『少林サッカー』 感想

かーめるん

「あー気分が沈む、やる気が出ない……」 そんなとき、無性に見返したくなる映画があります。

それはズバリ、チャウ・シンチー(周星馳)監督作品、『少林サッカー』少林サッカー デラックス版 [DVD](原題:『少林足球』)です。

2001年、香港発。キャッチコピーは「君はまだ、究極のサッカーを知らない」名作エンタメ映画なので、ご存じの方は多いのではないでしょうか。

少林サッカー Blu-ray

少林サッカー [Blu-ray]

「少林(拳)」「サッカー」です。そのまんま、少林拳の達人たちが一念発起してサッカーをする映画です。タイトルがこれでもかというくらいに分かりやすく潔い。

本場のキレッキレな少林拳アクションに見とれ、容赦のないギャグにお腹がよじれるほど笑い、主人公たちの快進撃に熱く盛り上がり……と見どころがてんこ盛りの作品です。

鑑賞後の気分はスカッと爽やか、元気になれます。これぞエンターテインメント。

ちなみに、レベルファイブ製作の『イナズマイレブン』シリーズの元ネタではと言われていたりもする作品です。いくつかの技が似ていますし、無印のラスボスチームの強化方法も似ています(まあ定番かもしれませんが)。

イナズマイレブン 円堂守 レベルファイブ

イナズマイレブン1・2・3!! 円堂守伝説 - 3DS

シリーズ作品は、謎の宇宙人が襲来する『イナズマイレブン2』までしかプレイしていません。しかしこの映画でもイナズマイレブンでも、超次元サッカーが展開されるのは確かだと思います。

以下は詳細な感想です。ネタバレを含むので、未見の方はご注意ください。

あらすじ

『少林サッカー』のあらすじを簡単に書きます。

かつて名サッカー選手として活躍していたファンは、金の誘惑に負けて八百長試合に協力し、結果として選手生命を絶たれるようなケガを負ってしまいます。

実は、ファンの転落を画策したのは、ファンが見下していたチームメイトのハンでした。ファンを蹴落としたハンはその後成功を積み重ね、現役を退いて以降は、押しも押されぬサッカー界の実力者となります。

物語がスタートするのはその数十年後です。ハンのお情けで雇われていたファンは、ある日ケガの真実を知らされた上で解雇されてしまったのです。

やけになって街中をうろついていたファンですが、汚い身なりの奇妙な青年に出会います。彼の名はシン。幼い頃から少林拳を学んだ、少林拳の達人でした。

少林拳の普及を夢見るシンですが、現在の都会ではそれは夢のまた夢。熱心に修行を続けるシン自身も、日銭を稼ぐのがやっとの状況です。かつてシンとともに少林拳を学んだ兄弟子たちも、日々の暮らしに汲々とする毎日を送っていました。

シンの卓越した武術と驚異的な身体能力を目の当たりにしたファンは、「サッカーをやってみないか」とシンを勧誘します。かつて道半ばで諦めた夢を、シンと一緒にならまた追えると思ったのです。シンもまた、サッカーが少林拳の良いPRになるかもしれないと考え、ファンの誘いを承諾します。

紆余曲折を経て、二人はシンの兄弟子たちを口説き落とすことに成功。ここに少林拳の達人たちが集い、前代未聞の少林拳サッカーチームが誕生します。

しかし快進撃を続けるシンたちの前に、最強のチームを抱えるハンが立ちはだかり……。

はたしてシンたちは、強大なハンとそのチームを倒すことができるのか?
少林拳の達人たちが繰り広げるサッカーとは?
ファンとシンの夢は叶うのか?

決戦の日、試合会場では、究極の少林拳サッカーが繰り広げられることになります。

負け犬たちの下剋上ストーリー

映画でもなんでも、ストーリー面がしっかりと充実しているからこそ、アクションやギャグに心の底から見入ったり笑ったりできるものだと個人的には思います。

『少林サッカー』は真剣にバカをやっている映画ですが、そのぶんストーリーにだって真剣です。

まず、ツカミがバッチリなんですよね、この映画。

OPから回想に入り、主人公たちの監督になるファンの過去と因縁、そしてラスボスがさっさと提示されます。ラスボス気持ちいいほどにあくどい人物で、敵チーム名は「デビル(悪鬼)」分かりやす過ぎる善悪の構図はいっそ清々しいです(あと、「黄金右脚」という刺青を入れたファンさんの腹が、回想時点ですでにたるんたるんなのもシュールで好き)。

本筋のストーリーは、社会的地位の低い主人公たちと夢破れた元サッカー選手の監督が出会い、互いに刺激を与え合いつつ大会優勝を目指す……というもの。

主人公が兄弟子や弟弟子をスカウトに行くシーンからの再結集シーン、初試合でボコボコにされるシーンからの仲間の覚醒……など「ガッツリ下げてしっかり上げる」を踏まえたカタルシス溢れる構成は見事です。

主人公やファン監督、兄さん達は皆、人生の落伍者と言ってもいい人達です(行き交う人々の靴を映して貧富の差を表現するシーンが印象的)。証券マンの兄さんはともかく、他は今の生活に苦労してくすぶっているような青年とオッサン達ばかり。

そんな彼らが、少林拳という最大の強みを活かして快進撃を始めるのです。これほどまでに胸躍るドリームがあるでしょうか。

特に、再結集シーンの格好良さは、実際に映画を観た人にしか分からないと思います。 無駄にサングラスをつけ、無駄にヒラヒラしたものを着て、無駄に格好つけてやってくる。それなのに凄まじく格好良い。カメラワークが抜群に良いせいでもあるんですが、とにかく痺れます。

また、明快かつ王道的に進む物語とはいえ、それは序盤や要所にきちんと伏線が仕込まれているからこその予定調和だと言えます。

たとえば、少林拳を世間に広めたい! という主人公による熱い街頭プレゼンテーションは、映画のラストにこれ以上なくきれいな形でオチが付きました。「主人公一人いれば勝てるのでは……」という認識がバイオレンスな練習試合を通して変化し、仲間の意識変革と覚醒を導くのも綺麗です。

振り返ってみれば、ストーリー関連で無駄な要素はないと思います。あるとすれば、ボリウッドかと思うような唐突なミュージカルシーンくらいでしょうか。あそこのシュールさと悪ノリ感は大好きですが。

キレのあるアクション

武術とサッカーの融合という観点から、個人的には旋風脚の兄さんが一推しです。

手を地面につき、脚を自在にぐるぐると回す姿には口を開けて見惚れるしかありません。あん馬をする体操選手じみた脚力と体幹です。ボールはさすがにCGですが、脚の動きは役者さんの自前らしいので尚更驚きました。攻撃という点でも防御という点でも、旋風脚の兄さんの技は手堅く華麗だと思います。

また、単純に武術単体のシーンを言うなら、ヒロインであるムイの太極拳の動きが好きでした。

まさに、柔よく剛を制す。伸びやかでしなやかな彼女の(饅頭づくりの)技はいつ見ても印象的です。饅頭屋の店主のビンタをいなしまくって最後に打ちのめすシーンは最高にクールでした。クライマックスのスーパーセーブは言うまでもないです。ムイと主人公のシンが戦った場合、どちらが勝つのか少し気になります。

冴えわたるギャグ

ギャグを解説するのは無粋だとわかっています。そこで、個人的に大笑いしたシーンを7つ箇条書きで挙げておきます。マジメな話数分おきにギャグが挟まれるので、かなりチョイスに悩みました。

①小芝居を織り交ぜた、シンによる街頭少林拳プレゼンテーション

バナナの皮ですっころぶお姉さんの顔からして有無を言わせぬ笑いの迫力があります。「いや、バナナ落ち過ぎやろ」「植木の剪定に一年もかかってるんかい」「ファンさん少林拳に詳しいな」といった細々としたツッコミは留まるところを知りません。

個人的には、シンのイメージ映像にちゃっかりと参加し、終わったらしれっと服を脱ぐファンさんがツボでした。シンチー監督は天才

②ケンカ後のかつあげ

蟷螂拳で対抗するのかと思いきや、あっさりとかつあげされる青年。シンの有無を言わせない態度や、青年の情けない泣き顔もシュールです。

③特訓シーン

卵キスの天丼には笑いました。三番目の兄さんが気の毒でならない。奥さんにはとても言えませんね。特訓開始直後にボールを天まで蹴り上げるシン、飛行機に当てて弁償できるのかと真顔で詰め寄るファン監督も地味に笑えます。

④練習試合

終始お腹がよじれそうでした。メガネキャプテンが澄ましてレンチや金づちを落とす場面から、ウボァーと得物を振り回すシーンまでの流れは何度見ても腹筋にきます。

また、『プライベート・ライアン』よろしくなぜかコートで銃撃戦が始まる展開は面白すぎると思いました。試合後の、敵味方「アッハハハハハ……」もシュールです。

⑤大手スポーツメーカーをスポンサーにするシーン

ハッハッハと愛想笑いをして迎えるスポンサーを、シンたちが勢いよく殴り倒したところで噴出しました。あの勢いは真似できない。日頃の恨みでしょうか。センターのメガネの人は、序盤でシンを追っ払った人だったような気がします。

⑥「ワイヤーアクションかよ!」

渾身の自虐ネタ。ブッ込み具合が秀逸。

⑦「お前は火星に帰れ」

クライマックスのこのタイミングで笑わせにくる、そのセンスに脱帽して笑うしかありませんでした。シンチー監督は、美人を単なる美人として描かないのがユニークだなと思います。

音楽やカメラワークなど

その他、音楽が素晴らしいです。特にOPの勇壮なテーマ曲は、一度聴いたら耳に残るほどのインパクトがあると思います。

また、カメラワークもグッとくるものが多いです。コートをぐねぐねと蛇行する川のように鳥瞰で映していったり、涙まじりに話すムイをドアップで撮り続けたり、そう撮るのか! と痺れます。

加えて、役者さんたちの演技が素晴らしいのは言うまでもないです。ファン監督一番目の兄さんといった適度に情けないところを見せてくれるキャラは、役者さんの演技もあってより魅力的に見えます。

「ちなみに」と言うまでもないですが、監督のシンチー氏は主人公シンを演じている方です。

*****

大人になって改めて映画を観たとき、バイオレンスなシーンが意外と多いことに驚きました。おそらく地上波放送ではカットされていたシーンが多かったのだろうと思います。シンと一番目の兄さんがデュエットした後の暴力シーンなんかはけっこうな痛々しさです。

血の気が多いこともそうですが、この映画には独特の「汚さ」があるような気がします。整然とした大通りだけでなく、汚れたゴミ捨て場や雑多な屋台周辺の風景など、人の生活がきちんと映っているからでしょうか。

香港には行ったことがないのですが、中国圏には行ったことがあります。映画から感じ取れる、乾いて雑然としつつも活気に溢れる空気感は、土地の雰囲気を写しとったようで個人的には大好きです。

『少林サッカー』を観ていると、笑いは偉大だと思います。面白い映画はいつ観ても面白いものだ、とも。

同じくシンチー監督作品の『カンフーハッスル』カンフーハッスル(原題:『功夫』)も、気軽に観られる作品ではないですがお気に入りです。弟とか眼鏡キャプテンとか、キャスト陣も『少林サッカー』とけっこう被っています。

『カンフーハッスル』は、バイオレンス&アクション要素がより強く、かなりダークな作風です。しかし、コミカルな表現とギャグの隙のなさは、『少林サッカー』に通じるものがあると思います。

   

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply