ユリリエ 「一心同体」プレイ 感想・攻略 『冠を持つ神の手』(かもかて)

かーめるん

『冠を持つ神の手』(かもかて)のキャラクターの1人、ユリリエについての感想・攻略記事です。ネタバレを含みます。

ユリリエについては、『冠を持つ神の手』 ユリリエ 感想 攻略 その4で感想を書きました。


友人と恋人に求める条件がまったく違うユリリエさん。
しかし公式HPの雑文を見ると、好友好愛ともに35以上にすることは可能だと明記されています。

というわけで、「一心同体」攻略に挑戦しました。
色々と書いていたら長くなったので記事を分けました。


感想記事の方でも書きましたが、ユリリエの好愛には特殊な上限が存在します
そしてその条件は、好友度本当の愛フラグの個数によって変動します。

公式HPの雑文に載っている計算式によれば、好愛25以上のときの上限は、

「35-好友-(本当の愛*2)」

とのこと。同項の例によれば、好友5かつ本当の愛イベントを3つ起こしていれば上限は36らしいです。
例や実際の上限変動を見ても、-(本当の愛*2)ではなく+(本当の愛*2)ではないかと思ったり。


とりあえず、好友が上がるほど上限が下がり、本当の愛イベントをこなすほど上限が大きく上がるという認識でOKです。
そして上の式から、「好友を先に上げると好愛を最大にするのは不可能になる」ということが分かります。

つまり好愛好友を共に最大にするには、好愛最大→好友最大という順に上げなければなりません。
※後から好友を上げたとしても、それまでに上げた好愛が削られるわけではありません。

一周の中でクリアを目指しつつ起こせる本当の愛イベントは5~7個程度なので、序盤は好友を抑えるが吉です。



結論から言うと、「一心同体」攻略は成功しました



冠を持つ神の手 ユリリエ 一心同体1



しかし、リロードとパラ調整の連続で途中目の前が真っ暗になりそうでした。疲れた。支援版でないと絶対にクリアできなかった。元々フィーリングでゲームをやるタイプなので、逐一計算しつつプレイするのは大変でした。


以下は、どういう感じでプレイを進めたかについての記録・感想です。当然ながらネタバレが含まれますのでご注意ください。



*****



この記事の内容は以下の通りです。








オープニング


OPは地味に重要です。目標は次の二つ。

ヴァイルの好友を下げる
②登場キャラ5人の印友をマイナスにし、忌避判定の手続きを進めておく



①の「ヴァイルの好友を下げる」については、後半に占いで好友を上げるためです。
ヴァイルは初期好友がとても高いので、オープニングで削っておきます。

②の「登場キャラ5人の印友をマイナスに~」については、後々考えるとサニャタナッセは「無関心」でもよかったかなと思いました。
ただ後で問題が起こったとき、この段階で印友-15しておかないと取り返しが尽きません。

まず王を目指さないと表明し、ヴァイルの好友を下げます(ヴァイルについてはその後の中日イベントも利用して好愛も下げておきたいところです)。

リリアノにも同じことを言って好友を下げたいところですが、ある中日イベントを出すため、リリアノには王を目指すと宣言しておきます。

タナッセは元々好友マイナスなのでノータッチ。

ローニカについては、躍起になって好友を下げる必要はないです。
というのも初期好友が高いキャラの中で、ローニカだけは大きく好友を下げる機会が少ないからです(初期イベントにおいては特に)。占いを利用するにはユリリエの好友度が3位以内であればいいので、ローニカは好友1位キャラとしてそのまま放置します。

サニャについては、ローニカと同じような理由で放置します。彼女は好友2位キャラです。
サニャについては、単純にかまっている時間がありませんでした。グレオニーとサニャのどちらかの好友を下げれば充分であり、グレオニーが優先されるのでサニャはそのままという感じです。





緑の月(一カ月目)


最初の月なので慎重にプレイしました。ここで後々の不利になることをしたり、必要だったことをやり逃すとリカバリーが大変です。労力という意味でもモチベ的な意味でも。

目標は次の3つ。

①御前試合で優勝
②ローニカとグレオニーの忌避
モゼーラに印愛を15振る



まず①の「御前試合で優勝」について。
「一心同体」プレイをするにあたり、ユリリエを青の月(二カ月目)第一週に出すと決めました。猶予期間は多ければ多いほど好ましいので。

ユリリエの登場条件は、魅力10以上、名声30以上、舞踏会出席済です。
問題となるのはやはり、名声30以上という条件でしょう。

名声30以上という条件を満たすと、ユリリエの登場に優先して、リリアノ【心の戦い】が発生します。

つまり、青の月第一週にユリリエを出そうと思うのなら、【心の戦い】は緑の月(一カ月目)中に発生させなければなりません(ちなみにオープニングで王○としたのは、このイベントを暇な緑の月中に出してしまうためです)。

というわけで、緑の月第五週御前試合で優勝してガッツリ名声を稼ぎ、緑の月第六週に【心の戦い】を出します。
優勝を目指し、緑の月は交渉をガンガン上げ、武勇をそれなりに上げました(後半の好友上げのために武勇は抑えておきます)。

武勇50超、交渉100手前で御前試合で優勝できました。リリアノさまも呆れ混じりの驚き顔。
舞踏会の方は、それこそ出席してすぐに帰る程度でOKだと思います。


②の「ローニカとグレオニーの忌避」について。
ローニカグレオニーでそれぞれ2回イベントを起こし、二人とも忌避しました。

ローニカについては、忌避判定を入れるタイミングに注意。ローニカは好愛が高いキャラです。
励みはできる限りすべてユリリエで出したいので、能力値が50を超える直前で忌避しておきます。

グレオニーについては、忌避判定をした後では取り返しがつかないので、2回のイベントで徹底的に好友を下げておきます。他キャラの攻略でも、好友占いをしようと思ってできずグレオニーに泣かされたことは多かったです。
また黒の月(最終月)の御前試合の見物を潰されないためにも忌避するのがいいと思います。


最後に③の「モゼーラに印愛を15振る」ですが、これはその4の愛情ルートの項目で詳しく書きました。

本当の愛イベントが一つでも多く欲しいこの攻略では、モゼーラの協力は必要不可欠です。





青の月(二カ月目)


ようやくユリリエの登場です。

まず、【装いの心】【昔のことなんて】の二つを起こします。
本当の愛フラグはこれで2つ。


大きな目標は、御前試合で決勝に進むです。


休日はユリリエの元へ通い、好愛を30以上にします。かなりギリギリですが不可能ではないです。
そして更に交渉を上げて御前試合の決勝出場を目指しましょう。

これはユリリエの好愛30以上で発生するイベント、【奪われた愛】を発生させるためです。
交渉さえ高ければ、リロードを繰り返して決勝には進めます。

決勝の相手のノースタスはかなり強いので、低武勇ではまず勝てません。ローニカによるストップが事前に入ることもあり得ますが、好愛には影響がないので気にせずに行きましょう。


本当の愛フラグを立てるにあたって大事なのは、翌週以降に起こる中日イベント【本当の愛】(withリリアノ)です。そのものズバリ。

しかし名声が上がったことにより、リリアノ【宝器庫】が優先されました。
遅かれ早かれ「王○」なら発生するイベントであること、【本当の愛】発生までリリアノを忌避できないことを鑑み、やり直さずに進みました。


またユリリエの一心同体攻略において、能力パラの高低はかなり重要です。この月だけのものではありませんが、継続的な目標は以下の3つです。

魅力を100手前まで上げる
②礼節を一桁、武勇を50程度に抑えようと努力する
③武勇・魅力・交渉以外のパラは49以下に留める



①の「魅力を100手前まで上げる」については、後半さくっと好友上げに入れる態勢を整えるための準備です。
だいたい黄の月初旬には90以上になるようにしておきます。ただし、好愛を上げている間は絶対に魅力が100以上にならないように注意。

②の「礼節を一桁、武勇を50程度に~」について。
これは後半好友を上げる際、舞踏会でダンスを失敗し【救いの手】を出すためです。

武勇は緑の月と青の月の御前試合のために一定上げざるを得ません。
魅力も①の理由から上げなければなりません。
そうなると、礼節を抑えるしか手がないです。とはいえ関連パラはどうしても一緒に上昇してしまうので、礼節一桁武勇50というのはあくまで目安です。


③の「武勇・魅力・交渉以外のパラは49以下に~」については、2つの理由があります。

1つ目の理由は、早めに対話イベントを出すためです。
中日イベントは、励み>対話の順で優先されるようです。
前半で好愛を上げるためには、【本当の愛】【本気】といった本当の愛に関わる対話イベントをさっさと出さなければなりません。しかしもし様々なパラが50を超えていると、励みばかりが起こって対話はとことん後回しになってしまいます。
だから、励みイベントの発生は極力後に回しましょう。

2つ目の理由は、好友ボーナスを稼ぐためです。
魅力が100以上あると、イベント終了時に好友が加算されることがあります。励みイベントでもボーナスが発生するのを一応確認しました(間違っていたら申し訳ありません)。
といっても、好友がそれなりに高まらないとこのボーナスは発生しないようです。保険程度の気持ちで、励みイベントを後半に温存しておくのがいいと思います。





赤の月(三カ月目)


折り返し地点にきました。このあたりから計算が難しくなってきます。好愛上げパートをきっちり仕上げるため、また好友パートに向けての下準備のために色々とやることがあります。

この月の本当の愛イベントは、【愛の理由を】【本当の愛】でした。
【本当の愛】が出た時点でリリアノは忌避しておきます(分かりやすくするために)。これで本当の愛フラグは4つ。


目標は以下の3つです。

①市で占いを使用できる状態にする
モゼーラの印愛を30以上に
ヴァイルの忌避(今月以前でもOK)



①の「市で占いを使用できる状態に~」は、手が空いたこの時期にやるべきことです。
また上限に余裕があれば、贈り物×2で好愛を詰めておきましょう。交渉が高いので値切りも余裕です。

②の「モゼーラの印愛30以上」は、【本気】のついでに【恋とはそういうもの】を出す必要があるからです。
注意点として、モゼーラは初期好友がそれなりにあるので、占い対策に彼女の好友を積極的に下げましょう。
【ちょっとした外出】を見ると中日にモゼーライベントが増えるので利用します。


③の「ヴァイルの忌避」については、私はこの時期に入れました。
【長く短く】が出るかなと期待していたのですが、後半にそんな余裕はなく。青の月に発生した【いざ尋常に】の時点で忌避しておくべきだったと思うので、個人的にはヴァイル忌避の遅れは痛いミスでした。

ところでなぜヴァイル忌避を入れるのかと言うと、対話イベント【王配狙い】を発生させないようにするためです。
対話イベントは、【本当の愛】>【王配狙い】>【本気】の順で優先されます。この時期にさしかかると一つの中日イベントの遅れも許されないので、【王配狙い】を見ている暇はありません。





黄の月(四カ月目)


攻略の山場です。個人的にはこの月がクライマックスでした。

好愛最大にしつつ好友上げに切り替えるタイミングの調整、舞踏会で【救いの手】を出すためのリロード地獄……後者についてはもう思い出したくないほどの試練でした。


この月の本当の愛イベントは【本気】【恋とはそういうもの】です。
モゼーラさんありがとう。これで本当の愛フラグは6つ、エンド条件を満たしました。


私が攻略したとき、黄の月第一週時点でユリリエの好愛は40前後でした。
こなした本当の愛イベントは合計6つと見ると余裕がありそうなものですが、好友度が-2とギリギリだったので、上限は危ういまま。

市の贈り物と【告白】で一気に好愛を上げ、最後の【恋はそういうもの】で好愛上げと好友下げを同時に行い、ピッタリ好愛最大にするという感じで終えました。上限が丁度50だったと思います。
本当にハラハラしたので、「運命の人」表示を見たときにはガッツポーズしました。



ここで好愛上げは終了です。終了したのは黄の月第二週休日でした。

次は好友上げですが、正直言って無理だろうと思っていました。黄の月第三週からスタートして最後まで頑張っても、残された時間は一カ月と四週間未満なわけです。

いや絶対無理だろうと思い、もう上げられるだけ上げようと虚ろな目をしつつ好友上げパートに入りました。


大前提として、これ以降は絶対に好愛を下げてはいけません。
好友上げパートに入ると、好愛の上限は下がる一方になり、二度と元の数値に戻すことはできなくなります。

また、「運命の人」の前後で魅力を100以上にすることを忘れないようにしましょう。
短期間で仕上げるには、イベントごとに細かく加算される好友ボーナスは必要不可欠です。


好友上げパートに突入した今月の目標は、【救いの手】を出す。
これに尽きます。舞踏会は黄の月で終わりなので失敗できません。

好友10以上のとき、舞踏会でダンスを失敗すると後発イベントを導く【救いの手】が発生します。
普通の時はともかく、時間が限られた「一心同体」攻略においては必須のイベントです。


が、この段階までくると、ダンスに失敗するのが非常に難しい。

最初、礼節のみ10ちょい、武勇・魅力100以上でやってみたところ、まったく失敗しませんでした。
40回ほどやって諦め、赤の月第六週に戻ってパラ調整。しかしそれでも失敗しないので、30回ほどやってまた諦めました。

最終的には青の月中盤からやり直し、武勇70未満、礼節20未満に抑えて再々チャレンジ。
このときは10回ほどで「失敗」に成功。ガッツポーズをする気力もなく、ただ目を閉じて感慨に浸るのみでした。





黒の月(五カ月目)


ひたすら好友を上げます。

【救いの手】から派生する【個人授業】3回と礼節励み、そして【一緒に訓練】で中日を埋めます。

好友が足りない場合は、【お見舞い】を出します。
好友ボーナス発生を狙ってのものですが、地味に有効です。

また、ここまで温存していた雨の日イベント2回と、【貴族からの評価】を休日にやります。

雨の日イベントはどちらかというと好友が上がりやすいので、好友上げパートに残しておきました。
【貴族からの評価】については、王になれるパラ条件を満たした上で見ないとユリリエの好感度が大きく上がらないので、こちらも最終月に回しました。

市の好友占いは、完遂しなくても大丈夫でした。
【個人授業】との兼ね合いを考えるとどうしても3回目を見るのが不可能になりヒヤッとしましたが、チクチク攻める魅力100ボーナス様々と言ったところです。


そして好友上げの締めとして、最後に【一緒に試合見物】を起こしました。
ここで「一心同体」達成。

びっくりしました、正直。好友-4からのスタートなので、一月と四週で好友を54上げたことになります。





細かいイベントでの好感度計算を考えず、こういうイベントだからこの時期にまとめようくらいのガバガバっぷりでしたが、なんとか行けました。攻略支援版だからこそできたことです。有り難いです。

舞踏会2回(1回目は普通、2回目は大成功)、御前試合2回(1回は優勝、2回目は決勝出場)、試合見物1回で王になる条件を満たしました。

黄の月の舞踏会でユリリエと踊った後に粘ったことが大きいと思います。実はダンスの後、ユリリエさんは歓談にも来てくれました。さすがはユリリエさん! と超絶感謝したことをよく覚えています。




以下は全イベントの詳細です。



冠を持つ神の手 ユリリエ 一心同体攻略2








ユリリエについての雑感



達成感が半端ないですね、ユリリエ一心同体攻略。

好きになった相手がどんどん貴族的な思考を身に付けていき、しかしユリリエが愛した美徳は失わなかった……という感じなのでしょうか。
とはいえ、やはり愛情エンドは共感を司る好友を低くして迎えたいなと思ってしまいました。


好愛35以上のときに友情エンドを選ぼうとすると、ユリリエは主人公をダンスに誘います。
そのダンスの結果、彼女は主人公に別れを告げるわけです。

ユリリエの好愛が35以上ということは、主人公は一年の間に着実に本当の愛フラグを立ててきたはずです。

フラグ成立には主人公の高い印愛が必要になる場合が多いことや、「その答え次第では……」という主人公の心中語から考えると、友情エンドに進もうとしつつもユリリエへの好意はある程度持っている前提なのだろうと思います。ただ、自分から切り出すことには慎重で、相手の出方次第で決めようと考えているだけで。

しかし、ユリリエは自分への理解の度合が高すぎる主人公を拒絶します。
「貴方は私を取り込むことはできるけれど、求めることはできない」という言葉は、二人が同質のものすぎて、ユリリエ個人は主人公にとって必要のない存在だと暗に言っているのではないでしょうか。


主人公を理解できないともユリリエは言います。

しかし各イベントを見ていれば分かるように、彼女にとって「理解できない」とはけして悪い言葉ではありません。
むしろ、「理解できない」=「共感できない」=「自分とは考え方が違う」ことは、彼女が異性に求める大切なポイントと言えます。

生粋の貴族であるがゆえの恋愛観に縛られているユリリエは、意識的にか無意識にか、まったく違う考えをもって自分を納得させてくれる人を求めているからです。

それなのに、結果として主人公はユリリエの最大の理解者となり、彼女と同じ思考をする存在になってしまった。
たとえば愛の告白=結婚という人生の重大事を前に、いくらか計算して動くことを覚えてしまった。

その時点で主人公は、ユリリエが欲する愛を与えてくれる人ではなくなったのだろうと思います。


また愛情Aの後日談では、ユリリエは主人公を積極的にサポートしたことが伝えられています。

しかしこのエンドの主人公は、ユリリエと限りなく近い人物(おそらくはお洒落で口が達者で貴族的な思考の持ち主)です。
その場合、能力的な意味で二人が一緒にいる理由はほとんどないのではないでしょうか。

共にいることを願っても、ユリリエはやがて主人公に取り込まれて彼を「見失」い、自身の存在意義に迷うことになるのでは……とも思います。


以上のことと、違うコミュニティから来た主人公に好意的&好友が上がると好愛の上限が下がるといった点を考慮すると、ユリリエは自分にないものを持っている人かつその欠落を自分がカバーしてあげられる人)を求めているのではないかと思います。



その他、二人の間には言葉で伝えられないことが多過ぎるらしいというユリリエの台詞には色々と考えさせられました。
もちろん単純に考えれば、主人公にユリリエの真剣な愛の気持ちが伝わっていないことを指摘する言葉なのでしょう。ただ、ユリリエと言葉という並びは深読みしたくなります。


【永遠に変わらぬ】を見るに、ユリリエを納得させるには結局のところ言葉が必要不可欠なんですよね。

恋愛ものだと「言葉<気持ち」として扱われがちな気がします。
しかし結局は、何を思っていても相手にわかってもらえなければ意味がないものです。

しかし言葉には偽りが混じりがちだから、偽らざる心の方が好ましく思えてしまう。
何を言わなくとも気持ちが伝わる関係に憧れてしまう。

特に前者については少なからずユリリエもそう思っていて、だから「本当の心」を探していると話してくれたりしたのだと思います。

それでもやはり最終的に言葉が必要なのは、ユリリエが生粋の貴族であり、彼女個人も言葉を操ることに長けていることが理由なのでしょうか。彼女が真に求めていたのが本当の愛というより、その存在を信じさせてくれる(納得させてくれる)人だったことも大きいのかもしれません。


言葉に思うところがありつつも大事にする姿勢は、現実的なユリリエらしくて好きです。


なんだかんだ楽しいプレイでした。ユリリエさんは奥が深い。



*****



以下は拍手コメントへの返信です。少し下げます。 (2017/09/30)



>2017/09/23に拍手コメントをくださった方へ

はじめまして。拍手コメントありがとうございます! 返信が遅くなって申し訳ありません。

記事を呼んでくださってありがとうございます。しかも参考にしていただいたということで、とても嬉しいです。
一心同体クリアおめでとうございます。挑戦時に散々苦労したプレイヤーの一人として本当に尊敬します。「才色兼備」主人公は、ユリリエさんの一心同体クリアの証のようですごくいい感じですね(普通の愛情攻略だとなかなか魅力は100以上にしないと思うので)。
かもかては本当に奥深くて面白いゲームですよね。底が見えないというか。私も多人数並行プレイあたりはまだまだやり込めていないので、今後挑戦したいなーと思っています。

お互い、これからもかもかての色々な楽しみ方を発掘できるといいですね。今回は嬉しい報告を本当にありがとうございました。




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply