フリゲと旅と映画について

『SPIEGEL EI』(シュピーゲルアイ) 感想 考察

0
「境界」のこちら側と向こう側とを行き来する、探索型サイコアドベンチャーゲーム、『SPIEGEL EI』(シュピーゲルアイ)の感想・考察です。制作者はタオ様。制作者様のサイトはこちらです。 → TEPEMOK孤児院に来た少女アイが、現実と心の狭間でさまよいつつ、「もう一人の自分」と対峙する物語です。全エンドの回収には2~4時間ほどかかりました。"spiegel"はドイツ語で「鏡」、"ei"は同じくドイツ語で「卵」を意味します。"spiege...