『大逆転裁判2』が拓いた新境地 感想 考察 レビュー ※ネタバレ注意 その2

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の感想、考察記事(その2)です。ネタバレ情報を含みます。大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM記事その1に引き続き、各話の共通点や最終話キャラ配置の考察、主人公・成歩堂龍ノ介に関する感想、画集のネタバレを含むキャラ雑感、「大逆転裁判」シリーズの拓いた新境地など、総括的な内容が中心となります。また、旧逆転裁判シリーズとの比較も内容に含みます...

『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』 1話~5話 感想 レビュー ※ネタバレ注意 その1

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』(CAPCOM)の感想、考察記事(その1)です。時系列やストーリー内容のネタバレを含みます。大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM『大逆転裁判2』の発売から1年が経ちました。特典DLCの感想記事からずいぶんと遅れましたが、本編の感想記事です。作品自体の感想に加え、・前作『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』の簡単な感想・旧逆転裁判シリーズとの比較など...

『Her Story』 感想 考察 ※ネタバレ注意

0
新感覚サスペンスADV、『Her Story』の感想と考察(時系列など)です。制作者はSam Barlow氏。作品の公式サイトはこちらです。 → 『Her Story』警察のデータベースを用い、過去の殺人事件と一人の女性の真実を探るゲームです。ゲームの仕様から、所要プレイ時間はプレイヤー次第です。少し前にSteamでダウンロードしてプレイしました。"Her Story"、「彼女の物語」。ゲームを終えたとき、そのタイトル名のふさわしさをしみじみと感...

『輸送艦ちぐさ殺人事件』 感想

0
SFサスペンスADV、『輸送艦ちぐさ殺人事件』の感想です。制作者は神馬藻 了様。作品の紹介ページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『輸送艦ちぐさ殺人事件』舞台は近未来の宇宙空間。戦時中に発生した、ある連続殺人事件を描いた作品です。約3時間でクリアしました(後日談含め)。選択肢はありますが、基本的には一本道です。終盤に犯人当てフェイズがあるので、サスペンス&ミステリーといった趣きでした。ややグロテスクな描写を...

『大逆転裁判2』 特典DLC 「遊べる! 大逆転物語」 感想 ※ネタバレ注意

0
『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の特典DLC、「遊べる! 大逆転物語」の感想です。《大日本帝國編》と《大英帝國編》のネタバレを含みます。『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』メモしつつ&全部ゆさぶりつつでプレイしたので曖昧ですが、1時間超で1つのエピソードを遊べます。特典の特徴は、「スキップ機能が最初からオンになっている」「つきつけ失敗によるダメージがない」などです。特に、ミスってもダメージが...

『雨雲』 連続女性失踪事件の真相を追うADV 感想 ※ネタバレ注意

0
ノベル形式のサスペンスADV、『雨雲』についての感想です。制作者はちゃんとする/サム様。作品の公式サイトはこちらです。連続女性失踪事件の真相と、ある女性の謎を追う物語です。クリアまでの所要時間は2時間前後。※R15です。流血シーンや暴力的・犯罪的表現が含まれています。一部グロくてホラーチックな場面があるので、苦手な方は心構えをしてからプレイした方がいいかもしれません。「サスペンスアドベンチャー」という説...

『ある夏の日、山荘にて……』 感想 攻略

0
サウンドノベル形式の推理ゲーム、『ある夏の日、山荘にて……』(Ver2.01)の感想・攻略です。制作者は三谷はるか様。作品の紹介ページはこちらです。 → 『ある夏の日、山荘にて……』ある夏休み、サークル仲間と山荘に遊びに行った主人公が、凄惨な殺人事件に巻き込まれる話です。※流血シーンや残酷な映像が含まれます。一部猟奇的でグロい場面もあるので、苦手な方は心構えをした上でプレイした方がいいかもしれません。フリゲで初...

『月屋形事件』 感想 攻略 考察 ※ネタバレ注意

0
パスティーシュ・ノベル、『月屋形事件』についての感想・攻略・考察です。原作:甲賀三郎、シナリオ:KaTana氏。制作サークルは言ノ葉迷宮様。制作サークル様のHPはこちらです。 → 言ノ葉迷宮様『月屋形事件』は、推理小説家・甲賀三郎原作の『お初桜事件』『贋紙幣事件』の設定を借りたパスティーシュ・ノベルです。パスティーシュ・ノベルは簡単に言うなら、原作の作風を模倣した二次創作小説です。印象としてはパロディに近い...

『deep-sea fishes in gloom』  感想

0
短編アドベンチャーゲーム、『deep-sea fishes in gloom』についての感想です。制作サークルは言ノ葉迷宮様。制作者様のHPはこちらです。 → 言ノ葉迷宮様タイトルを訳すなら、「暗がりの深海魚たち」という感じでしょうか。憧れの上司の付き添いでとある別荘を訪れた主人公が、ちょっとした事件に巻き込まれるお話です。少し前に同サークル様のことを教えてもらい、フリーソフト形式の作品をすべてプレイさせていただきました。一...