『いりす症候群!』/『いりす症候群!滅』 感想

かーめるん

即死系物理パズルゲーム、『いりす症候群!』/『いりす症候群!滅』の感想、思い出です。

制作サークルはカタテマ様。制作サークル様のHPはこちらです。 → カタテマ



いりす症候群! タイトル画面 スクショ



初めてプレイしたのは何年か前ですが、最近再び落として遊びました。

色々な意味でとても楽しかったので、思い出と感想を書きます。


ネタバレはできる限り避けましたが、未プレイの方は一応ご注意ください。



*****



この記事の内容は以下の通りです。








再プレイの経緯



カタテマ様のゲームはいくつかプレイさせていただいています。

『魔王物語物語(まもも)』、『勇者御一行様殺人事件』、『オトツカイ』、『勇者の憂鬱』、『ムラサキ』、『愛と勇気とかしわもち』……脳内が快感にキリキリと回り出す面白い作品ばかりです。

≪関連記事:『ムラサキ』 感想 考察


ただ、この『いりす症候群!』は唯一苦手でした。
というのも数年前の私がこのゲームの仕組みを理解していなかったからです。


数年前の私は、なぜかひたすら落ちてくるブロックをクリックしていました。結果あっという間に腐ってはいりすを泣かせてしまうばかり。
ミスって空中を押すと白い豆腐が出るけどこれなんだろうと首をひねっているバカさ加減でした。

当時の私はフリゲという媒体に触れたばかりで、手を付けていない作品はまだたくさんありました。
そのため「私パズル向いてないんだな」と自己完結し、いりすやあげはを放置したまま一旦ゲームを投げてしまったわけです。


それがどうして最近になって再プレイしたのかというと、こちらは単に難しくて投げていた『愛と勇気とかしわもち』をもう一度プレイし、なんとか愛ちゃんを呼び戻すことに成功したからです。

これができたのなら『いりす症候群!』だってできるかもしれない。そう思い、いそいそとプレイし始めました。


すると不思議なことに、今度はすんなりとゲームの仕組みがわかったのです。

ブロックをクリックするんじゃない、左右クリックで豆腐を射出してブロックに当てて誘導するんだ、と。

理解してみれば、なぜ数年前はわからなかったのやらと思うほかありませんでした。説明にもちゃんと書いてあるのに。たぶん当時の私にとことんこらえ性がなかったせいでしょう。

『いりす症候群!』は直感と思考をバランスよく働かせつつプレイできる、とても面白いゲームである。
とりあえず重要なその事実に気づけて本当に嬉しい気分でした。


そこからはもう黙々と、休みを費やして7時間ほどプレイ。
すると、どうにかこうにか無印も滅も一応真エンドを見ることができました。いりすはメンヘラかわいい女の子でした。

目と肩は最高に疲れたものの、不思議と精神は冬の森のように静かな状態に。

特に無印は、高得点を取ることでいりすがある計画を取り止める理由がよくわかります。

素敵なBGMもあいまって、カチカチしていると心がすーっと落ち着くんですよね。なぜか悲しい思い出がふわっと浮かんでくることもあってクリックしながらつらくなったものの、没頭すればするほどクールダウンできました。

ゲームのデザインとストーリーの絡ませ方の上手さには、ただただ素晴らしいの一言です。


ところで、無印の20000点エンドにはぞわぞわしました。カタテマさんの謎の技術力がすごい。ホラゲかと。思わず自分の後方を確認しました。







クリア後の感想



無印か滅、どちらが難しいかは個人の好みにもよるでしょうが、個人的には無印の方が難しいと思いました。

というのも、無印で40000点を達成した集中力とテンションで挑んだところ、滅では一発で60000点を超えました。びっくりしました。
その後もう一度50000点を出して真エンドを見ようとしたときは苦戦しまくったのですが、その一発目の印象から滅の方が比較的簡単なんだろうと思っています。

滅は下からカラーボール(?)が上昇すること、落下してから腐るまでのスパンが長いこともあり、問答無用でさっさと腐る無印よりもやりやすいのは確かです。


ストーリーについては詳しいことは書きませんが、断片を小出しにし、情報がすべて揃うとパズルゲームの本当の意味が浮かび上がる構成が好きです。『ムラサキ』でも似たような手法が使われていましたが、カタテマさんの物語を語る方法は独特でいつも惹き込まれます。

また、演出がとても良い。これは実際にプレイしないと分からないと思います。




*****



いりすもあげはも文字通りの意味を含め救われてほっとしました。

数年越しにプレイしたからこそより感慨深いゲームでした。そして純粋に楽しい。
今後もちょくちょく息抜きがてら遊ばせてもらおうと思います。



同じくカタテマ様制作の、『ムラサキ』(パズルアクションゲーム)の感想記事も書きました。

関連記事:『ムラサキ』 感想 考察(爆発パズル物理アクションゲーム)



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply