『雨と猿』 山奥の宿屋で過ごす「雨降る一夜」の話 感想

かーめるん

ノベルゲーム、『雨と猿』の感想記事です。ネタバレを含みます。

制作者は大山椒魚様。以前はVectorからダウンロードできましたが、今はできないようです(2018年現在)。



雨と猿 タイトル画面 スクショ



選択肢なし、一本道。大体1時間半~2時間ほどで読み終えました。
山奥の宿屋に泊まりに行った主人公が遭遇する、「雨降る一夜のはなし」です。

けっこうマメにセーブをする性質ですが、このノベルゲームは、読み始めてから読了するまで一切セーブしませんでした。セーブの存在を完全に忘れていたと言った方が正しいです。

これほど没頭したノベルゲームは初めてかもしれません。

読後は感動し、同時に圧倒されました。涙腺が弱い人間なので恥ずかしながらもうダダ泣きです。もう一度起動してタイトル画面の変化に気づき、「いい話を読ませてもらったなあ」という充実感に浸ってしまいました。


以下は詳細な内容と感想です。ネタバレを含みます。ご注意ください。








『雨と猿』のあらすじ



最初に、『雨と猿』のあらすじを書きます。

主人公・越川は、友人から某県の山中にあるという宿屋、「おのや」の話を聞き、旅行がてら泊まりに出かけます。

しかし山中で完全に迷ってしまい、とっぷりと日も暮れ、振りしきる雨の中で往生する羽目に。終いには崖から滑り落ちて捻挫するという運のない越川ですが、落下地点のすぐ近くに山小屋を見つけ、半死半生の体で駆け込みます。

山小屋の中、越川を出迎えたのは、「猿丸」と名乗るよく喋る小柄な男でした。



雨と猿 猿丸 スクショ



この猿丸こそ、「おのや」の主人の息子であると知った越川は、これ幸いと一夜の宿を頼みます。猿丸は微妙な反応を返しつつも、越川を「おのや」の母屋へと連れていきます。


しかし体力の消耗が激しかった越川は、母屋を前にして昏倒。そして猿丸は、意識の薄れゆく越川にこんなことを言うのでした。

「親父の前じゃ絶対に猿丸の名を出さねぇで欲しいんだ」
「必ず守って下さいね……」


果たして、再び意識を取り戻した越川の目の前にいたのは、どこか異様な「おのや」の主人でした。



雨と猿 主人 スクショ



かくして越川は、「おのや」で忘れられない奇妙な一夜を過ごすことになったのです。






作品全体の感想



※ぼかしつつですが知っている人にはピンとくる形でラストのネタバレをしています。未見の方は特にご注意ください。

文体・内容ともに骨太なノベルゲームです。少し昔風の言葉のチョイスが個人的には好きでした。

硬派なストーリー展開の合間に、軽妙な言い回しやコミカルなグラフィック表現があり、読者を飽きさせない緩急の付け方が見事です。




「おのや」と猿丸青年 崩壊と再生の物語



話の軸となる「おのや」にまつわる家族のリアリティは、この作品の魅力の一つです。

心の強い人、弱い人、愛情深い人、素直になれない人……異なる性質の人間たちが一つ屋根の下にいる。それが家族の不思議であり、難しさだと思います。たとえ血のつながりがあっても、様々な軋轢や葛藤が生まれるのは当然のことかもしれません。

「おのや」の家族事情は一般的なそれよりもはるかに複雑ですが、近しい者への愛憎やすれ違いは、どの家庭であっても起こり得るものです。そういう意味で、私自身少なからず共感を覚える場面はありました。

その共感がラストの感動に繋がったのだろうとも思います。


また、物語のキーパーソンである猿丸の人生も、際立って印象的です。

養子としての引け目男としての悔しさ……淡々と語られる過去回想でそういった負の感情がひしひしと伝わってきて、少しつらい気持ちになるくらいでした。「おのや」最大の悲劇について話す彼の語り口は特に後悔の念に塗れていて、文字を追うだけできつかったです。

猿丸自身は痛々しくなるほど家族思いで、精神的にタフな人です。だからこそ、彼の不遇の過去は心に刺さるのかもしれません。

常時心を強く保てる人間はいないはずです。しかし周りに自分よりも弱い人がいると、己の弱さを表に出すまいとする人はいます。猿丸はそういう人間であり、彼のそうした在り方が、より困難な試練を彼自身に課す結果になっていました。

彼が自分の気持ちに素直になったラストは、降り積もった悲しみを払拭する明るさと爽快感に溢れていたと思います。

家族の崩壊と再生、そして、個人の挫折と立ち直り

二つのテーマがたった一夜に凝縮されて語りつくされることを思うと、改めて『雨と猿』の構成の妙と筆力の高さに感じ入ります。




人の強さと運命の無情



全体を通して、『雨と猿』は絶望と悲壮感に支配された物語です。

しかし「主役」自身は泥臭く強かな人であり、悲観主義に支配されてはいません。「暗いお話」と一言でくくるのに抵抗があるのは、確かな救いと希望とが存在しているからだと思います。


読了直後にふと思い出したものがありました。それは、スティーヴン・キング『スタンド・バイ・ミー』スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)(原題:"The Body")のラストです。



スタンド・バイ・ミー 恐怖の四季
スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)



『スタンド・バイ・ミー』では悲しみが先に立ちますが、『雨と猿』では「主役」の強さ、ひいては人間の強かさが鮮明に印象に残ります。

「主役」の心は運命と自分自身とに打ち克った。私はそう感じました。

不条理な運命にも屈しない人の心の強さに感じ入るか、そういった心持ちをもあっさりと無いものにする運命の無情さに諦観を覚えるかは、読者の自由だと思います。

この作品にはどちらの解釈もできる中庸さがあります。人生の苦楽を描いた物語全体の締めとしてはとても良かったなと個人的には思いました。



*****


人生には晴れの日もあれば雨の日もあること、そして長く降り続いたとしても止まない雨はないことを、しみじみと実感できる物語でした。

言葉を尽くしても実像をそのまま伝えることはできないので悔しいですが、とにかく面白い作品です。

ぜひ一度プレイして話を追ってみてほしいです。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply