『カルィベーリ』 感想 考察 ※ネタバレ注意

かーめるん

探索アドベンチャーゲーム、『カルィベーリ』についての感想・思い出です。

制作者はあうぐ様。制作者様のHPはこちらです。 → 共食いうさぎ



カルィベーリ タイトル画面 スクショ



弟のエフィムのために、食べ物を探して無人のホテル・カルィベーリに忍び込んだターニャの物語。
所要プレイ時間は30分ほどでした。

タイトル名の「カルィベーリ(колыбель)」は、ロシア語で「ゆりかご」を意味します。


以下はネタバレをガッツリと含む感想と考察です。未見の方はくれぐれもご注意ください。









作品の特徴



『カルィベーリ』にホラー的な脅かし要素はほぼありません。抑制的で暗く、静かな雰囲気の作品です。

他作品に比べて世界が広がりぼやけている感じがありますが、それが逆に靄がかったような印象を高め、プレイヤーの不安を煽ります。



カルィベーリ タイトル画面 スクショ2

何故か無人のホテル・カルィベーリを探索する主人公ターニャ




制作者様の作品の特徴は、総じてBGMが用いられないことです。BGMの代わりに、環境音を主体として雰囲気が高められています。

情報量の少なさも特徴の一つです。こういう脅かし要素が少ない作品は特に、資料を探して繋ぎ合わせることで物語を浮かび上がらせていく趣きが強くなっています。

また、マザーグースの引用による真相の暗示も印象的な要素です。


全体として、プレイヤーの導き方が巧妙な作品が多いことも特徴の一つだと思います。

たとえばある道具を入手すると、そういえばあの気になるところにこの道具を使えそうだなとすぐにピンときます。

当たり前のことじゃないかと思われるかもしれません。しかし、ヒントの的確さとタイミングの良さ、その積み重なりは、プレイヤーに快適なプレイ感を与える大切な要素だと私は思います。

主人公に「あれが気になる」「あそこに行かなくちゃ」と言わせることでヒントを提示する探索ADVはたくさんあります。最近は詰まないようにとの配慮から、メニュー画面で小目的を逐一確認できる親切なゲームも多いです。

あうぐ様の作品群は、おしゃべりではないのに親切です。

作品にそぐわない饒舌さを省くために、プレイヤーの思考も加味しつつ、情報を落とすタイミングがきちんと計られています。
点と点がすっと繋がる情報提示の仕方が上手く、ストレスフリーにプレイヤーをコントロールする手法に長けている……と言うべきでしょうか。

そういうところにまで気を配っている探索ADVは、意外と少ないような気がします。

個人の感じ方にもよると思いますが、私は制作者様の作品のサクサクとした進行が好きです。『カルィベーリ』もやはりサクサクとプレイできるゲームでした。






ストーリーについて



今作も鬱々として重く報われない話でした。再度の注意ですが、ネタバレを含みます。


社会的弱者を置き去りにしたゴミ箱のような廃都市があり、そこに暮らす立場の似通った三人の少女がフィーチャーされています。

一人は弟エフィムを養う主人公ターニャ、もう一人はかつて妹ニーナとカルィベーリに隠れ住んで手記を記した少女、最後は拳銃を持った例の少女です。



カルィベーリ ゲーム画面 スクショ1



舞台のモデルは、タイトルや通貨単位からしてロシアでしょうか。
ターニャたちが住む地域はほぼ無人になっていますが、それは政府から市内全域に出された謎の避難命令が原因らしいです。

災害か、人災か、戦争か、政府の陰謀か。色々なことを疑った挙句、手記の少女は一つの結論に行き着きます。

すなわち、私たちのようなゴミをふるい落とすためだったのではないか、と。

手記の少女たちのような貧民浮浪児は避難を許されなかったのです。


テレビの不穏なニュースから推察するに、避難命令には国内規模の大事件が関係しているらしいです。
しかし、結果的に社会的弱者が切り捨てられたことには間違いありません。見捨てられた都市では電力や水道の供給がストップし、食べ物はどんどんとなくなっていきます。

この作品内では、閉鎖的な世界で少女たちが生きるために殺し合った顛末が語られました。しかし、そうやって弟妹のために食べ物を持ち帰った拳銃の少女も、やはり長くは生きていけないだろうことが暗示されています。


ゴミの掃きだめのような廃都市という「ゆりかご(カルィベーリ)」の中で、人々は緩やかに死に向かうしかないのです。

本当の意味で誰も救われない結末であり、とても素敵な鬱加減でした。

他作品より規模が大きく登場人物が多いので、少し毛色が違うようには感じました。それでも制作者様の持ち味はバッチリと光っています。

ラストの衝撃と、プレイ後の沈鬱な気持ちが後を引く作品です。






怖さと悲しみ



あうぐ様の作品は、今のところすべてプレイ済です。

ちなみに一番最初にプレイしたのは盲愛玩具でした。
いまだに強く印象に残っている作品です。

≪関連記事:『盲愛玩具』 感想


それなりにホラー耐性や脅かし耐性はある(と自分で思っている)んですが、『盲愛玩具』をプレイしている間はビビりっぱなしでした。

正直に言うと2回ほどビビって悲鳴を上げました。操作するのが怖い、これ以上は無理無理と思ったゲームは久々でした。

(怖さの方向性的な意味で)ツボにはまったのかもしれません。それ以降、その怖さに病みつきになって全作品をプレイさせていただきました。


制作者様の作品のベースには、必ずと言っていいほどに少女を襲う悲劇が存在します。
純真さ、幸福、脆さといったものの象徴が少女なのかもしれません。

作品群をプレイすると、個人的には、生まれてきたことの悲しさ生きていくことの哀しみといった普遍的なテーマも心に浮かびます。

そういった悲劇を覆そうという勇ましい作風ではないことも、私が制作者様の作品に惹かれる理由の一つなのだろうと思います。


ホラー作品ではないものも含め、制作者様の作品には、どれも染み入るような怖さと悲しさがあると思います。

たとえば最新作の『アイシャの子守唄』も、テーマがしっかりとした怖くて悲しい作品でした。

≪関連記事:『アイシャの子守歌』 感想 考察





『カルィベーリ』の時系列の考察



一応、物語の時系列を自分なりに考えてまとめました。

あくまで一プレイヤーのまとめなので、間違い等あるかもしれません(拳銃の少女あたりは特に)。
完全なるネタバレです。


手記の少女妹ニーナが避難できずに市内に残り、ホテル・カルィベーリに住み始めた。ホテルにはある程度の食料が残されていた。

ある日手記の少女は風邪を引いたニーナのために街に出たが、帰ってくるとニーナは何者かに殺されていた。
残された資料から考えるに、加害者はおそらく拳銃の少女。ニーナは食べ物を出し渋ったために殺されたのだろう。
手記の少女は絶望しニーナの亡骸を埋めたが、しばらくしてその墓の横に自らの墓穴を掘って自殺したらしい。

その後食料が腐りきった頃に、食べ物を求めてターニャがホテルに侵入(『カルィベーリ』の冒頭)。食糧庫から保存食を持ち出そうとするも、拳銃の少女に射殺される。拳銃の少女にもまた養うべき弟妹がいた……というオチ。


自分で何かを探すよりも人が見つけたものを取った方が早いと手記で語られていましたが、あのラストは衝撃的でした。

手記の少女とニーナは死亡済、ターニャもラストで死亡。ターニャを失ったエフィムは一人では生きていけないでしょうし、拳銃の少女とその弟妹も、遅かれ早かれ死に向かうしかないのだと思います。



*****


あうぐ様の他の作品についても感想を書いています。

関連記事:
『アイシャの子守歌』 感想 考察(廃屋の地下に閉じ込められた少女が地上を目指すADV)
『盲愛玩具』 感想(養い親のもとで幸福に暮らしていた少女が真実を知るADV)


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply