『冠を持つ神の手』 ティントア 感想 攻略 その10

かーめるん

異世界ファンタジー育成系ADV、『冠を持つ神の手』(かもかて)の感想や考察、攻略です。

制作サークルは小麦畑様。

その10では、攻略キャラクターの一人、ティントアについての感想を書きます。





◆ティントア・シーア=ファダー


18歳の男性。王城の神殿に仕える神官。
代々神殿議員を輩出したファダー家の跡取りであり、その優秀さゆえに将来を嘱望されている。
寡黙でおっとりとした性格であり、どこか浮世離れした敬虔な人物。
神殿の人間としては異端とも言える独特の宗教観を有しているが、それを知る者は少ない。
女性と見紛うばかりの見目麗しい容貌を持つ。
熱心な取り巻きは数多いものの、当人はまったく相手にしていない。


冠を持つ神の手 ティントア スクショ


登場条件:信仰10以上





全イベントとエンドを見た上での感想なので、ネタバレしかありません。未見の方はご注意ください。考察みたいなものも書いていますが、あくまで個人的な考えです。主観まみれです。



*****



この記事の内容は以下の通りです。






※ゲーム内の三人称について

主人公たち三足族は性別を持たずに生まれる。そのため、「姉」「妹」「(子供としての)娘」といった呼び方は存在せず、女性であっても一律「兄」「弟」「息子」と呼ばれる。







ティントアについて


ティントアは、王城の神殿に仕える神官です。担当パラは信仰

出会いの場所は神殿で、主人公はすぐに立ち去ってしまったティントアの足飾りを拾います。
ティントアの初期好感度はゼロ。つまり主人公にはまったくの無関心です。


ティントアは神官、いわゆる聖職者です。

リタントを含むグラドネーラ全土で一般的に信仰されている神は、アネキウスと呼ばれています。
ティントアはアネキウスを信奉する宗教組織である「神殿」*1に所属しています。

ちなみに教義上過度の禁欲ではなく節制を貴ぶため、神官は妻帯しても問題ないそうです。


*1「神殿」の原義は「アネキウスのために捧げられた祈りの場」であり、本来は場所を指します。
ただ、作中で上記の宗教組織を指して「神殿」という単語が何度も用いられていること、宗教組織の具体的な名称がないことから、アネキウスを信奉する公的な宗教組織やそれに属する人々の集団を指して「神殿」と書きます。


これまで8人のキャラクターについて感想を書きました。

彼らのほとんどは「貴族・王政派」「平民(かつ反貴族派)」という2つのカテゴリに大別できます(ローニカは微妙なところです。あえて言うならリリアノ派でしょうか)。

しかしティントアはそのどちらにも属さない、「神殿」という独立した第三勢力に属するキャラクターです。

平民として辺境の村で生まれ育ち、現在は王の庇護のもと王城で暮らす主人公にとっては、神殿はいまいち掴みがたく距離のあるものに思えるかもしれません。


まず、神殿という組織について簡単にまとめてみます。

神殿は先述した通り、アネキウスを信奉する宗教組織です。
その規模は大きく、神殿の教えはリタントの隅々にまで及んでいます。

たとえば、大陸グラドネーラ(リタントのみならず、壁で隔てられた他種族の国も含めて)で広く採用されているアネキウス暦は、現在7403年を数えています。
ちなみにリタント暦においては、今年で119年です。比べるまでもなくその差は歴然としています。

以上のように宗教的権威としての神殿が有する歴史は非常に古く、人心に与える影響力も相応に強いようです。

また、三足族によるリタント建国に際しても、神殿は重要な役割を果たしました(後述)。
王権がそれなりに強いリタントにおいて、王権に侵されない独自の権力(たとえば神官の人事権など)を神殿が有しているのは、建国時に多大な功績を残したためだと言われています。


リタント国内のすべての都市や村には神殿が置かれています。

国内の神殿を統括しているのは、南端の都市・ディットンに座する「古神殿」です。
そして同じく古神殿にいる「大神官長」が、国中の全神官を指導・統括します。

大神官長は、神殿議会を構成する十一人の「神殿議員」の中から選ばれます。
古神殿の意向や指針は、基本的に神殿議員によって合議制で決定されるのです。

神殿議員はリタント王制における貴族のようなものであり、基本的には世襲制です。

しかし貴族のそれとは違い、神官としての力量の低い者は他議員の決議によって解任され、任命権を剥奪されることがあります。近縁であればあるほど、後任人事へのチェックは厳しくなりがちとのこと。

そのため、優秀な後継者の確保は神殿議員の家系にとっては死活問題と言えるようです。



以上ざっと神殿について説明しましたが、実はもっとも重要なのは次の事実です。

建国以降、神殿とリタント王制の間には、常に微妙な緊張状態が存在した。

これは、歴史・政治・宗教など様々な要素を原因としています。しかしあくまで神殿の抱えるジレンマに注目するのなら、根本にあるのは宗教的な問題と言えるのではないでしょうか。


『冠を持つ神の手』のOP冒頭では、次の聖句を見ることができます。

今こそ見よ
彼の頭上に輝くは神の徴
世の支配を任じられた証なり

作中における「神の徴」とは、もちろん「選定印」を指します。

この聖句は「王は神の代理人であり、神に代わって世を支配する」という、リタント王制成立の根拠と合致するものです。

王位継承者の唯一の証は「神が授けし」選定印であり、王は神の威光を背景に政治を行います。

この事実は神殿にとって、どんなに手を尽くそうとも「神に選ばれた」寵愛者を内に取り込むことができないということを意味します。

なぜなら選定印を授かった者は、必ず王位を継がなければならないからです。
だからこそ、神の恩寵を求めその第一であることを求める神殿はこれまでずっと報われることがありませんでした。


しかしあるとき突然、ヴァイルに次ぐ2人目の寵愛者が現れます。他ならない主人公です。

1つの玉座に対し、2人の寵愛者。
ともに神の徴を持ちながら、どちらかは玉座の束縛から解放されることになります。

このあり得ないはずの出来事を前に、神殿勢力が何を企図したかは想像に難くないでしょう。

王城の神殿に所属するティントアも、当然ながら【神殿の思惑】を理解した上で主人公と親交を深めていくことになるのです。



ここでようやく、ティントア本人に目を向けます。

ティントアは代々神殿議員を輩出してきたファダー家の跡取りです。
いずれは大神官長にも登りつめるだろうと噂されるほどに優秀な神官でもあります。

しかしティントアは、見た目や評判通りの模範的な神官ではありません。

寡黙な性質のために表立ってはいないものの、彼の宗教観は神殿の教義からは外れた異端とも言えるものです。
その思想ゆえに、ティントアは主人公を引き込もうとする神殿の意向を否定し、神殿が信じる神は神ではないと発言することさえあります。

神というものへの彼の考えが明確に示される【査問会】は、ティントア攻略におけるハイライトの一つと言えるでしょう。


また、ティントアはその生い立ちにおいても、神殿にはそぐわない秘密を有しています。

実はティントアはフィアカントの孤児院出身であり、幼い頃は双子の弟とともに暮らしていました。
弟の名はルージョンと言います。

しかしある事件をきっかけに、ティントアはルージョンと生き別れてしまいます。
そしてようやく弟と成人後に会い見えた時には、ルージョンは魔術師になっていたのです。

魔術師は簡単に説明するなら、魔物に通じアネキウスと敵対する人々のことを指します。

過去には大規模な迫害が行われ、すでに絶滅したと一般には考えられています。魔術師はグラドネーラにおいては蛇蝎の如く嫌われており、特にアネキウスを奉ずる神殿にとっては、見つけ次第処刑すべき対象です。

しかしティントアはルージョンを告発するどころか、現状彼女を庇い、彼女に協力し続けています。

魔術師との繋がりが明るみに出れば身の破滅と知りつつも、ルージョンを見捨てるという選択肢は端からティントアにはないのです。

幼い頃のティントアにとって、ルージョンは世界のすべてでした。

ゆえに、「もうひとり」とまた一緒に暮らしたいという彼のささやかな願いは、様々にエンディングの行く末を左右することになります。



かもかての攻略キャラはみんな好きですが、強いて一番好きなキャラを、と言われたら私はティントアを挙げます。

攻略中、「このキャラいいな、面白いな」と何度も思ったキャラでした。
ただただ眺めていたい気持ちになるというか、単純に好きです。
ちなみにリリアノさまは崇めたい系の「好き」、グレオニーは愛着まじりの「好き」です。

純粋にティントアの思想や話す内容が興味深いと思えること、色々な意味でギャップの多いキャラであることなど、好きな理由は色々とあります。

ギャップについては、双子の弟の存在や実は孤児院出身であることももちろんですが、その他にも、

「信心深いキャラなんだろうな」→「エキセントリックな思想持ちだった」
「淡白なキャラなのかな」→「ヤンデレっぽくなった」
「単にヤンデレ気質なのかな」→「実は怖い愛し方にも理由があった」

といった具合に驚かされることばかりでした。

特に一番下はキャラクターの核心に関わる話でもあり、ティントア自身も意識していなかったその理由を聞かされたときには、目からうろこが落ちました。


ティントアは特に取り繕うこともなく自然に振る舞っているキャラだと思います。言動や性格は基本的に一貫していて、すべてのイベントを見終えると、振れ幅が大きいという印象は不思議とないキャラです。

しかし序盤は口数が少ないので、どんどんと喋ってくれるようになるにつれて意外な一面が際立って見えてくるのだろうと思います。「そんなことを考えていたのか」と。

その都度印象を修正していく楽しさが癖になるキャラクターでした。




以下、各ルートの攻略メモと雑感です。ネタバレを含むので、未見の方はご注意ください。





攻略にあたっての注意点


ティントア攻略は、初見では難しい部類に入るかと思われます。

というのもルート中に複数のトラップ(イベント)が仕込まれていて、発動させたが最後、その周回でティントアは出現しなくなるからです。

ざっと注意すべきポイントを挙げると、

①愛憎軸に依存した忌避判定の存在
②ルージョン登場時の対応
③【神殿の思惑】での印象度条件
④【査問会】での対応

などでしょうか。特に愛情攻略においては、①③④のトラップは確実にかわすか乗り越えるかする必要があります(②について、ルージョン登場は必須ではない)。

そこで、トラップの詳細については愛情攻略の項目で書こうと思います。


また能力値や印象好感値によって話の展開が左右される場面が比較的多いのも、ティントア(&ルージョン)ルートの大きな特徴の一つです。

重要なイベントを起こす前には、きっちりと印象好感や能力値を高めておく必要があります。

そしてこれは備考程度ですが、特に愛情攻略では、ローニカに忌避判定を入れておく方がいいかもしれません。
【見かけた面会】(in広間)の遅れの回避、励みイベのローニカでの発生の回避などが目的です。






愛情


主人公が神殿入りする愛情Aと、城に残留する愛情Bの2通りです。

愛情Aを狙う場合、【神官たる資格】→【神殿への訪れ】でアモナの誘いを受け、神殿入りを承諾するのが定石でしょうか。

神殿入りを事前に約束しないときは、各能力値の中で信仰が最大になるように調整しましょう。
信仰値が最大でないとエンド未到達となります。

愛情Bの場合、特に神殿と約束をせずに【最後の日】を迎え、ティントアに「城に残ってほしい」と頼みましょう。


神殿入りを承諾していない場合、エンド分岐は、最終結果よりも最後の日の受け答えに左右されるようです。

たとえば信仰100以上最大で【最後の日】に「城に残ってほしい」を選び、最終結果:大神官長だった場合、愛情Bになりました。


最初に攻略スタンスについて書きます。

とはいえはっきりと好愛が上がるイベントが少なめなので、どう接するべきかと言われると悩むところです。

強いて言うなら、神様を素直に信じる子が好まれるのでしょうか。
イベントを進めると分かりますが、ティントアは素直に神様を慕って願いを捧げられる人に愛着と羨みを覚えています。自分がそういう風にできない人間だということを知っているからです。

また、双子の弟であるルージョンを思い起こさせる受け答えをすると好愛が上がることが多いです。


ただし基本的に、ルージョン本人には関わらぬが吉です。

ルージョンの登場自体は、イベントでの選択肢の幅が広がるのでむしろプラスに働きます。
もし好愛が足りない場合はルージョンとの和解を後押しし、ポイントを稼ぐのも攻略法としてはアリです。

特に簡単に攻略しようと思うなら、【ティントア?】を早く終わらせ、【神の家】を見ることを勧めます。

【神の家】は後発イベントの発生条件であり、中庭系イベントの端緒でもあります。
単純にイベント数を稼げる=好愛の引きずられ修正を狙えるということ、後発イベントの中にティントアの好愛が上がるものが比較的多いことから、見て損はありません。

ただしティントア愛情ルートの場合、仕様からルージョンに敵視されがちなので、彼女に必要以上に接触しようとするとろくなことになりません。

ルージョンが未登場でも愛情エンディングには到達可能ということは念頭に置いておきましょう。

もちろん、積極的にルージョンと争った上でティントアを手に入れたいのなら話は別です。
そういう展開に応じたイベント(【二者択一】)も存在するあたり、さすがかもかてと言わざるを得ません。


攻略の方針としては、各種トラップを避けつつ、最後の関門である【査問会】クリアを目指しましょう。

【査問会】を正しく通過すれば、実質的に愛情ルートが確定します(もちろん【最後の日】までに、好愛35以上という条件を満たす必要あり)。

査問会を導く【彼の訴え】の発生には高い好友が必要なので、好愛だけでなく好友も上げていく必要があります。
最終的には「一心同体」に近い形になるのではないでしょうか。

とはいえティントアの好友は比較的上がりやすいので、必要以上に気にすることはないと思われます。


以下、注意が必要なポイントに注目しつつ書いていきます。

まず第一に、ティントアは特殊な忌避判定が発生するキャラクターです。

通常の忌避判定と言えば友嫌軸に依存し、プレイヤーが攻略上意図的に起こすことがほとんどだと思います。
しかしティントアの忌避判定は、愛憎軸に依存し、プレイヤーの意図しない形で起こるタイプのものです。

言ってみれば愛情ルートを攻略しようとする初見プレイヤーに対する引っかけのような形で、特殊な忌避判定が用意されているわけです。

この忌避判定の内容は、


「(ティントアの好愛)-(主人公の印愛)」「絶対値」が一定値を超えると、以降のイベントが進行しなくなる


というものです。

ティントアのイベントは変わらず表示されるものの、その内容は「主人公に気づくや否や逃げ出すティントア」というものに差し替えられます。

もしこの「逃亡イベント」が3回連続すると、【執拗な追跡】が発生し、(こっちにそんな気がないのに追いかけられても)困るとティントアから伝えられます。
そしてそれ以後、ティントアは一切登場しなくなってしまうのです。

具体的な話をすると、たとえばティントアの初期好感度はゼロです。
それなのにティントア登場時に印愛15を振った場合、「0-15=-15」より、絶対値は15となり、次回から「逃亡イベント」が発生し始めます。

つまるところ、主人公が一方的に熱を上げてもティントアは困惑するだけだということです。日常的に熱狂的なファンに追いかけられているキャラなので、主人公も同じ類の人間とみなされ、一律避けられてしまうのでしょう。


したがってティントア愛情ルートでは、イベントごとにコツコツと印愛を振っていく必要があります。

ティントアは印象による好感の引きずられ修正が起きるキャラなので、印愛を好愛より上回らせておけば、イベントごとにちょっとずつ好愛が加算されていきます。
これに選択肢による好愛増加を加味しつつ、忌避判定が起きない程度に印愛を増やしていくわけです。

しかし、どうやって忌避判定発生のラインを見分けるのかという問題が存在します。

実は印象度操作時の画面の背景色は、

「(攻略キャラの好感度)-(主人公の印象度)」「絶対値」の大きさ

を示しています。

絶対値が小さい、つまり攻略キャラと主人公の心象が似通っていれば、背景はオレンジ色になります。
絶対値が大きくなる、つまり攻略キャラと主人公の心象が離れると、背景はオレンジ色から緑色に変化します。

そしてさらに絶対値が大きくなる、つまり攻略キャラと主人公の心象が大きく乖離すると、背景は紫色になってしまいます。

ティントア愛情攻略においては、背景=オレンジ色をキープしましょう。緑色はアウトです。

イベントを通じてそこそこ好友好愛が上がったと思っても、背景色が緑色になればティントアは容赦なく忌避判定を発動させてきます。序盤は油断せずにいきましょう。

この忌避判定ですが、少なくとも【神殿の思惑】が終わるまでは、いつでも発生する可能性があります。


忌避判定の終了時期は、ティントアの好愛の高さに左右されるのか、それとも特定イベントの発生に左右されるのか。愛情攻略の場合、【神殿の思惑】で好愛が3ポイント上がるので、【神殿の思惑】クリア=忌避判定終了ととらえていいのか判別できない。上限を超えてポイントを振ってみて該当イベント後に逃亡イベントが起こるか確認するということができないため。

神殿がいよいよ主人公を引き込もうと動き始め、ティントアが迷い始める時期あたりに線引きが存在する?



2つ目ルージョン登場時の対応について。これについては簡単で、ルージョンのことを通報しないようにしましょう。ティントアの歓心を得たいならば当然のチョイスです。

ちなみに通報した場合、好愛好友がガクッと下がり逃亡イベントが発生し始めます。

印象度の調節によってなんとか解消できないものかと思ったものの、どうしても無理でした。
友嫌軸の忌避判定も関係している、あるいは通報した時点で完全にフラグが折れてしまうのかもしれません。


3つ目【神殿の思惑】について。
これは、愛情攻略と友情攻略の両方に共通する中盤の重要イベントです。

【神殿の思惑】でチェックされるのは、主人公の印象度の高さです

愛情攻略の場合、このイベント発生時点に既定の印愛度を満たす必要があります*2。
もし印愛不足の場合、ティントアはこのイベントを期に一切登場しなくなります。


*2イベントクリア自体は印友を高めておくことでも可能です。

ただし印愛が高いか印友が高いかによって、ティントアの好感度の上がり方が変化します。
印愛を高くしてイベントに臨むと、ティントアとの関係の継続を望む理由が「好きだから」ということになり、ティントアの好愛がかなり上がります。

ちなみに印愛印友ともに条件を満たす場合、好感度上昇の判定には印愛が優先して採用されるようです。


上にも書きましたが、ティントアは神殿から、主人公を説得して神殿入りさせるようにと再三要請を受けています。

しかし印しか見ない神殿のやり方に不安を覚えているティントアは、主人公の勧誘に乗り気ではありません。そしてこのイベントで、主人公を煩わせまいと付き合いをやめようとするのです。

主人公の自主性や、神との精神的な語らいを重視するティントアらしい判断だと思います。

このイベントでティントアを引き留めるには、主人公にとって彼が大事な人だということを訴えるほかありません。
アピールがうまく成功すれば、本心では今後もずっと主人公と仲良くしたいティントアは、思い直して付き合いを続けてくれます。


そして最後の関門となるのが【査問会】です。

主人公の神殿入りに反対する中で、ティントアは自らの異端思想を咎められ、【査問会】に被告として出頭することになります。
【査問会】の成り行き次第では、その後ティントアが登場しなくなることもあり得ます。

まずこのイベント発生以前には、ティントアの好愛にはキャップがかかっています(おそらく上限は30)。
このイベントを正しく通過しない限り、キャップは解放されません。

そしてもう一つ、このイベント終了時点「ティントアの好愛30以上」という条件を満たさないと、ティントア愛情攻略は失敗します(【秘められぬ想い】が起こらず、ティントアが登場しなくなります)。

したがってイベント発生前に、ティントアの好愛を30かそのギリギリ手前まで上げておくようにしましょう。


【査問会】に紛れ込むにはまず、ニーナッテを懐柔しなければなりません。
信仰以外の能力値(交渉など)も満遍なく上げておく必要があるので注意しましょう。

次に【査問会】での受け答えについてですが、主人公が異議を唱えられる(発言できる)機会は3回中1回だけです。議論中の正しいポイントで発言する必要があります。
ティントアの応答や場の空気をよく読み、適切なタイミングで声を上げましょう。

友情ルートの場合は反論も含め幅広い対応を取ることが可能です。
しかし愛情ルートの場合、正答は「ティントアに同意する」の一択です。


「選定印は王の徴であって、神の徴ではない」というティントアの主張は、王城の神殿にあっては紛れもない問題発言です。

もしも主人公がこれに同意した場合、神殿は主人公に異端思想を吹きこんだティントアを厳しく諫め、その後ティントアは主人公に一切接触してこなくなります。

その事態を避けるべく、【査問会】発生までにティントアの好愛を十分に高め、【査問会】終了時に好愛30以上になるようにします。
平たく言えばティントアに、本当は会っちゃダメだと言われたけど、古神殿に呼び戻される前にどうしても会いたい……というメンタリティーになってもらえればOKです。

好愛30以上で黒の月中日に【秘められぬ想い】が発生し、愛情ルートはほぼ確定となります。

【秘められぬ想い】でティントアの想いを受け入れ、以後市のない週に中庭で逢瀬を重ねていけば、「一心同体」も比較的たやすいはずです。

ルージョンを登場させない場合はイベント数が少なくなるので、励みイベントを積極的に活用しましょう。
また、【お見舞い】を何度か繰り返すのもオススメです。


好愛稼ぎのおすすめポイントは、好愛を高めた上で【人の愛神の愛】を見ることと、足飾りをルージョンに返した上で【雨の日の探し物】を見ることです。

前者では、「人の愛について聞く」を選びましょう。
このイベントは、ティントアの思想を理解するうえで大事なイベントだと思います。

後者はまず、【神官の祈り】で足飾りをティントアに返さず、【ティントア?】でルージョンに渡します。
次に、【雨の日の憂鬱】を見ます。

そして雨の日に中庭へ行き、【雨の日の探し物】でフードを被ってさまよっているティントアを呼び止めます(人影選択肢については1人の方を選びます)。

好感度が高ければ何かを探していると教えてくれるので、足飾りをルージョンに返したことを教えましょう。最後の選択肢次第で好愛が大幅に上がる非常に有り難いイベントです。



愛情ルートですが、初見ではティントアの依存的でスキンシップを伴う愛情表現に驚いたことを覚えています。
一見淡泊に見えるので尚更でした。【独り占め】での不穏な発言も含め、確かに「露骨」な執着かもしれません。

もっとも、確認のために繰り返しプレイしていると、自制心の強さ主人公の自主性の尊重といったものも印象に残りました。

裏切Cのインパクトに流されがちですが、ティントアは本来、くどいほどに主人公の意思を確認してくるキャラです。

心から神官になりたいと思っているのか。いったん承諾したらしいが心変わりはしていないか。自分は主人公に会いたいが主人公はどうか。主人公にとって自分はただ一人の愛する人なのか。

少しでも齟齬があるなら素直に身を引くし、【最後の日】に主人公から積極的に求めなければ、自分の中で折り合いをつけて諦めてくれます。

そういったところからは、主人公への確かな思いやりを導くことができるのではないでしょうか。

ただし、その執拗なまでの意思確認から、ティントアが恋愛対象に求めるある条件を見出すこともできます。

ティントアが求めるのは、自分と同じやり方で自分のことを愛してくれる人だということです。
相手の気持ちと自分の気持ちが、限りなく同質であることを求めているとでも言えばいいでしょうか。

要するに、新たな「もうひとり」を求めているのではないかと感じました。
もちろんルージョンに対するのとは違う愛情とはいえ、ティントアにとっての「もうひとり」という一人きりの枠に、主人公が挿げ替えられた形に見えなくもなかったです。

安定したとはいえ、愛情ルートにおけるティントアの視野及び許容範囲はひどく狭いままなのでしょう(当人同士が納得しているならそれは一つの人の愛し方であって、けして悪くはないと思いますが)。


また、僕は人だから人の愛を求めてしまうという言葉は重かったです。
神の愛に充足しているように見えるティントアから出てくる言葉だと思うと、余計に胸に迫るものがありました。

友情Aから明らかになることですが、他者の愛を求めたルージョンに対し、ティントアは最初から他者の愛を諦め、自分と同質であるはずの弟の愛だけを求めていました。

それは、同じものでなければ自分を愛してはくれないという認識に基づくものです。

主人公は査問会で異端発言をしたティントアをかばい、あまつさえ同調しました。

その時点で主人公は、ティントアにとって非常に近しい存在になったのだと思います。
そこに友情もプラスされ、【秘められぬ想い】に発展した……と考えられるのではないでしょうか。

やはりかもかては、キャラの感情の動きに一定の理屈が見えるから見事だなと思います。


ところで、ルージョンとの中庭系イベントにはヒヤヒヤしっぱなしでした。

ルージョンのつんけんとした態度は、寵愛者である主人公のせいでティントアが面倒に巻き込まれるからなのか、それとも片割れに近づく人間に本能的にむっとしてしまうからなのか。

ルージョンが死を覚悟している(ティントアを独り残していかねばならない)ことを考えると、あの厳しい態度も納得ではあります。ティントアルートでwithルージョンイベを見ると、和解させてあげたいと思ってうずうずします。


愛情Aは、初見で妙にテンションが上がったのを覚えています。

というのも、「冠を持つ神の手」というゲームタイトルがこのエンディング内で回収されたからです。

神官ルートらしいにくい演出だと思います。
ティントア流の解釈も見事であり、幸福感溢れる幕引きでした。


愛情Bではティントアはファダーの名を捨て、のちに独力で神殿議員になったようです。
養父メノヒアとの複雑な関係が語られるのもこのエンドです。

もうひとりやおじいさん(メノヒアの父)に続いてメノヒアまでいなくなるのが怖かったのかも、とティントアは告白してくれます。
友情エンドを見るに、親しい人がいなくなることと同じくらい、その人の不在に慣れていくことも怖かったのではないかと思いました。

神官たる資格メノヒアとの関係について悩んでいたティントアが、いい具合に吹っ切れた結末だと思います。


やりごたえのあるルートでした。
(裏切Cを思うと)やや不穏とはいえ、エンディングも安心感があります。

根回しのはやさ、自立心の強さといったティントアの少し意外な一面を見られるのもいいですね。






憎悪


2通りです。城外訪問かつティントアを返り討ちにして見逃すと憎悪Aになります。

一方、最初からティントアを訪問してただ話を聞くと憎悪Bです。

憎悪Aに至るには、武勇が50以上必要です。


ティントアの愛憎軸の忌避は、印愛がマイナスに振れ過ぎても発動します。

というわけで最初の準備として、忌避されない程度に印愛をマイナスに振っておきましょう(愛情攻略参照)。
引きずられ修正によって、顔を合わせるごとに好愛が少しずつ減少していきます。

イベント数の問題で好憎より印憎の方がカツカツになりがちなので、印愛はイベントごとにきっちりとマイナスに振るように心がけましょう。

オーソドックスに憎悪エンドを目指すとなると、イベントの順序は、

テ【もうひとりの邪魔】→ル【全てを分かつ選択】(自室預かり)→ル【帰る場所】→テ【途切れた訪問】

……という感じになるのでしょうか。


ティントアは自分のことに関しては無頓着なキャラです。

自身に向けられる敵意や攻撃には戸惑うばかりで、相手を避けることはあっても反撃してくることはほぼありません(自身への好意についても同じことが言えるようです)。好感の引きずられ修正を利用するにも限度があります。

しかし、どんな人物にもウィークポイントはあるもの。
ティントアにとってのウィークポイントはもちろん、彼にとって唯一特別な存在であるルージョンです。

具体的に言うと、ルージョンと2人っきりで仲良くし、ティントアをどこまでも仲間はずれにすればOKです。

最近ルージョンと仲良いよね、と言われれば白々しくごまかしたり(【もうひとりの邪魔】)、ルージョンの命の危機を知らせず後になって洗いざらい報告したり(【途切れた訪問】)といった言動が非常に効果的です。

数値的には、ルージョンの好愛を一定以上高めると、ティントアと顔を合わせるごとに彼の好愛がマイナスされるようになります。


※ちなみにこの修正条件は、ルージョンの憎悪攻略についても当てはまります。
どういうことかと言うと、ティントア好愛高のとき、ルージョンの好愛にマイナス修正がかかるようになります。双子ならではのシンメトリーな設定ですね。


ティントアは「もうひとり」であるルージョンをずっと求めていました。

だからこそ「もうひとり」を奪おうとする主人公に対して、激しい憎悪と敵意を向けてくることでしょう。



どちらのエンディングでも、ルージョンが行方不明になったことが語られます。

登場しなくなったら最早この世の人ではないというのはルージョンに関しての常識です。つくづく薄幸。

主人公さえいなければもうひとりを取り戻せたという悲しい理由で殺しに来る憎悪Aには、なんとも言えない気持ちになりました。実際はそんなはずもないですが、ティントアにとってはそうとしか思えないだろうな、と。

失踪したティントアと主人公が再び会い見えたときは、また同じことを繰り返すのでしょうか。

ところで、このエンドでティントアに対抗するには武勇50が必要です。
能力値は50で一人前、100ですごいレベルとのこと。そう考えると、武芸に縁がありそうには見えないのにティントアはやけに強い気がします。

とはいえティントアは武芸の覚え自体は非常に早く、ネックになるのは異常なトロさのようです(【一緒に試合観戦】より。【聖書勉強会】を見るに普段は足も遅い)。

諸々のエンドを見るに、追い詰められると思考と身体双方の素早さのリミッターが外れるらしいですね。


憎悪Bはかなり好きなエンディングでした。
モゼーラ憎悪の燃えと、サニャ憎悪Cの切なさを併せもつ結末だと思います。

憎悪Bに燃え上がった結果、データを遡って「飼い殺し」から「国王」に登りつめてしまいました。好感が「近しい者への憎悪」になってさらにテンションが上がりました。
大神官長と対峙するわけなので、やはり主人公も国王にならないと示しがつきません。


ティントアの本気、というか捨て鉢の悲しい執念が一番伝わってくるのが憎悪Bだと思います。

もうひとりがもうひとりでなくなったからの、「もう、僕には、神しかいない」という吐露が悲しかったです。

もうひとりだったルージョンも、もうひとりになってくれたかもしれない主人公も失って、心の奥底で人の愛を望んでいたティントアは、もはや一切の期待を捨ててしまったのでしょう。ティントアを愛する人が今後現れるかどうかに関係なく、ティントアはもう誰も愛することはできないんだろうな、と。

神の愛は静かで等しく万人の支えになるけれども、人はそれだけでは幸せになれないのかもしれないと感じた結末でした。

このエンディングのポイントは、主人公もティントアもルージョンという愛する人を失った点だと思います。

どちらもこの先幸せにはなれないし、同じ思いを共有しているのは相手だけというどうしようもない感じが好きでした。
神しかいないとは言いつつも、ティントアは後日談を見るに、主人公への憎しみだけは終生忘れなかったようです。

ある意味このエンディングでも、主人公は「もうひとり」になれたのだろうか……と思ったりします(あの場面で「どこか似ているところがある」って呪いっぽい)。


諸々を総合すると、俺たちの本当の戦いはこれからだ! でした(制作者様の所感通り)。

ティントアが大神官長の位に登りつめたと明言されるのは、おそらくこのエンディングのみです。

ティントアの神官としての実力や政治力がはっきりと証明された結末ではありますが、共に歩んでくれる友人なり愛する人なりを得た他ルートを思うと、やるせなさが後を引きます。






友情


全部で3通りです。ルージョンとの特殊な共通エンディングは友情Aです。

通常エンドの場合、主人公が神殿入りするか否かで友情Bと友情Cに分岐します。


まずはティントアとの接し方友情B、Cの攻略について書きます。
友情Aは攻略の手順が込み入っているので、ひとまず後回しにします。


攻略のスタンスについて書きます。

ティントアの友情を得るには、彼の難解な神様談義に付き合う必要があります。
ただしティントアの宗教観は非常に独特であり、普通の神殿の神官たちが喜びそうなことを口にしても、好友度が上がらないことが多いです。

ティントアにとっての「神」とは、基本的に人間に何の影響も及ぼさないものです。

ただそこにあり、すべての人に等しく静かな愛を与えてくれる存在。
人間に試練を与えることもなければ、願いを叶えることもなく、特別な恩寵を与えることもない。

だからこそティントアは、寵愛者の選定印を「神の徴」とは見なさず、魔物と戦い人を助けたと語られるアネキウスは「神」ではないと考えているのです。

このあたり、神殿に属する人間にしてはアナーキーすぎる思想だとつくづく思います。リタントの王制にも堂々と喧嘩を売っているし。
事実、この思想が明るみに出た場合、ティントアは処刑されてしまいます。

神についての考え方には、孤児院で育ち他者の愛を期待しなかったティントアのどこか冷めた人生観が反映されているのかもしれません。

ともかく、ティントアの素直な共感を得られる選択肢を選ぶようにしましょう。

思想は分かりにくいものの、イベントを進めていくとティントアの感情表現は意外とわかりやすいものになっていきます。たとえば、僕もそうだよと共感された場合はほぼ間違いなく好友が上がっています。


攻略の方針として、印友は最初からどんどんと振りましょう。

これは好友の引きずられ修正を狙うためでもあり、中盤の【神殿の思惑】でティントアに身を引かせないようにするためでもあります(このイベント時点で印友不足の場合、ティントアはその後一切登場しなくなります)。

愛情ルートと違って忌避判定の引っかけはないので安心です。

・【神官の祈り】で足飾りを返すor一緒に祈る
・【空を仰いで】で自分語り
・【主日礼拝】でお皿キャッチ(要武勇)


などが序盤で特に好友を稼げるポイントでしょうか。

また雨の日イベントの【雨の日の憂鬱】は、ルージョン登場済orある程度好感度を高めてから臨むと選択肢によって大きく好友が上がります。

友情Aを勘案しない場合、信仰はさっさと100以上にしましょう。


ルージョンが未登場だったり、重要イベントである【査問会】を起こさなかったりしても、友情Bと友情Cには到達可能です。
もちろんルージョンとの和解を助けるとティントアの好友はかなり上がります。しかし彼女をスルーしてもイベント不足にはなりません。「心の友」になることも可能です。


もし【査問会】を起こす場合、友情ルートでは反論しても同意してもどちらでもOKです。

同意した場合、好愛30以上という条件を満たしていなければ、その周回ではティントアは登場しなくなります。

ただし査問会終了時点で好友が35以上ありさえすれば、【最後の日】にティントアを訪問して友情エンディングを迎えることは可能です。ちなみに、同意すると大幅に好友が上がるようです。

反論した場合、ティントアは【査問会】後も問題なく登場します。

注意すべきなのは、「(主人公は)自分が神に選ばれたと思っているのか」という問いへの応答でしょうか。
どちらの選択肢を選んでも好友度は下がりますが、一方はもう一方の倍ほど減少します。

反論するという選択肢自体は、場を掻きまわしてティントアの発言をうやむやにしようという(主人公の)意図を前提に用意されている節があります。
よって、前後で辻褄の合わないとんちんかんなことを言い、ティントアを戸惑わせるのがいいかもしれません。



次に、友情Aについて書きます。ティントアとルージョン共通友情エンディングであり、難易度は高いです。

攻略においては単に二人の好友を35以上にするだけでなく、複雑な兄弟関係にある2人を和解させる必要があります。

ルージョンはとある理由から、頑なにティントアとの接触を避けています。
一方のティントアはルージョンを思いつつも、「諦め」が勝ってなかなか強く引き留めることができません。

よって関係の修復は、ティントアが思い切れるかどうかにかかっています。
ティントアがルージョンを諦めないように、多少強引な手段を使ってでも立ち回りましょう。


具体的な話をすると、ティントアにはあらかじめ「諦め値」というものが設定されています。

諦め値は、最大5、最小0です。スタート時は4ポイントです。

この諦め値を黒の月黄の週中日までに0にすることができれば、中日【もうひとりへの想い】→【あの雨の日】が発生して友情Aに到達可能です。


ただし、和解への道のりはそこそこ険しいものです。
ポイントとなるのは、ルージョンの好友度主人公の能力値でしょうか。

前者について、ルージョン登場後はルージョンを重点的にかまいましょう。
ルージョンはティントアと関わることを嫌がっています。そのため和解を手助けしようと主人公がおせっかいを焼くと、主人公に対する好感度を容赦なく下げてきます。

だからまずはルージョン個人のイベントをこなし、彼女の好感度を十分に高めておきましょう。

ティントアの好感度については、ルージョンとの和解に協力すれば自然と上がっていきます。

ただし完全に放置するのは得策とは言えません。ティントアにもほどほどにかまいましょう(ティントアを完全に放っておくと攻略が失敗する可能性があります。詳細は共通友情エンドの攻略記事に書きました)。

また、友情A攻略においては、信仰を99以下にとどめるようにしましょう。
これは、信仰100以上でルージョンの好友にマイナス修正がかかるからです。

逆に、魔力は早めに100以上にするのがいいかもしれません(※王を目指さない場合)。


主人公の能力値については、知力・交渉・魔力を特に高める必要があります。

知力と交渉は【心待ちの返事】での手紙でっち上げ、魔力は【すれ違い】隠れるルージョンを引っ張り出す*3ために必須です。

特に魔力は、【渦巻くその力】が発生したらすぐに50まで上げましょう。


*3「一度ティントアをスルー→隠れているルージョンを発見→ティントアを呼ぶ」という流れで二人を会わせようとするのも、諦め値の減少に限っては有効です。

ただしこの方法は、ルージョンの好友減少が著しいのがネックだと言えます。


諦め値の増減に関わるイベントについては非公式のwikiに詳しくまとめられているので、そちらを参照するとわかりやすいかと思います。

個人的には、

【心待ちの返事】で手紙でっち上げ成功
備考:事前に手紙の内容を把握すること。知力交渉が70~80程度必要? 魔力もルージョンを装うために必要か

【すれ違い】でルージョンを引っ張り出す
備考:要魔力

【二つの名前】を起こす
備考:要「ティントア印象>ルージョン印象」

……の3つを起こして0にするのがオススメです。後ろ2つはセットで起こりやすいので楽です。

あれ、3つのイベントで4→0になるの? と自分でも思いました。

イベントリストで確認したところ、手紙のでっち上げで2ポイント下がるようです(イベント終了直後、ルージョンのイベントリストの【いらぬお節介】発生条件を充足)。

もし足りなければ、【叶わぬ事変わらぬ事】を起こして間に合わせましょう。


諦め値の変動には関係ないですが、友情Aを攻略するときは、足飾りをルージョンに返しておくと後々グッとくることが多いです。主に【雨の日の探し物】や【あの雨の日】の話の展開に関係してきます。

個人的にはルージョンの真意にホロリとし、ティントアをもっと応援したい気持ちになりました。



友情Bと友情Cは、対等な友を得てティントアが充足し生き生きしたように見えるエンディングでした。
後日談でも友情関係が末永く続いたことが語られます。

ティントア友情ルートの楽しさは、イベント進行に伴い、ティントアが自分の言葉でコミュニケーションを取り出す過程がはっきりと分かるところにあると私は思います。

ティントアは自分の思想を間違いだとは思わずとも、神官としてあるべき姿勢とのギャップに悩んでいた節はあるので、忌憚なく話し合える友人を持てて本当に良かったな、と。

長い間知らずにいたのですが、【人の愛神の愛】で「神の愛について聞く」を選択した上で友情Bか友情Cを迎えると、【最後の日】の話の内容に大幅な追加があるんですね。

記事を書くにあたってやり直していたら、見たことのない内容の台詞が出てきてテンションが上がりました。自分ではかなりやり込んだつもりだったのに。かもかては本当に奥の深いゲームです。


友情Aとも関係しますが、ティントアは本質的に冷めた性格の人です。

両親は自分たちを捨てた、神様は救いをくれなかった、神の家は燃えてしまった。
離れては生きていけないと思っていた「もうひとり」すら消え、そして彼女がいない生活にも慣れた。


自分自身の心も含めて何一つ確かなものはない、この世に信じられるものなどない……と幼くして悟ってしまったわけです。

そんなティントアの心を支えたのは、「神」の存在でした。
ティントアの言う神は「世界」と言い換えてもいいような気がします。

私たちは夜ベッドに入るとき、明日が来ることを疑いません。
朝になれば光が差し、雨は誰にでも分け隔てなく降り注ぎます。

ティントアはそれら「絶対に揺らがず変わらないもの」を、彼にとっての「神」だと思いました。

誰も選ばず、逆に言えば誰も排除しない慈悲深い「神」を、自分は信じているとティントアは言います。
その「信じる」は、願うことでも頼ることでもないし、誰かをずっと好きだという思いと同義でもないのです。


この語り、まるで信仰告白のようにも思えました。
ティントアの神への想いの深さ、感謝の気持ちがひしひしと伝わってくる【最後の日】でした。

そして、外に向けて語る必要のなかったその言葉を主人公に対して言いたかった(聞いてほしかった)ところに、ティントアの友情への感動が表れているのだろうと思った次第です。

「ここでレハトに会えて、本当に良かった。……ありがとう」という言葉にも、同じような感動が込められているように感じました。

友情エンドだから神だけじゃなく主人公のことも信じる~とはならないあたりが流石だと思います。
なんというか、こういうキャラだからこそ私はティントアのことが好きなんだろうなとあらためて思いました。


ところで友情Cでは、大神官長キアノー(「神と会った男」)が主人公のもとにやってきます。
彼は純粋な好奇心から主人公を神殿に誘っていたことを告白します。

ディットンの古神殿は数千年前から続く歴史の集積をそのまま継承しているらしいので、きっととんでもない秘密を抱え込んでいるのでしょう。寵愛者が世界の理、おそらくは選定印にも関わる秘密を知った時に何を思うのか。プレイヤーとしても非常に気になる話題でした。



そして友情Aですが、静かな感動と驚きとを与えてくれるエンディングでした。

和解のキーがティントアの諦め具合だったことも含め、実質的にティントアの掘り下げエンドと言ってもいいような気がします。

私がティントアを決定的に好きになったのは、この友情A攻略でガツンと衝撃を受けたからです。

不思議な話ですが、愛情を自覚したティントアが病的なまでに「主人公にとっての一番」を求める理由を深く考えることはありませんでした。

せいぜい、ルージョンの喪失が心残りで代替品の主人公を今度こそ失うまいとしているのかな、くらい。
単純にそういう性質(ヤンデレ)のキャラなんだろうで終わらせていました。ついでに、もともと愛情といったものには興味の薄い性格なんだろうとも思っていました。

しかし友情Aを見ると、それまでのティントア観を綺麗に覆されざるを得ませんでした。


ティントアとルージョンは、実はどちらも「人の愛」を渇望していました。
ただしその求める方向という一点において、二人は大きく道を分ったのです。

ルージョンは出生にまつわる負い目もあって早くに自我を確立し、自身を必要としてくれる老魔女に依存することを選びました。一方のティントアは、いつまで経っても自分と「もうひとり」の区別をつけないまま成長し、ただ「もうひとり」の愛だけを求め続けました。

ルージョンが求めたのは自分を必要とする誰かの愛だったのに対し、ティントアが求めたのは唯一片割れの愛だけだったということです。

ここで重要なのは、ティントアが欲しがったのは「ルージョン」の愛ではなく、「もうひとり」の愛だったということです。

ティントアにとってルージョンは「ルージョン」ではなく、「もうひとり」でしかありませんでした。
つまりルージョンを別個の存在としてでなく、自分と同一のものとして見ていたのです。

がむしゃらに他者の愛を求めたルージョンに対し、周囲に失望していたティントアは、自分を愛してくれる他者などいないと思っていました。
自分を愛してくれるのは「もうひとり」だけ、つまり「自分と同じもの」だけだ、と。

だからこそティントアは、頑なにルージョンを「もうひとり」と呼び続け、自分たちがもはや「ティントア」と「ルージョン」に分かれてしまったことを直視しまいとしたのでしょう。

「自分と別のもの(ルージョン)」は「自分(ティントア)」を愛してはくれないからです。


ティントアの異常な愛し方は、実は自分以外のものへの不信から来るものであるということが私には衝撃的でした。

普段のティントアは、神以外には執着する素振りも遠ざける素振りも見せていませんでした。
だから、周囲のものをごくフラットに淡泊にとらえているのだろうと思っていたのです(熱烈なファンを避けるのは、やはり淡泊ゆえにどう対応していいのか分からないからなのだろうな、と)。

しかし一方で、だから愛情モードに入ると自分に取り込むような勢いで相手に執着していたのかと腑に落ちる部分もありました。


【あの雨の日】ティントアが「ルージョン」と呼びかけるシーンは、個人的にかもかての中でも五指に入る印象的な場面です。

呼ばれて振り向くルージョン、自分の口から出た言葉に固まるティントア、対称の石像のように向かい合う双子……と情景がありありと目に浮かびます。

「僕はティントア。彼女は……ルージョン。あの頃には、戻れないんだね。本当に、もう、二度と。」

という台詞も大好きです。


現状を直視した上で、人を愛する心と愛されることへの期待を自覚し、ルージョンに伝えることができたティントアにはただただ良かったなあと思いました。

ティントアの男っぽさ、兄らしさをある意味で初めて感じたエンディングでした。

一番でなくてもいいと言えるようになった後日談からも、その精神的な成長は読み取れます。
後味はあっさりですが、苦労に見合う実りあるエンディングだったと思います。


友情エンディング後のティントアは、心安い友を得て将来的にも安定します。

ティントアというキャラの核心に近づけることもあり、どのエンドも大好きです。






裏切


愛情ルート前提、3通りです。

ルージョン登場済&【移譲の儀】で「男」を選択すると裏切Aです。
一方、ルージョン未登場&【移譲の儀】で「男」を選択すると裏切Bになります。

また、愛情ルート確定後、【最後の日】に他キャラを訪問すると裏切Cになります。


裏切Aと裏切Bは通常の裏切エンディングです。ルージョンの登場の有無によって分岐します。
しかし裏切Cは、かなり特殊なエンディングと言えます。以下に詳しく書きます。

前提として、テ【秘められない思い】を起こしつつ、ティントア以外のキャラの印愛を35にしましょう。
そして【最後の日】にティントアではなく、その他のキャラを訪問します。

するとひょっこりとティントアが現れ、他キャラ訪問を妨害してくるのです。
ここで彼に従えば、愛情エンドに戻れます。

しかしあくまでも拒否を貫いた場合、ティントアは主人公を責め、他の人間のところに行くなんて認めないと宣言。

結局他キャラへの告白は失敗し、強制的に裏切Cエンドへと移行してしまいます。

つまり、ティントアの好愛が35以上のまま【最後の日】を迎えると、その時点で他のキャラとの愛情エンディングを迎えることはできないのです。

さらに驚くべきことに、せめて神殿での性別選択によって裏切ろうと思っても、再びティントアが登場して無理やり女性を選ばされることになります。


一旦ティントア愛情ルートに入った場合、裏切Bを避けつつ他キャラエンドに至る方法はただ一つです。

それは、ヴァイルの憎悪エンドに突入すること。酷い二択です。


裏切Aについては、「選択……選別……何が、神聖……」というフレーズが妙に記憶に残っています(深読みするなら、別個のものになってしまった自分とルージョンのことも念頭にあったのか)。

とにかくやってはいけないことをやってしまった感が強かったです。

後日レハトに恨み節をぶつけにくるルージョンには本当に申し訳ない気持ちになりました。
裏切Bで寵愛者の部屋にまでやってくるニーナッテにも心が痛みました。

ちなみにティントアルートのみ、【最後の裏切】からしれっと性別選択をやり直して愛情エンドに戻ることが可能です。さすがは秘蔵っ子神官。


裏切Cについては、このゲームのシステムを超越するティントアSUGEEEEとしか言いようがなかったです。
【最後の日】に何も選択できないって。完全なるヤンデレになったティントアに死角はないんですね。

正直なところ、告白しておきながら最後の日に知らんぷりという薄情で不誠実なプレイを散々やっていたので、この仕様は痛快でした。向こうの言い分はもっともだと思います。

ただ、いきなりティントアが背後に現れる文字演出は完全にホラーでした。怖すぎる。
選択肢をかき消されるシーンもゾワッとしました。

また神殿での性別選択を「男」にしたときは、いきなり出てきたティントアに本気でビビったのをよく覚えています。「レハトがたまにうっかりするの、分かってる」がたとえようもなく怖い。

たとえ王になる条件を満たしていても、裏取引でレハトを囲い込むティントアすごいですね。
根回しがよすぎというか政治力半端ないというか、あらゆる意味でシステムを凌駕しています。


後日談でも安定の執着ぶりでした。

「もうひとり」を失ってからようやく手に入れた、自分を一番に愛してくれるはずの人を、ティントアがみすみす逃すはずはないのでしょう。






殺害


3通りです。【最後の日】に刺すとAエンド、毒を用いるとBエンド、告発するとCエンドです。


Aエンドについては、愛情派生(反転)、憎悪派生、友情派生となんでもOKです。

愛情派生の場合は【査問会】後に神殿を訪れ、アモナに会って神官になると約束しましょう(【神官たる資格】→【神殿への訪れ】)。

神官になると約束しないと、ティントアを冷たく突き放すか陥れるかの二択しか選べず、エンド未到達となります。

憎悪派生友情派生の場合は、部屋に招かれたところでサクッと実行しましょう。


BエンドとCエンドは友情派生であり、こっそりと憎悪をつのらせる必要があります。

Bエンドの場合は、まず市で3回ティントアの憎悪占いをし、占い師から毒を手に入れましょう。
あとは【最後の日】に部屋を訪ね、隙を見て毒を盛ればOKです。

Cエンドは、ルージョンの存在を暴露するか、ティントアの異端的な思想を告発するかの二択です。

前者はルージョンの登場、後者は中日イベントである【神いずこ】(withルージョン)の発生が条件となります。



弟には敵わないものの、死亡パターンの多いキャラだと思います。

たとえばAエンドだけでも3種類に細分化できます(愛情、友情、憎悪派生場外訪問からの妨害を返り討ちにした上で、ルージョンと愛情エンドを迎えることも可能です)

個人的に一番印象的だったのは、愛情派生のAエンドでした。
そうかもしれないって思ってたと驚くこともなく落ち着いた様子で受け入れてくれるんですよね。

愛憎紙一重の理屈を説いて、今の二人の気持ちは同じようなものなのかもしれない、それが分かればいいやと半ば安心したように事切れる流れが心に刺さりました。

異端的な思想を持ちながら、神様のお迎えを少しだけ期待していたらしいのもまた悲しかったです。


そして、もしティントアに手を下したことが明るみに出た場合、主人公はルージョンからしかるべき報復を受けることになります。たとえルージョン自身の好感度が「一心同体」でも、彼女は主人公を見逃すことはしません。

双子の絆の強さ、おそるべし。

ティントアの殺害エンドは、憎悪派生のAエンドを除くと特にティントアに非を見つけられません。
だから、この「審判」もむべなるかなという感じです。

しかし上述した通り、ティントアを殺害した上でルージョンと愛情エンディングを迎えることもできます。
ルージョン愛情攻略とティントア憎悪攻略を同時に進めた場合です。

老魔女を失ったルージョンは、精神的な意味で主人公なしで生きていくことはできない気がします。
それでもティントアの死の真相を知れば、やはり主人公に報復をするのではないでしょうか(その後で、自らも2人の後を追いそうなイメージ)。


Cエンドはなんと処刑エンディングです。
魔術師と通じることや神殿の教義に逆らうことがどれほど危険なのか、身に染みてわかる結末でした。

このエンディングではなぜかルージョンが報復に現れることはありません。

少し不思議な話だと思います。【神いずこ】でのルージョンは、ティントアの異端思想を知る者が現れたらこの手で葬ると決意している様子だったので。
隙のあったティントアも悪いとはいえ、ルージョンがあっさりと割り切ってティントアを見捨てる気もしません。

とはいえ、ティントアの処刑の認可が下りたのはおよそ半年後のことです。

告発者である主人公への復讐よりディットンに身柄を移されたティントアの救出を優先させようとするも、間に合わなかったのかもしれません。

おそらくティントアが処刑された頃には、ルージョンもすでにこの世にいなかったのではないかと思います。






グラドネーラの宗教観


ティントアを攻略するにあたって、グラドネーラの宗教について色々と考えてしまいました。

ティントア本人はユニークな宗教観を持っているので一般的なそれについて深く考える必要はないんですが、やはり気になります。そこで、作中世界の宗教観について気になるところをピックアップしてみました。

参考:【いずれ着く処】【かつての面影】【山へと導かれ】【帰還の日】【人と神の境】【本を読む】


【本を読む】では聖書を読むことができます。
外付けの事典によれば、聖書は大きく「創世の書」「救世の書」の二部構成だそうです。

一部には神による世界創造の経緯、二部には人に身をやつしたアネキウスが堕落した世界を再生させた経緯が書かれています。


神=アネキウスです(ティントアは違うと思っていますが)。
アネキウスは唯一絶対の神であり、世界の創造主であり、人間の守護者です。

アネキウスはかつて人間の姿を借りて地上に降り立ち、魔物を退治して人を救ったとされています。

世の成り立ちにも書かれていますが、光=天・善いもの闇=地・魔と結びつくものという認識があるようです。
アネキウスが太陽と同一視され、空飛ぶ鳥の羽を持つ存在とされるのもそれが理由なのかなと思います。


アネキウスについて気になるのは、「無性」の存在として表されるということです。
主人公たち三足族もまた、性を持たずにこの世に生まれてきます。

神様の性別があやふやなのはそこまで珍しい話ではないと思うのですが、ユリリエ裏切Aを見てからちょっと気になり始めました。私たちの護り手アネキウスは女でも男でもない存在、なら成人して性を獲得する私たちは、望んで完全な存在から不完全な存在に堕ちているのではないかとユリリエは言うからです。

そういう風に言われると、神の子として生まれて人の子になっているようにも思えます。
どこか『オシチヤ』を彷彿とする示唆ですね。



次に人々の死生観について。これに関しては、何人ものキャラが共通した見解を話してくれます。

特徴的なのは、輪廻転生の思想でしょうか。

肉体は朽ちるが、人の魂はけして滅びず、何度でも巡って永遠の輪を描く。人間の魂は再び地上で命を得て蘇る。

この魂が描く永遠の輪廻の輪こそ、神と人との契約だとされています。

この輪廻転生思想があるからこそ、ローニカリリアノは、主人公は四代ネセレの生まれ変わりではないかとうっすらと思っていたわけです。

年齢的にネセレの実の子ではないことははっきりしていても、その魂の中身までは確かめようがありません(とはいえ神の国に迎えられるらしい寵愛者も転生するのか、そう一般に考えられているのかと不思議に思ったり)。


人が亡くなることを、グラドネーラでは「山に登る」「お山に行く」と表現します。

人の魂は肉体が朽ちると神に導かれて山へと向かい、山を登って神の国へ至るか、山に沈んで次の導きを待つことになるそうです。

神の国へ迎えられるのは強く正しい魂、つまり高名な神官英雄、または神に愛された寵愛者だけだと言われています。神の国へ至ることは最大の栄誉ですが、たとえばヴァイルなどにとってはあまり喜ばしいことではないようです。

ところでこの死生観に絡み、モゼーラが一風変わった話をしてくれます。
何度弾圧されても一定の期間をおいて蘇る、ある異端思想の話です。

いわく、人は神になれる。山と人の世を行き来する中で人は山を登りつめ、神の国に至って神になる、と。

ずいぶんとアグレッシブな思想ですが、これは単に解釈の違いなのでしょうか。
あるいはアネキウス信仰とは別の信仰があり、2つが混ざり合って異なる思想がつくられたのかもしれません。


死生観には個人や集団の宗教観が如実に投影されるので、面白いなと思います。

最初は、作中世界と輪廻転生の思想の取り合わせを新鮮に思ったことを覚えています。どちらかといえば西洋イメージのある世界観だからでしょうか。

選定印のからくり輪廻転生思想には何か関係があったりしないかな、とか考えるとワクワクします。






リタント建国と神殿


上にも書きましたが、神殿は王権に侵されない独自の権限を持っています。
たとえば古神殿の所有権神殿の独立自治権などです。たとえ神に選ばれた王であっても、神殿の内政にはおいそれと干渉できません。

この別格の扱いは、神殿がリタント建国に大いに貢献したことに端を発しています。
こういった歴史を基盤として今に至る関係性って大好きです。

というわけで、リタント建国史における神殿の役割について簡単にまとめました。
歴史部分については、他の記事に書いたことと内容が重複している部分があります。

参考:【選定の印】【唯一絶対の武器】【聖徒】【神殿書庫】


現在から百数十年ほど昔のダリューラ王国時代、主人公たち三足族の先祖は他種族に虐げられていました。
要職は他の二種族に独占され、危険な魔の草原に近い場所(大陸中央部、現ディットンの近く?)に追いやられていたのです。

これに反旗を翻し、三足族を率いて独立運動を開始したのが後の初代国王ルラントです。

彼は北の穀倉地帯への移住を求めて反乱を起こし、古神殿を包囲。
北への進軍の中で王城の前身である砦を占拠し、ここに分裂戦役が始まりました。

穀倉地帯を早期に押さえたこともあって三足族は分裂戦役を戦い抜くことに成功し、ついには独立を勝ち取ります。

そうしてリタントが生まれ、他種族の国との間には「壁」が作られました。

ところで、ルラントの反乱の追い風となった初期の事件に「古神殿の包囲・封じ込め」というのものがあります。
この事件の意義は非常に大きく、神殿組織の総本山である古神殿の制圧なくしては反乱自体が成り立たなかっただろうとリリアノは語ります。

そしてこの事件こそが、当時の三足族と神殿の複雑な繋がりを表すものなのです。


実は三足族不遇のダリューラ時代にあって、神殿内部だけは少し状況が違いました。

神殿はダリューラが国の形を失い始めた時期、大陸各地に拠点をおいて根を張りめぐらせ、ひそかに力を蓄えていました。その過程で、疎まれていた三足族を受け入れ、多少なりとも要職にアクセスできる環境を整えていたのです。

自然、冷遇されていた三足族の中でも優秀な者は神殿に集い、そこでの出世を目指すようになりました。

しかし労せずに良い人材を囲い込んだはずの神殿は、思わぬしっぺ返しを食らうことになります。

すでに古神殿に入り込んでいた神官たちがルラントに呼応し、反乱勢力の手引きをしたのです。内部の人間の協力もあって古神殿の包囲・封じ込めは見事成功、ルラントの反乱は衆目の的となり、その勢いを増しました。

実際にはルラントと当時の大神官長との間で密約が交わされており、古神殿は制圧されたのではなく、自主的に反乱を支援したのでは……という異論も存在します。

リタント建国後、神殿に完全な自治権が認められたことがその根拠です(とはいえ当時の大神官長はおそらく他の二種族出身だったはずで、三足族の反乱に簡単に手を貸すかな? とは思います。三足族が古神殿を押さえたまま独立すれば、他二種族の国と古神殿とは切り離されてしまうでしょうし)。

ともかくルラントの反乱、ひいてはリタントの建国神殿の協力なくして成立しなかったのは確からしいです。だからこそ神殿は今なお大きな権限を持ち、その権限がかつての貢献を示唆していると言えるのではないでしょうか。

反乱当時に神官たちを率い後に大神官長となった人物は、メネデラードというそうです。
名前から溢れる強キャラ感。王城の神殿の壁にもその名が刻まれています。

ルラントの額の徴は古神殿包囲時にすでにあったとする説もあるらしいので、このメネデラードが一枚噛んでいたら面白いのになあと思ったりします(あるいは当時の大神官長とルラントの間に密約があったとするならば、密約を仲立ちし大神官長を誘導したのが彼だったのかな、とか。密約がなくとも、反乱時にルラントを主立って手引きしたのはメネデラードなのではないでしょうか)。

そのあたりの秘密も、代々大神官長に伝えられているのでしょうか。






嫉妬・夢イベント/ヴァイル憎悪監禁エンド


嫉妬イベントについては、ナチュラルなスキンシップで無意識に恋敵を煽るティントアは大物だと思いました。
サニャグレオニーの慌てぶりが面白かったです。

タナッセはなぜかティントアに対してだけは面と向かって食い下がれるんですよね。
例の事件の後ということもあって他キャラ相手にはほとんど「ぐぬぬ」状態なのに。これがいわゆる友人フラグなのでしょうか(※主人公が存在しないif世界では、二人は友達になるそうです)。

個人的に好きだったのは、ユリリエ嫉妬とルージョン嫉妬です。

前者は、「お願いよ」とめずらしくしおらしいユリリエのお願いがかわいらしかったです。ティントアの前では強気に振る舞っていても、内心ちょっとハラハラしていたのかなーと思うと堪らないものがあります。

後者は緊張感漂う中に切なさもあるイベントでした。
「(主人公が好きなのは)もうひとりで、僕じゃない。もうひとりは、僕じゃない」という台詞や、あえて茂みから出てこないルージョンに対しすぐに事情を察するティントアいう構図も好きです。


夢イベントについて。

【愛しき夢】は通常運転という印象です。あのスキンシップはティントアのキャラだから許されることだなとつくづく思います。
【親しき夢】では、何度も神の家の焼け跡を訪れているのかと少し切ない気持ちになりました。


ヴァイル憎悪監禁エンドと愛情エンドを並行しました。

ティントアは城に残り、新王と対立したそうです。
ティントアを敵に回して無事でいられるヴァイルすごい、と反射的に思ってしまいました。国王が一神官に負けるはずもないからおかしい感想ですが。

再びすべてを失ったティントアがどんな精神状態になってしまったのか、考えるだけでもつらかったです。
分が人の愛を求めていることを確信した彼が、再び神の愛のみにすがって生きていけるものなのか、と。




*****



ティントアのBGM(「福音」っていいなあとプレイしていてあらためて思いました。
あの厳粛かつ神秘的なザ・神殿BGMを、攻略キャラのテーマにするセンスが素晴らしいな、と。

♪「福音」がカッチリとはまるティントアのキャラクター造形も素敵です。

しかし神殿は第三者だけあって曲者ですね。感想を書く上でも色々と込み入っているので大変でした。
そういうところにティントア攻略の面白さややりごたえの理由も一定あるのだとは思いますが。


神殿をベースとするキャラなので他キャラとの絡みは少ないですが、【思惑】(withリリアノ)はとても面白かったです。立場は違えど神に懐疑的な2人の神様談義にはかなり興味があります。

また、【神いずこ】はかもかての全イベントの中でもかなり好きな対話イベントです。

神に対して対照的なスタンスをとる双子の問答から始まり、ティントアの異端思想が明かされ、ルージョンが激しく動揺する……と内容たっぷり。

「(略)だから僕は知っている。アネキウスは、神ではないことを。」という台詞を初めて聞いたときはゾクゾクしました。ルージョンのどこか狂気じみた決意も含め、とことんツボにはまるイベントです。


ティントアは掴みどころがなく、性格の把握がしにくいキャラだと思います。
それでいて全体像が見えてくると、個々の描写にきちんと筋が通っていたことが分かってきます。

個人的にはそういうタイプのキャラって面白くて好きです。
理解したくて色々と考えてしまい、その過程で愛着を持ってしまうからでしょうか。

達観した冷ややかな一面と脆く純粋な一面。
一見相反する2つの要素をしっかりとした理屈で以て両立させているところが、ティントアというキャラクターの見事なところだと思います。

正直に言うと愛情ルートの過剰なスキンシップには最初たじろぎましたが、そこにさえある程度の理屈を持たせることが可能なのがすごいな、と。

ルート攻略の難しさもあって文章量がかなり多くなりました。キャラについても色々と考えてはいたものの、アウトプットするとなると苦労しました。ともあれ、やっぱりティントアのキャラクターは面白くて大好きです。


私事で忙しく、更新がずいぶんと遅れてしまいました。
他の感想記事を読んで待っていてくださった方もいるようで、本当にありがとうございます。

今後は更新頻度がどうしても落ちてしまうと思いますが、かもかてキャラの感想は、あと2人分きっちりと上げる予定です。



その11は、ティントアの双子の弟である魔術師ルージョンについての感想です。

関連記事:『冠を持つ神の手』 ルージョン 感想 攻略 その11



*****



以下は拍手コメントへの返信です。少し下げます。 (2017/06/12)



>2017/06/05の21時に拍手コメをくださった方へ

拍手コメントありがとうございます! 返信が遅くなって申し訳ないです。

記事を読んでいただいたことに加え、勿体ないくらいに嬉しい言葉をありがとうございます。
ティントアの感想記事は、書くのにかなり苦労しました。上でも書きましたが、「いったいどういう人なんだろう?」が先に立つキャラだったので。
ただ、その分時間をかけて考えられたので、自分なりのキャラ観を掴めた手ごたえはありました。かもかてのキャラはちょっと生々しいくらいのリアリティーを持っているので、奥深くて魅力的だなーとプレイするたびに思います。

考えをうまく文章に乗せられているのかいつも心配しているので、頂いたコメントには本当に嬉しい気持ちになりました。ありがとうございました。




関連記事

Comments 4

There are no comments yet.
RICK  

非常にマイナーなうえ話が暗く、戦闘も難しいゲームなのですがAdelaideというフリゲのレビューしてほしいです!お願いします!

2016/11/06 (Sun) 08:55 | EDIT | REPLY |   
ななしさん  

丁寧な言葉で丁寧に展開していく考察、いつも楽しく読んでいます。おつかれさまです!

2016/12/06 (Tue) 19:41 | EDIT | REPLY |   
かーめるん  
Re: タイトルなし

>RICKさん
コメントありがとうございました。まず、返信がこんなに遅くなったことをお詫びします。本当に申し訳ないです。

紹介していただいたゲームの説明などを拝見しましたが、とても面白そうですね! ぜひ時間を見つけてプレイしたいと思っています。
作品によって感想の書きやすさが異なるため、レビューについてははっきりとお約束はできません。ですができるだけご希望に応える方向で努力したいと思います。気長にお待ちいただければ幸いです。

こういう形でフリゲを紹介していただけるのはとても嬉しいですし、有り難いです。また機会があればよろしくお願いします。

2017/01/02 (Mon) 01:53 | EDIT | REPLY |   
かーめるん  
Re: タイトルなし

> 丁寧な言葉で丁寧に展開していく考察、いつも楽しく読んでいます。おつかれさまです!

コメントありがとうございます。長くお待たせしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

そう言っていただけるととても嬉しいです。プレイ時の楽しい思い出をもとに感想を書いているので、楽しく読んでいただければこれに勝る喜びはありません。
今年も精進いたしますので、よろしければお付き合いください。

2017/01/02 (Mon) 02:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply