『月の扉』 19世紀英国が舞台のゴシックホラーADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

かーめるん

ミステリ風味のホラーADV、『月の扉』の感想や考察、攻略記事です。

制作者はソラトビサカナ様。制作者様のサイトはこちらです。 → MINARAI SUIFU

月の扉 スクショ タイトル画面

若き花嫁ジェインが、嫁ぎ先である奇妙な屋敷の謎を探るお話です。
タイトル名は、作中でジェインが出入りする月の装飾が施された扉を指します。エンディングは合計6つです。

「月の扉」というミステリアスなタイトルと、19世紀の英国という舞台設定にまず心惹かれました。

資産家と望まぬ結婚をした美しい女性が、奇妙な屋敷に閉じ込められて夜な夜な謎を探る。なんともゴシックホラーっぽいシチュエーションで興味をそそられます。

ストーリー展開は淡々としていますが、ゲームで明かされない範囲も含めて設定が作り込まれている作品でした。前日譚後日譚も存在します(制作者様のサイトで読むことができます)。クリア後にそれらのお話を読めば、少し違った角度からゲームのエンディングを眺められること請け合いです。

ソラトビサカナ様の他の作品についても感想記事を書いています。

『FOTOGRAFIA』(フォトグラフィア) スクショ タイトル画面

『FOTOGRAFIA』(フォトグラフィア) 感想 ※ネタバレ注意

死期を悟った少年が異郷の惑星を訪れるノベルゲーム、『FOTOGRAFIA』(フォトグラフィア)の感想、考察記事です。制作者はソラトビサカナ様。制作者様のHPはこちらです。 → MINARAI SUIFU 選択肢なし、一本道のノベルゲームです。約2時間半で読み終えました。タイトルの「FOTOGRAFIA」は、イタリア語で「写真」を意味します(タイトル画面でもそうですが、本来はFOTOGRAF“Í”Aのようです)。主人公は16歳のテレパスの少年です。SF要素...

以下はストーリーとエンディングのネタバレを含む感想です。攻略情報を含みます。未見の方はご注意ください。

「作品全体の感想」内の「ADV面についての雑感」では、トゥルーエンドのヒントとなる攻略情報に言及しています。ストーリーに関するネタバレ要素は薄いです。

「『月の扉』と後日譚」は、公式サイトの関連小説についての感想です。内容に関する具体的なネタバレはありませんが、どういう雰囲気の話だったのかはわかるような書き方をしています。未見の方はご注意ください。

あらすじ

最初に、『月の扉』のあらすじを書きます。

主人公ジェインは、実家が破産したために顔も知らない資産家の男に嫁ぐことになりました。沈んだ気持ちで嫁ぎ先にやってきたジェインは、使用人のミセス・ホールに先導されてとある部屋に通されます。

そこには一枚の男性の肖像画がありました。なんとミセス・ホールは、「その肖像画こそがジェインの夫だ」と言うのです。

思わず耳を疑うジェインに、彼女は屋敷における2つのルールを教えます。すなわち、けして部屋から外に出ないこと、そして毎日出されるお茶を飲むこと。ミセス・ホールはそれ以上の詳しい説明はせず、退出して外から部屋に鍵をかけてしまいます。

月の扉 スクショ 肖像の夫

あまりにも異常な状況に際して打ちひしがれるジェイン。しかし夜も更けた頃、部屋の外からメイドの声が響き、扉の鍵が開く音が聞こえてきます。

"・・・ジェイン様・・・お可哀想に。ここから出して差し上げますわ・・・。"

ジェインはなぜ閉じ込められてしまったのか?
使用人たちの思惑とは?
そして彼女を娶った肖像画の夫の正体とは?

屋敷の謎ジェイン自身の秘密にどれだけ迫れるかによって、物語は6つのエンディングに分岐します。

作品全体の感想

ミステリアスな導入にまずプレイ欲をそそられました。

どうして肖像画が夫なのか。なぜ部屋から出てはいけないのか。毎日必ずお茶を飲まねばならない理由は何か。夜ごと扉を開けるのは誰なのか。謎ばかりの状態からゲームはスタートし、エンディングを迎えるごとにヒントが提示されていきます。

すべての謎が解けるのは、もっともクリアが難しいトゥルーエンドを迎えたときです。謎めいた様々なオブジェクトやバッドエンドの意味がきれいに明らかになります。

情報の開示の仕方が堅実であり、たとえ真相についてある程度察することができても、完全な答えを求めて最後までプレイを続けてしまいました。面白い作品だと思います。

物語は淡々と進み、大げさな脅かし要素はありません。しかしそのことが逆に、屋敷の異常性やジェインの不安感を際立たせていた印象です。ストーリー全体の質実として落ち着いた空気感や、トゥルーエンドの幸福で爽やかな余韻が個人的には好きでした。

ADV面についての雑感

選択肢を重ねてストーリーを進行させる形式のADVです。色々な場所を訪れてイベントを起こし分岐を重ねるゲームが好きなので、『月の扉』のシステムも遊んでいて楽しかったです。

ただ、攻略(特にトゥルーエンドを目指す上で)の難易度が高いゲームだと感じました。理由は以下の通りです。

  • 選択肢が多い
  • (トゥルーエンドを狙う際の)正しい行動に関するヒントが少ない
  • 最大のヒントとされる詩の解釈が難しい
  • 2日目(実質初日)の段階でトゥルーエンドへの分岐が決まる

①「選択肢の多さ」についてですが、『月の扉』は1日単位で区切りのあるゲームです。

2日目から探索が始まり、2日目の夜には終了します。実質的な活動期間は8日間であり、特定の日に特定の部屋で特定のイベントが発生する仕組みになっています。

「○日目に××の部屋に行くとイベント発生」という形式については、何回か周回すれば覚えられる&メモを取ればいいので気にはならなかったです。しかし、1日に突きつけられる選択肢の量が多すぎる気はしました。

トゥルーエンド攻略の難しさは、1日ごとに正しい行動を完璧に選ばなければならない点にあります。加えてそれらを間違えずに繋げていかなければいけません。

この事実と、「1日に直面する選択の量が多い」ことをかけ合わせると、試行する上での難易度はぐんと上昇します。端的に言って大変です。

たとえば、1日の中の大きな選択肢は「お茶を飲むor飲まない」「部屋から出るor出ない」の2つです。この2つの選択肢の組合せは、①飲む&出る、②飲まない&出る、③飲む&出ない、④飲まない&出ないの4通りになります。

1日だけの試行ならともかく、これらを何日も適切に繋げなければならないと考えると正直尻込みします。トゥルーエンドを目指す上では、「お茶を飲むor飲まない」を適当なタイミングでスイッチする必要があるので尚更です(タイミングのヒント自体は分かりやすいものの、切り替えた後に合ってますよサインが無いので不安になったり)。

選択肢を1つ漏らしただけでも、トゥルーエンドを狙っている場合はアウトです。だから心情として、一定攻略を頼らざるを得ない部分がありました。

②「ヒントの少なさ」③「詩の解釈の難しさ」についてはまとめて書きます。

トゥルーエンドを目指す上で最大のヒントとなるのは、1日の始まりに提示される詩です。この詩に注目して行動することでトゥルーエンドへのフラグが立ちます。しかし、肝心の詩の解釈がかなり難解です。

たとえば、詩の中で重要なのは、「自分の子供」に関する部分です。「自分の子供」についての詩が提示される日には、その詩に沿って行動することが求められます。

ただし問題は、「自分の子供に注目しなさい」というヒントが見当たらないことです。

もっと言うと、普通にプレイしていても「子供」の影は見えません。ジェインと「子供」の繋がり、あるいは「子供」がキーパーソンであることは、単純に10日間をプレイし5つのバッドエンドに到達するだけではわかりません(見落としていたらすみません)。

では、「子供」に関する表現が登場するのはどのタイミングなのか。それは、トゥルーエンドルートに入った直後です。「子供」らしきものの声が聞こえてくるのは、トゥルーエンドルートに分岐する選択肢を正しく選んだ後のことです。というより、トゥルーエンドルートに入らないと、「子供」はゲーム中に現れません。

「ジェインと子供には関係がある」「子供は重要人物」といったヒントは、できれば他のルート中、もしくはバッドエンドで匂わせてほしかったです。そうでないと、「詩の中の子供に関するパートが重要なのかな?」と発想しにくいのではないでしょうか。

「子供」が出てきた=今までと展開が違う→トゥルーエンドルートであることをプレイヤーに示すといった意図があるのだろうとは思います。

しかし、トゥルーエンドルートに入るための重要なヒントが実際に該当ルートに入らないと出てこないのは、構成としてやや矛盾しているような気がします。

また「自分の子供」という部分を脇に置いても、詩の解釈はなお難しいです。「百合のような白い服」→「百合」→「温室の百合」あたりはパッと連想できたのですが、ヒントとしての解釈が恣意的じゃないかなと感じる部分が多かったです。

これはたぶん、展開に合わせてヒントとしての詩を作ったわけではなく、既存の詩を分割して1日ごとのヒントに当てているからだと思います。攻略で見ると「ああなるほど」と思うのですが、実際に自分1人でこういう風に解釈できるかと問われれば、相当難しいと言わざるを得なかったです。

最後に、④「序盤でトゥルーエンドルートに分岐」に関してですが、初日周辺のフラグ立てがやや難しいと思いました。

簡単に言うと、2日目に「お茶を飲まない」かつ「部屋から出ない」ことが必要になります。加えて翌日、翌々日も同じことをする必要があります。

しかし、屋敷のルールとして申し渡されるのは、「お茶を飲む」かつ「部屋から出ない」の2つです。

両方とも破るor両方とも守るならまだしも、「一方を破ってもう一方を守ることが正解」とはなかなか発想しにくいのではないかと思いました。部屋に留まる留まらないについて、もう少しわかりやすいヒントが欲しかったところです。

また上でも書いたように、選択場面の多さが2~4日目のフラグ立てを難しくしているところもあると思います。

その他気になったこと

周回前提の作品なので、それを踏まえて書きます。

気になったのは、文字送りのウェイトの長さでした。場面転換ごとに、あるいは人物の立ち絵が現れる前に長いウェイトが入るので、スキップ機能があってもサクサクとはプレイできなかった印象です。

また、1日ごとの詩と日数表示の演出もかなり長いように感じました。両方とも表示速度がゆっくりで、1日の区切りの演出に10秒近くかかるときもあります。

日数はもちろん詩についても周回していれば覚えられるものなので、この演出についてもスキップできればいいのになと思いました。

エンディングと攻略

エンディングは6つ存在します。そのうち、01~05の5つがバッドエンド、エンディング06がトゥルーエンドです。5つのバッドエンド、以下の3つのカテゴリに分類可能です。

  • エンディング01、02:フレッドと深く関わった場合のバッドエンド
  • エンディング03、04:特別なフラグを立てなかった場合のノーマルバッドエンド
  • エンディング05:トゥルーエンドに肉薄したバッドエンド

先にも述べましたが、難易度は低いとは言えません。特に、トゥルーエンドに至るには複雑な分岐が必要とされます。おそらく公式サイトの攻略を見ない限りクリアは難しいのではないでしょうか。

この項目では、ざっくりとした攻略込みの感想を書きます。

ただし、エンディング06(トゥルーエンド)の攻略についてはほとんど触れません。制作者様のサイトに詳しいヒントと手順が記載されているので、そちらをご参照ください。以下、ネタバレにご注意ください。

エンディング01 違う人

バッドエンドその1。大広間に佇む謎の青年、フレッドと駆け落ちするエンディングです。

まず、5日目に大広間でフレッドに会いましょう。大広間は部屋を出て右へ右へと進んだところにあります。この日は謎のメイドの誘導も入るので、大広間にはたどり着きやすいと思います。

さて、この日にフレッドは、「お茶を飲むな」とアドバイスしてきます。これに従い、6日目はお茶を飲まないようにしましょう。そして夜になったらまたフレッドに会いに行きます。
ちなみに、6日目にお茶を飲んでから会いに行くと、エンディング02のフラグが立ちます(フレッドが怒る)。注意しましょう。

7日目もフレッドに会うと駆け落ちを提案されるので、これを承諾します。ちなみに断ると、やはりエンディング02のフラグが立ちます(フレッドが怒る)。

最後に、8日目に大広間に向かいます。駆け落ちが始まってエンディング到達です。

最初に見たエンディングでした。フレッドに激しい違和感を抱くジェインのモノローグを見て、失敗したなーとようやく気づきました。 初見でお茶を怪しいと感じていたので、「お茶を飲むなとアドバイスするフレッド=悪い人ではない」と考えていたんですよね。まんまと見た目の良さに騙されました。

真相を考えると、フレッドが大広間から出られたのがちょっと驚きです。このあと2人はあてもなくさまよい続けることになるのでしょうか。

エンディング02 水滴

バッドエンドその2。大広間に行くとフレッドが……というエンディングです。おそらくゲーム中屈指のショッキングな表現が含まれる結末だと思います。

まずは、5日目にフレッドに会いに行きます。そして、7日目にフレッドの駆け落ち提案を断るか、6日目にお茶を飲んでから大広間に行くかしましょう。フレッドを怒らせ、その翌日に大広間を訪ねるとこのエンドです。

真相を思うに、最もジェニイのトラウマスイッチを押す結末だろうなと思います。

意識を失ってエンド到達となることに最初は拍子抜けしたのですが、トゥルーエンドを見た後は、「たしかにこれは目撃した時点で行動不能になるだろうな」と納得しました。

エンディング03 5年後

バッドエンドその3。特にフラグを立てずに10日目の朝を迎えましょう。

ミセス・ホールの顔がスーザンに変化するシーンはじわじわとくる系のホラーでした。10日間経ったと思いきや5年経過していて、ジェインと一緒にびっくりです。ラストのスーザンの台詞は、ジェインの現状のヒントになり得るものだと思います。

エンディング04 バンシー

バッドエンドその4。

特にフラグを立てずに9日目の夜を迎えます。部屋を出て左へ進み、温室まで到達。すると、ジェインが狂気に駆られて屋敷から脱走します。

注意点として、トゥルーエンドルートに入っていて温室の自殺死体を見ている場合、このエンドには到達できません。その場合、温室に死体がないことに安心し、ジェインが自室に戻ってしまいます(その後、エンディング03に到達)。

月が綺麗なホラーエンドでした。いきなりジェインが霊体になっていることに驚きましたが、これも真相を知ると納得の一言です。

エンディング05 呼吸

バッドエンドその5。先述したように、トゥルーエンドからうまく外れるとこのエンドとなります。

基本はトゥルーエンドの攻略通りの手順を踏みます。その上で、「4日目にメイド2人の会話を聞かない」ようにします(この日の2人の会話は、赤ちゃんについてのものです)。

  • 8日目にメグの後を追ったときの展開が「トゥルーエンドルートに同じ」
  • 9日目にバルコニーに出たときの展開が「トゥルーエンドルートと異なる」

上記を満たせば、エンディング05へのフラグはきっちり立っています。

実を言うと一番最後にクリアしました。どういう風に攻略すればいいのかさっぱりわからなかったんですよね。けっこう難しいエンディングだと思います。

あれこれ試行錯誤して諦めかけていたのですが、公式サイトのBBSを覗かせてもらったときにヒントを発見しました。
すなわち、「鏡に映らなくなっていることを確認しない」「メイドの自殺死体を見ない」「赤ちゃんについてのメイドの会話を聞かない」のいずれかを満たすとエンディング05になる、と。

そこで3つすべてを試し、最終的に一番最後の条件でヒットしました。嬉しかったです(上記のイベントはそれぞれ7日目、6日目、4日目に起こるので、分岐がゴールに近い順から試していきました)。

内容的にもあと一歩及ばずという雰囲気のエンドでした。何気にジェインの肉体が危険に晒される(おそらく命を落とす)エンドはこのエンディング05だけかもしれません。

エンディング06

トゥルー(ハッピー)エンドです。攻略やエンド名については伏せました。

トゥルーエンドをクリアするにあたっては、公式サイトの攻略を参照させていただきました。悔しいことに、1日区切りバージョンまで見ないと自力ではたどり着けなかったです。

肖像画の夫、女中たちの不可解な態度、メイドの声、フレッドの正体、謎の少女メグ、そして「月の扉」。このエンドではすべての謎が明かされます。

プレイヤーとしてはスッキリしました。ジェインの幸せが取り戻されて良かったです。閉塞感のある屋敷から一転、青空の下で口ずさまれるピパの歌に少なからず感動しました。とてもいい詩です。

ところで、トゥルーエンドで気になった点があります。それは、トゥルーエンドの立役者とも言えるメグの存在感が薄いことです。

トゥルーエンドルートでは、最初にジェインを「月の扉」から外に導くのはメグです(巧い構成だと思います)。エンディング05への分岐条件を見ても、メグの存在はトゥルーエンドに不可欠のようです。

だから、締めの部分でメグの扱いが控えめである(というより、ジェインが夫との語らいに終始し、そこまでメグに注目していない)ことがやや引っかかっていました。

「母親なのだからもっと娘を気にするべき」とか「ジェインのメグへの愛情が足りない」とか、けしてそういうことを言いたいわけではありません。ただ単純に、ルート中でメグが見せた母への強い思慕に対し、エンディングのジェインは同じ熱量で応えていないような気がしました。

母娘の気持ちに微妙なアンバランスさを感じたとでも言えばいいのでしょうか。

当初は「夫との和解に重点を置いたからメグの描写は少なめだったんだろうな」と考えました。しかし、公式サイトに掲載されている後日譚を読むと、トゥルーエンドで感じたわずかな違和感納得に変化しました。

もちろん制作者様がどこまで意図されたかはわかりません。しかしあらためて、『月の扉』のストーリーはよく練られているなと思いました。

『月の扉』と後日譚

公式サイトの【読み物】には、『月の扉』の前日譚後日譚となる、4つのお話が掲載されています。

以下、後日譚についてのネタバレを含む雑感です。内容についての具体的な言及は避けました。しかし、どういう雰囲気の話だったのかは感じ取れる書き方になっています。未見の方はご注意ください。

「風の声」「終焉」を読み終えて、「ああ……」と思いました。なるほどと納得しつつも、やるせないような悲しいようななんとも言えない気持ちになりました。でも正直なところ、こういう後日譚って好きです。

本編のトゥルーエンドでは、損なわれた愛の復活が果たされました。失われた幸福も蘇りました。でも、一度壊れたものすべてが完全に元通りになることはないんですよね。もの悲しいですが現実味のある話だと思います。

作中でメグがジェインを見つめる眼差しは、健気なだけではなくどこか不安げだなと個人的に感じていました。後日譚を知ると、メグは母に対していつもある種の予感を抱いていたのかもしれない……と思ってしまいます。

上の方で、「メグとジェインの気持ちに微妙なアンバランスさを感じる」と述べました。「風の声」と「終焉」を読んで、私個人としてはその違和感に理由を見出せた気がしました。

ジェインは作中で「月の扉」を用いますが、ジェイン自身のモチーフは月ではなくらしいです(ex. ジェインの部屋には花の扉、ハワードの部屋には太陽の扉)。

では、月に擬されるのは誰かと言えば、他ならないメグなのでしょう。トロンプ・ルイユの月の扉を使えたのは、ジェインの他にはメグだけです。また、彼女と同じ名前を持つマーガレットは、月の女神アルテミスに捧げられる花だそうです。

母とは異なり月に例えられるような女性になったメグは、今後どのような人生を歩むのか。「終焉」のその後を思うと想像が膨らみました。

*****

詩には詳しくないので、トゥルーエンドクリア後のおまけは読んでいて勉強になりました。『ピパの歌』は英語の原文、日本語の訳文ともに良い響きですね。なんというか声に出して読みたくなります。

また、エンディングコンプ後に解放される「日記」も読みごたえがありました。彼女の言動と目的についてはプレイ中もずっと気になっていたので、そういうことだったのかと腑に落ちました。

トゥルーエンドをクリアして喜び、前日譚と後日譚を読んだ後でしみじみと感じ入り……と異なる感慨をいくつも得られる作品だったと思います。面白かったです。

ソラトビサカナ様の他の作品についても感想記事を書いています。

関連記事:『FOTOGRAFIA』(フォトグラフィア) 感想 ※ネタバレ注意(死期の迫った少年が、父の記憶を求めて異郷の惑星を訪れるSFノベルゲーム)

また、「謎の多い導入」「人の精神の複雑さ」「19世紀の英国」といった要素を持つ作品について、以下の感想記事を書いています。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply