共通友情エンド×2とヴァイル憎悪監禁エンドを並行 『冠を持つ神の手 』 攻略

かーめるん

『冠を持つ神の手』(かもかて)の共通友情エンディングリリアノ&モゼーラ、ティントア&ルージョン)と、ヴァイル憎悪監禁エンドについての感想・攻略記事です。

共通友情エンディングについては各キャラの記事でも感想を書いているので、この記事はどちらかというと攻略寄りです。全体としてプレイ記録的な感じになりました。


※この記事で扱うキャラクターの個別感想記事は以下の通りです。




ヴァイルの感想記事の中で、ヴァイル憎悪ルートでは特殊なシチュエーションが見られることがあると書いたかと思います。

具体的に書くと、監禁エンドです。【玉座を巡る決闘】に敗北した主人公は、ヴァイルによって「城」あるいは「ランテの屋敷」に囚われてしまいます。


この監禁エンドの何が特殊かというと、他キャラとの通常エンディングに優先する点です。
つまり、【最後の日】にヴァイル以外のキャラを訪問してエンドが確定したとしても、【玉座を巡る決闘】にてそれは覆され、ヴァイルエンドに上書きされてしまうわけです。

よって、もし【最後の日】に他のキャラと愛や友情を確かめ合っていると、そのキャラの後日談が変化することがあります。
恋人あるいは友人が第三者によって監禁されてしまうわけなので、その後の進路に影響が及ぶのも不思議な話ではありません。

一応、各キャラの感想記事の中で、愛情エンドとヴァイル憎悪監禁エンドを並行した場合の最終結果については書きました。

しかし、常々気になっていたことがありました。それは、共通友情エンディングとヴァイル憎悪監禁エンドを並行したらどうなるんだろうということです。


共通友情エンディングとは、縁の深いキャラ2人を同時に攻略し、特定の条件を満たすことで発生する特殊なエンディングです。具体的には、

①国王リリアノと文官モゼーラ
②神官ティントアと魔術師ルージョン


の組み合わせが該当します。


「共通友情エンディングとヴァイル憎悪監禁エンドを並行する」ということは、単純計算で1周内に3人を攻略するということです。
シンプルに難しいような気がして及び腰だったのですが、この機会にチャレンジしてみることにしました。

結論としては、「共通友情&ヴァイル憎悪並行」は成功しました。エンドロールにて、対象キャラ2人の後日談が変化しているのを確認しました。


以下、ネタバレを含む攻略と感想です。未見の方はご注意ください。




※各攻略の「エピローグの変化について」には、最終結果と全行程を示した画像を掲載しています。




最初に



まず、どちらの攻略においても、「最終結果:王」がサブ目標となります。
ヴァイル【玉座を巡る決闘】は、主人公が王に指名されなければ発生しないからです。

そのためティントア&ルージョンについて、日数が足りなかったので好友MAXにすることは諦めました。

ルージョンはただでさえ共通友情ルートでは好友が下がりやすいので、名声上げに時間を割くとリカバリーがうまくできなかったです(占いを利用すれば好友MAXにできるものなのでしょうか)。

また励みイベントについては、すべてヴァイルで起こるようにしました。もともと変にいじらなければほぼ好愛トップなので、難しいことではなかったです。


以下、2つの組合せについてオープニング~黒の月までの流れを書きました。

各項目の最後に、最終結果についての感想とスクショを載せています。


※前提として、友情攻略の方針やスタンスについては、それぞれの感想記事に書いたことを参考に進めています。よってこの記事内では、細かい攻略方法については省略しました。






リリアノ&モゼーラ



この2人の友情Aとヴァイル憎悪を並行するのはまだ楽でした。そもそも友情Aの攻略自体、ティントア&ルージョンの友情Aよりも比較的簡単だと思います。

リリアノは友情が上がりやすく、モゼーラも後半以降はどんどんと友情が上がるようになります。
したがって問題は、ヴァイル攻略にどの程度の時間を割けばいいか、あるいはどの程度割けるかという配分の程度でした。




オープニング

リリアノにもヴァイルにも王を目指すと宣言します。

リリアノには印友全振り、ヴァイルには印愛10&印友5を振っておきました。ヴァイルの初期ポイントの振り方にはいつも悩みます。




緑の月

モゼーラ

最初の中日に登場させました(知力10以上)。こちらも印友を全振り。
今月は【正しいことは】まで進めます。また、知力100以上を狙って重点的に高めていきました。


リリアノ

初期イベントは発生週が決まっているので、リリアノを最優先しつつ攻略をスタートします。
【陛下とお昼2】まで完了させるのが理想です。


ヴァイル

【剣の訓練】や【王様になったら】などの初期イベントを起こします。

【剣の訓練】では、はっきりと女性になりたいと答えておきました。
あ、ふーん、そうなんだ……的なヴァイルの反応が可愛い。




青の月

序盤の大事な時期です。まずは、

モ【ちょっとした外出】→中モ【直訴】→リ【外出の要請】→中モ【王の仕事】……①

という流れで重要イベントを片付けていきました。


【ちょっとした外出】は週指定(市なし=偶数週)イベントなので早めに起こしました。イベント内で「城の外に出たいんだけどなー」とこぼすと、モゼーラが張り切って【直訴】に踏み切ってくれます。

その後、リリアノから呼び出しを食らいます(【外出の要請】)。すると【王の仕事】が発生し、モゼーラにその後の経過を聞かれるので、再び焚きつけて直訴チャレンジしてもらいました。


①における好友アップのためのスタンスについて。

リリアノに対しては、自分の立場をわきまえ彼女の判断に理解を示します。

モゼーラに対しては、彼女の正義感を駆り立てられるように窮屈な現状を訴えます。彼女がリリアノに凹まされた後は、たぶん謝った方がいいかと思います。

4つのイベントを繋げていくには、主にモゼーラに対してうまいこと選択肢を選んでいく必要があります。

【ちょっとした外出】:城に閉じ込められるのヤダー
【直訴】:選択肢なし
【外出の要請】:(リリアノに)やっぱり城の外に出るのはよくないですよね
【王の仕事】:(モゼーラに)城の外に出してもらえない、応援頼む!

主人公の意見がコロコロしていて面白い。
建前上リリアノに同意しつつ、モゼーラに本音を言っている感じなのでしょうか。


モゼーラ

①のイベントの後、順当に進んでいればモゼーライベント6回以上かつ好感25以上になるかと思います。

ここで【かつていた王】を起こしました。【かつていた王】は、モゼーラが初めて四代ネセレを引き合いに出すイベントです。ここから本格的にモゼーラ友情ルートに入っていくことになります。

このイベントで好友を上げるには、返答に少しひねりを効かせる必要があります。
頼もしいことを言うと好愛が上がってしまうということだけ注意しておきましょう。


リリアノ

①の他は、【陛下とお昼4】まで進めておきます。
回を重ねるごとに主人公ウェルカム度が上がっていくリリアノさま可愛い。


ヴァイル

励みイベント(知力と交渉)を出し、【いざ尋常に】(知力)を起こします。
また、印象度が十分に高い状態で【偏食と礼節】を起こしました。

【いざ尋常に】にはわざと負け、好愛を上げます。主人公に勝つとちょっと嬉しそうにするところがヴァイルのかわいらしさだなーと思います。

【偏食と礼節】では、選択肢がいくつかありえます。青の月あたりでこのイベントを起こす場合は、「豆をもらう」が一番無難ではないでしょうか。




赤の月

モゼーラ

【取立て1】を挟んで好友を十分に上げた後で、【彼がいた証】を起こします。

先月に【かつていた王】を起こしていると、図書館にてネセレについて調べるという選択肢が発生します。
このときモゼーラが話しかけてくるので、正直に目的を明かします。
この時点でモゼーラの好友が20以上であれば、彼女はネセレの直筆本を見せてくれます。


リリアノ

お昼イベントでは、着々と釣り友になって【特別なお昼】まで終わらせます。

また、この月から王様修行に取りかかりました。
具体的には御前試合舞踏会です。交渉・魅力・礼節をこの時点までに鍛えておくと、わりあい高い評価をもらえます。


ヴァイル

励みイベント(信仰)のあと、【あんたにとって】や【ランテの晩餐】などが発生しました。

このあたりからは恋愛フェイズです。【あんたにとって】では「好きな人」と答え、【ランテの晩餐】には喜んで参加しました。


今月焦ったのは、ローニカ【差し出がましくも】が起こったときです。まだ日数は足りるかな、と思いスルーしました。




黄の月

重要イベントが目白押しです。

リリアノ&モゼーラ

リリアノの通常イベントをあらかた片付け、【訪問の用件】に突入します。また、モゼーラの正体を突き止め、彼女に協力する段階に入ります。

詳しい流れは二人の感想記事に書いたので割愛しますが、今月中盤から翌月序盤にかけて、

・リリアノからネセレ暗殺の告白を引き出す(【語られぬ王】)
→モゼーラに暴露(【四代の最期】)
・ネセレの直筆本を借りるために宝器庫に入れてもらう
→リリアノにモゼーラがネセレの実子だと暴露(【残された筆跡】)

ということをやりました。ザ・暴露祭り。

これにてリリアノ&モゼーラの攻略はほぼ完了し、あとはヴァイルの愛情攻略を残すのみです。


下の画像を見ていただけるとわかりますが、今月はヴァイルにかまっている余裕がありませんでした。

とりあえず舞踏会2回目に参加し、翌月に「王候補」になるレベルの評価を取れるように調整しました。




黒の月

序盤でリリモゼ攻略を仕上げた後、ヴァイルの愛情攻略を仕上げにかかりました。

軽く倒れて【お見舞い】を起こしてから、【衣裳選び】で真っ向から好愛を上げにいきます。
後者のイベントのヴァイルは、なんとも乙女な反応を見せてくれます。

翌週、【湖への誘い】が発生。【湖上の約束】で約束せず、その次の中日で告白
無事にヴァイルを憎悪モードに追い込むことができました。
【同じように】で最後のとどめを刺して、条件クリア。攻略完了です。

何回も同じ攻略をしているのでごくシステマチックにやっているものの、ふと我に返ると申し訳ない気持ちになりますね。



【同じように】は黒の月黄の週に起こったので、全体を振り返るとけっこうカツカツなスケジュールだったなと後で思いました。

とはいえまあこのペースならいけるだろうという感覚はあったので、さほど焦りませんでした。




エピローグの変化について



さて、どんな風に変化するんだろう……とワクワクしつつチェック。

しかしリリアノもモゼーラも、通常愛情エンド+ヴァイル憎悪監禁エンドの場合と同じメッセージ内容でした。つまり、

リリアノ:新王と不仲らしいという噂が流れる
モゼーラ:新王に逆らって罷免される


……という内容です。

共通友情エンドの場合、ヴァイルとリリアノ、ヴァイルとモゼーラ間のいさかいが同時に起きるようです。

大きく内容が変わるかもしれないと思っていたのでやや残念でした。監禁エンドではリリアノさまが面会に来てくれるので、その会話内容はどうかなーとちょっと期待していたのですが、やはり変わらず。

このコンビネーションの場合、モゼーラが城から追われてしまうことがことさら悔しいですね。

リリアノが城を退かねばならないので、モゼーラ一人で踏ん張るのは難しいのでしょうが、あの盛り上がる【最後の日】からのこの幕切れはなんとも口惜しかったです。


以下は、最終結果と攻略の全行程です。



かもかて リリモゼ共友+ヴ憎悪 結果


かもかて リリモゼ共友+ヴ憎悪 イベント







ティントア&ルージョン



「いけるいける大丈夫」と思っていたリリアノ&モゼーラ攻略と比較すると、こちらは最初から「絶対難しいだろうなあ」と及び腰でした。

単純にティントア&ルージョンの友情A攻略は込み入っているので、ヴァイル攻略に割けるリソースはあるのか名声を上げ切れるのかといった点が不安でした。

実際途中で失敗してやり直したんですよね。しかし、失敗の原因は上記の不安とはあまり関係がありませんでした。

意外なことに、「ルージョンにかまいすぎた」せいで失敗したのです。


ティントア&ルージョンの友情Aを目指す場合、ルージョンを優先して攻略するのはある意味定石と言ってもいいと思います。

①ティントアと和解させようとするとルージョンの好感度が下がりやすい
②ルージョンと和解させようとするとティントアの好感度は勝手に上がる


という2つが理由としては大きいです。

しかし「ルージョン最優先」というのはあくまで大まかな方針であって、「ルージョン優先/ティントアほどほど」が最適解なんだなーと今回実感しました。


失敗した周回では、ルージョンが登場した時点から彼女ばかりを攻略し、ティントアは放っておいたんですね。

するとどんどんルージョンの個人イベントは進むものの、非常に重要なイベントである【すれ違い】が発生しないという状況に陥ったのです。

早く起こらないかなーと待つ間に時間が過ぎ去り、どんどんと後半の月に起こるイベントが割り込むようになります。
黄の月あたりまでルージョンのイベントをこなしても【すれ違い】が起こらないので、結局は最初からやり直すことになりました。

失敗周回の間、頭の中をぐるぐるしていたのは、「くいしんぼゴリラのうた」です。まさにむいてもむいても……な気分で、しかも失敗してしまったところまで歌の通り。ちょっと苦笑しました。


失敗の理由は、ティントア攻略をいきなりストップさせたことルージョンのイベントに深入りしすぎたことだと思います。

ルージョンのイベントばかりを起こしていると、ティントアとの共通イベントが後回しになり、個人イベントが優先されてしまうようです。加えてヴァイルの攻略を並行させていたので、スケジュール管理に一生懸命になるあまり、問題への対応が後手になった節があります。

上記の半生を踏まえ、「ルージョン優先/ティントアほどほど」で再チャレンジしました。

するとわりあい早い段階で【すれ違い】が起こりました。本当にホッとしました。


攻略に際して注意したことが3つあります。

まず、信仰と魔力の両方を99以下にとどめることです。
これは、信仰が100以上になるとルージョンの好友にマイナス補正がかかり、魔力が100以上になると王条件を満たせないからです。

次に、ティントアの印象度>ルージョンの印象度をしばらくの間キープすること。
これは【すれ違い】のあとにティントアの中日イベント【二つの名前】を起こすためです。

最後に、知力・交渉・魔力を重点的に高めることです。これは、いくつかの和解イベントでの判定を成功させるためですね。


以下、各月ごとの攻略内容です。




オープニング

「王を目指す」と宣言し、ヴァイルに印愛10&印友5を振りました。




緑の月

ティントア

信仰を上げ、第一週の中日に登場させました。その後、第六週に【ティントア?】が起こるくらいの速めのペース(【ティントア?】含め休日イベント×5)で攻略しました。

ルージョン登場はどれだけ早くても青の月第一週になるっぽいですね。ユリリエと同じです。

今月のポイントは、週指定イベントの【主日礼拝】までに、武勇を25以上にしておくことでしょうか。
このイベントで判定が成功してティントアを助けることができると、好友がかなり上がります。


ヴァイル

【剣の訓練】と励みイベント×1のみ。今月はティントア優先です。




青の月

ルージョン登場。「ルージョン優先/ティントアほどほど」に注意します。

ティントア

【祈りと願いと】を発生させました。ラディカルな思想をもつリアリスト、ティントアの共感を得られる選択肢を選びます。思えば初見時、このイベントでのティントアの受け答えにびっくりしたものです。

また、好友が高まっていたので【一緒に訓練】を起こしてさらなる加点を狙いました。


ルージョン

【登場】のあと、【念押し】【出会った時は?】【居られる場所】などを起こしました。基本的には賢くふるまい、ルージョンに理解と協力の意を示します。

大事なイベントは、やはり中日イベントである【渦巻くその力】でしょうか。魔力を5以上にし、早めにこのイベントを見ておきます。

あとは【すれ違い】に備えてひたすらに魔力コマンドを実行しました。


ヴァイル

【王様になったら】と励みイベントを2つ見ておきます。

また、第六週には1回目の舞踏会に参加しました。
名声値を稼ぐというよりも、ローニカ【差し出がましくも】の回避が主要な目的です。




赤の月

今月のうちにいくつかの重要イベントを起こし、ティントアの諦め値を4から0まで減らしました。
【すれ違い】が起こるか否かが最大の山場でした。


ティントア&ルージョン

まず、【すれ違い】でルージョンを引っ張り出します。ティントアスルーからのルージョン発見でも引き合わせることはできますが、ルージョンの好感度の減少が著しいので、できれば魔力で片を付けたいところです。

次に、テ【二つの名前】を見ます。

そして、【託された書簡】→【差し出された手紙】→【心待ちの返事】で手紙のでっち上げを成功させました。

これで諦め値はゼロ。ティントアの好感度も十分に高まったので、特に【すれ違い】より後では「ルージョン最優先」モードに移行することにしました。


ヴァイル

【ずるずるからの逃走】と【いざ尋常に】(もちろん負ける)を見、2回目の舞踏会に出席しました。

今月は双子強化週間だったのでヴァイルの顔を見る機会は少なかったです。




黄の月

ティントアにはまったくタッチせず、ルージョンの好友を仕上げにかかりました。

屋上イベント×1、中庭イベント×1、【彷徨う姿】→【魔術の痕跡】で目的は達成できました。


今月の主眼は、どちらかというとヴァイルの愛情攻略だったかもしれません。

リリアノとユリリエによるカットインが入ったため、間に合うかな? とちょっと不安になったんですよね。まだ愛情系イベントに入っていなかったので、市に行ってプレゼントを利用したりもしました。

今月中に【あんたにとって】がすんなりと起こって安心しました。

また、舞踏会3回目に出席。この時点で王になるのに必要な名声値を満たしました。




黒の月

第一週に双子の和解イベント(【もうひとりへの想い】→【あの雨の日】)を終えた後は、ヴァイル攻略に注力しました。

第二週に【本当にほしいもの】を見た翌週、湖上イベントが発生してホッとしました。

第四週までに憎悪の仕上げ(【告白】→【同じように】でひっぱたく)も含めてヴァイル攻略は終了したので、あとは粛々と【最後の日】を待つのみでした。



黒の月まで終えてみれば、意外にも全体の攻略はリリアノ&モゼーラのときよりも早く終わりました。

常にのるかそるか的な緊張感があったのに、不思議な話です。




エピローグの変化について



ワクワクしつつ待っていたところ、ルージョンのエピローグが明らかに変化していておおっと思いました。


ティントアが主人公の為に王城の神殿に残ってヴァイルと対立するのは、通常バージョンと同じです。

そしてティントアと和解したルージョンは、兄と協力して囚われた主人公の救出に手を尽くしたそうです。

あの双子が晴れてタッグを組むというのは胸が熱くなる展開ですね。なんだってできちゃいそう。
とはいえ「救出できた」と明言されていないことが気がかりではあります。そこも含め、プレイヤーの想像におまかせということなのでしょうか。

通常のルージョンエンドの場合、主人公は【移譲の儀】を待たずに城を抜けてしまうんですよね。だから【玉座を巡る決闘】は起こらず、主人公がヴァイルに監禁されることもありません。

そう思うとこのルージョンのエピローグの変化は貴重なものだと思います。


以下は、最終結果と攻略の全行程です。



かもかて ティンルー共友+ヴ憎悪 結果


かもかて ティンルー共友+ヴ憎悪 イベント




*****


ざーっと流れにそって攻略内容を書くだけの記事になってしまいました。今回は番外編ということでご容赦ください。本当はもっと早く(去年のうちに)あげようと思っていたのですが、結局ずるずると延びてしまいました。


かもかては色々な楽しみ方をさせてくれるゲームだなあ、と改めて思いました(何回思うねんって感じですが)。
発想次第でなんでもできますよね。手当たり次第に粉をかけたり、完璧超人を目指したり、どれだけ多くのキャラを死に追いやれるか試したり。

プレイヤーが好きに遊べるのは、作品世界がしっかりと構築されているからだと思います。
自由度の高さに感じ入れるのは、自由に遊びたいと思わせてくれるだけの世界あってこそ……というか。

また、この監禁エンドでのエピローグ変化は特にそうですが、プレイヤーの様々な思考錯誤に対し細やかなレスポンスが用意されているところもかもかての魅力だと思います。


また何か目標を立てて攻略し、関連記事を上げるかもしれません。

トッズの感想記事ですが、まだはっきりとは目途が立っていません。必ず上げようとは思っているので、少しお待ちいただけると幸いです。


※追記:トッズの感想記事も上げました。『冠を持つ神の手』 トッズ 感想 攻略 その12


*****


以下は拍手コメントへの返信です。 (2018/07/21)


> 梨園さん

はじめまして、コメントありがとうございます! 返信が遅くなって申し訳ありません。記事を読んでいただけてとても嬉しいです。

> 特にルージョンの記事にあるルラントとセッカナ~

梨園さんのご感想に心から同意です。かもかては緻密に作り込まれている一方でプレイヤーの想像のための余白が用意されているので、考察するのがすごく楽しいですよね。
魔術師周辺の話題は、本当にミステリアスで想像のしがいがあると思います。ルージョンの感想記事にも同じことを書きましたが、魔術師はその存在自体がかもかて世界の秘密とリンクしていそうなので尚更です。
記事を書いた後でセッカナの身分に関する記載を見つけたりもしたので、機会があれば情報を追加・修正したいなーと考えています。

> 攻略についてですが~

教えてくださってありがとうございます。占いナシでもいけるんですね。時間のとれるときにぜひ再挑戦してみようと思います。

そして、ヴァイルじわ憎でも攻略を並行できるというお話にびっくりしました。すごいですね。
実は、細部を詰める系の攻略はそれほど得意ではないんです。細かく計算してやり込まれている方と比べると恥ずかしくなるレベルです。でも今回こうして教えていただいたので、いずれチャレンジしてみたいと思います。参考になるお話をありがとうございました。

>あとモゼーラさんは~

たしかにおっしゃる通りですね。モゼーラさんの粘り強さとバイタリティーをつい失念していました。
モゼーラが市井から、リリアノが王城からそれぞれ働きかけてくれれば、主人公の行く末は通常の監禁エンドよりもぐっと良くなりそうですよね。最終的にはヴァイルとの根競べになりそうです。

こうして考えると、リリアノ&モゼーラにしてもティントア&ルージョンにしても、主人公救出のプロセスを想像するのが楽しい組合せですね。
4人とも拠って立つものが個性的なので、アプローチから救出できるか否かというところまで、非常に見ごたえのあるドラマが生まれそうだなと思います。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply