレイヤーはおのずと外の世界に興味を持つことになります。アルマと話すことでアルガンやガンジールや天空の古寺院に、ナジーと話すことで、腐樹海やラビに……と、興味の対象が広がっていくわけです。

やがては、不完全な仮想現実ではなく実際に外の世界に出て冒険してみたいと思うようにもなります。そういった欲求を抱いた時点で、『WIZMAZE』への没入度はかなりのものになっていると言えます。

あくまで経験上の意見ですが、「この地図の外にも行ってみたい」と思わされるRPGはたいてい良いゲームだと思います。
同じフリゲRPGで例を挙げると、たとえば『Ruina 廃都の物語』をプレイしているとき、「ホルム領を出てネス公国内や西シーウァ王国にも行ってみたい」と心底思いました。

「実際に行けないところも旅したい」とプレイヤーに思わせるRPGは、「ここまでしか行けない」という舞台の制限を逆に利用し、プレイヤーの興味をかき立てることに成功していると思います。

≪関連記事:『Ruina 廃都の物語』 感想 考察

『WIZMAZE』の場合、仮想現実設定を活かし、外の世界の見どころをトリミングして配置しているのも巧いです。
そしてやはり、仮想領域"ウィズメイズ"という空間に舞台が限定されているからこそ、逆に世界の広大さを感じられるつくりになっていると思います。

言ってみれば、仮想領域"ウィズメイズ"は、大陸アーケンのリッチなツアーカタログみたいなものかもしれません(特典付録:虚無界ツアーチケット)。

プレイ中は、活気ある帝都クレルモフェランや北方のガンジール、陰惨な現実が広がる腐樹海に行ってみたいなーとうずうずしました。今でもその思いは鮮やかなので、追加シナリオで見て回ることができればいいなと期待しています。

シリアスなファンタジー世界

神や魔法が存在し、アルガンのような亜人もいる『WIZMAZE』のファンタジー世界。しかしプレイヤーに提示されるのはけしてお気楽な世界ではなく、シリアスでややダークな、言ってしまえばリアリティーのある世界です。

プレイし始めてまず興味を引かれたのは、階級制度や差別問題が背景設定に盛り込まれていることでした。

現在アーケン大陸を支配しているのはクレルモフェラン帝国ですが、メインキャラに「帝国人」と呼べるキャラがおらず、仲間枠と重要ポジションが少数者(マイノリティー)で占められているあたりも象徴的です。

序盤の一例を挙げると、導入部の説明役である上級魔道士カレンは、アルマヴィタとナジーシャを指して「獣人」「未開人」と口にします。

カレン自身は良い人&常識人っぽいキャラである(先の発言に関してもうっかり漏らしてしまったという感じで、すぐに反省する)からこそ、初見ではその差別的な発言に驚きました。元・被差別階級に対するクレルモフェラン人(帝国人)の差別意識を示唆する、うまいシーンだと思います。

カレンの言葉からもわかるように、アルマとナジーの2人は、かつての第三階級(奴隷身分)にルーツを持っています。

背景設定として、二十年ほど前の奴隷解放戦争をきっかけに階級制度が廃止されたものの、いまだ差別意識はなくならず、かつて奴隷だった人々の生活も上向かず……という経緯&現状があります。
また、アルマとナジーは現在帝都の魔道士養成所で学んでいますが、マイノリティーとして不自由や不快感を覚える機会が多いようです。

帝国および帝国人という「強者」に対し、メインキャラはそれぞれ複雑な眼差しを注いでいます。

メインストーリーはあくまで仮想領域"ウィズメイズ"の通過です。しかし、その中途のイベントやギフト会話を通し、彼らはかつて起こった戦争や社会の現状に関して思うところを語ってくれます。重たかったり考えさせられる内容が多いですが、立場を踏まえつつの芯の通った思いや意見に触れるたびに、『WIZMAZE』にどんどんと没入していく自分がいました。

どのイベントも興味深いですが、とりわけナジーと腐樹海関連の話は見ごたえがありました。
帝国の分断統治によって内部対立している腐海人とか、安価な労働力確保のために人身売買をあえて取り締まらない帝国とか、なかなか現実味のあるエグい設定だと思います。

国同士、種族同士の対立を主軸にするストーリーは和製RPGでもよく見ますが、階級制度に焦点を当てているゲームって案外見ない気がするので、『WIZMAZE』のストーリーはけっこう新鮮でした。

異種族が共存する世界、仲間キャラの出自や容姿が多種多様、世界設定の作り込みがスゴイ……といった点も含め、どことなく「The Elder Scrolls」シリーズ系統の洋ゲっぽいなーと思いました。

たとえばエドたち腐樹海の鱗人の設定(疫病の大沼に棲む/帝国人が発音できるような偽名を使用する)も、同ゲームの種族の一つである「アルゴニアン」を彷彿とさせるところがあります。

マルチシナリオ形式の骨太なストーリー

『WIZMAZE』は、マルチシナリオ&エンディング形式を採用しています。ストーリーは一本道ではなく、主人公の選択によって未来は大きく変化します。

あるルートでは仲間と協力する王道的な展開が見られる一方、あるルートではNPCを葬って孤独に覇道を突き進むことになります。またあるシナリオでは、主人公自身の秘密に分け入ることが可能です。

ルートによって物語の趣きはガラリと変わるので、プレイヤーは周回ごとに異なる事実を知り、異なる結末を迎えることができます。その振れ幅の大きさについつい魅了され、プレイ中はすべてのルートを見たいと強く思わされました。

これだけ雰囲気の異なるルートを内包しつつも、『WIZMAZE』は全体として非常にまとまりのよいダークファンタジー作品に仕上がっています。

それは先述したような人間界の背景設定の充実ぶりのおかげでもあり、「人間界を巡って対立する外領域勢力&人間界の存亡の鍵を握る主人公」という、『WIZMAZE』の根幹を貫くブレのない設定のおかげでもあると思います。

「真理界(宇宙)-主人公(人間界)」という縦軸があるとして、宇宙レベルでは星霜界・虚無界・喚鳴界という三つ巴の争いの予感が、人間界レベルでは帝国とそれ以外の人々の対立(そしてAルートで覚醒した主人公による波乱)が、それぞれ横軸として用意されているようなイメージです。ボリューミーなプレイ体験ができるのも納得の濃厚さと言えます。

個人的に見事だと思うのは、用語や隙間設定が凝っている一方で、ストーリーの要点はシンプルで理解しやすい点です。

たとえば人間界には数千年規模の歴史があり、民族間の支配関係が様々に入れ替わってきました。
しかしその歴史は、「『強大な支配者階級(民族)に対して奴隷が反乱を起こす』という事象が三度繰り返された」とシンプルに総括することができます。

そしてヒトの歴史に潜む摂理について、あるキャラは「ヒトがヒトを支配することを真理(ウィズメイズ)が決して許さぬからだ」とこれまたシンプルに(かつ的確に)書き表します。
簡素に核心をつく発言にうならされるとともに、一気に作品への理解が進んだような気がしました。

『WIZMAZE』は、単に話を難解にするのではなく、ストーリーをカッチリ編んだ上で合間の内容を充実させたゲームだと思います。その結果、深みと奥行きのある面白い作品に仕上がっているという印象を受けました。

もちろんその合間の内容も濃くて複雑なので、世界観設定を把握するには、ある程度資料を読むことも必要だと思います。しかし、そうやって理解を深めたいと思えるだけの魅力があり、実際に理解を深めることが非常に楽しいゲームだと言えます。

私自身、アーカイブ内の資料を逐一メモったり、イベント&ギフト会話を網羅したりと楽しいプレイ時間を過ごしました。これだけ緻密にバックグラウンドが組まれているフリゲもなかなか無いので、つい熱も入ります(プレイ&クリア自体はけっこう以前に済ませて感想記事を書き始めたのに、実際の更新が大幅に遅れたのはだいたいそのせいです)。つくづく面白いゲームだと思います。

*****

今回の記事その1では、以下の内容について攻略情報も交えつつ紹介しました。

  • 『WIZMAZE』世界の成り立ち
  • 戦闘ユニットとしてのメインキャラ
  • 『WIZMAZE』の魅力

次回の記事その2では、「3つのルート&エンディング感想」「キャラクター感想(イベント内容、ギフト会話等のネタバレあり)」「虚無界の元ネタ考察」「人間界の王考察」を中心に書く予定です。ネタバレがガッツリ含まれます。

『WIZMAZE』(ウィズメイズ) ストーリー&エンディング等の感想と考察 ※ネタバレ注意 その2

また、「マルチシナリオ形式」または「ダークファンタジーな作風」の作品に関して、いくつか感想記事を書いています。

関連記事:
『Ruina 廃都の物語』 感想 考察(分岐が細やかなマルチシナリオ形式の長編ファンタジーRPG)
『美術空間』 感想 攻略 ※ネタバレ注意(圧倒的な芸術空間を舞台にしたダークファンタジーRPG)

*****

以下は、拍手コメントへの返信です。

09/30にコメントをくださった方へ

コメントありがとうございます! お返事が遅くなって申し訳ありません。
こちらこそ当ブログの記事を読んでいただけてとても嬉しいです。いつも励みになります。

> WIZMAZEは私もプレイして非常に~

おっしゃる通り、WIZMAZEはすごく楽しい&緻密で固有名詞の多いゲームですよね。私も最初は、どんどんと登場する見慣れない単語を大づかみで理解するのがやっとでした。
本当に複雑かつ重厚で、理解が進むほどに面白さが増す魅力的なゲームだと思います。

このまとめ方でOKかな? という不安があったので、分かりやすかったと言っていただけて安心しました。とても嬉しいです。
プレイし直すと新しい発見があって楽しいですよね。私も追加コンテンツが発表されたら、おさらいプレイをしようかなーと思っています。

WIZMAZEの感想は二日後(土曜日の午前)にアップする予定なので、よろしければまたご覧ください。コメントありがとうございました!

※追記(2018/10/13)
拍手コメ&ご指摘ありがとうございます! 「記事その1の3」と「記事その2の3」に関して、該当箇所を訂正いたしました。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
あほ  

このゲーム、割と戦闘バランスシビアじゃないですか?

2018/10/04 (Thu) 18:02 | EDIT | REPLY |   
かーめるん  
Re: タイトルなし

> あほさん

シビアですかね~ずっとノーマルモードでプレイしていましたが、個人的には戦闘面で苦労した印象はあまりないですね。
アドバイザーのオードがダンジョンの情報や適正レベルを丁寧に教えてくれるので、戦闘に関してはむしろ親切なゲームだなーと思いました。
敵ごとに攻撃の特徴がわかりやすく、弱点属性もちゃんと用意されているので、武器の属性や味方の耐性に注目すれば良い感じに進められるんじゃないでしょうか。
勝てなくなったらレベルをどんどん上げるとか、魂石を稼いで強力な魔法を覚えるのもいいかもしれませんね。

2018/10/04 (Thu) 20:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply