『Ulitsa Dimitrova』 ストリートチルドレンを操作するアドベンチャーゲーム 感想

かーめるん

ロシアのストリートチルドレンを題材にした短編ADV、『Ulitsa Dimitrova』の感想記事です。

制作者はLea Schönfelder&Gerard Delmas様。作品の公式サイトはこちらです。 → Ulitsa Dimitrova

Ulitsa Dimitrova スクショ タイトル画面

『Ulitsa Dimitrova』の主人公は、7歳のストリートチルドレンです。プレイヤーはいつでもゲームを終わらせることができます。

2010年にいくつかの賞を受賞したゲームです。タイトル名の"Ulitsa Dimitrova"は、「ウーリツァ・ジミトロヴァ」というサンクトペテルブルクに実在する通りの名前です。社会風刺的な、アンハッピーな作品でした。

以下はネタバレを含む感想です。記事を書くにあたって、GAMASUTRAInterview: Ulitsa Dimitrova And The Street Children of St. Petersburg(制作者様へのインタビュー)を参考にさせていただきました。

あらすじ

『Ulitsa Dimitrova』の公式サイトのあらすじを以下に引用します。

"You are Pjotr, a homeless child in St. Petersburg, Russia. Smoke, snitch and visit your mom, the prostitute! For if you stop doing it, things get even worse..."

あなたはピョートル、ロシアのサンクトペテルブルクにいるホームレスの男の子だ。タバコを吸い、盗みをして、娼婦のお母さんに会いに行こう! というのも、もしあなたがそうするのをやめたら、状況はもっと悪くなるだろうから……

『Ulitsa Dimitrova』でできること

『Ulitsa Dimitrova』は、ひたすらぐるぐるとストリートをループするゲームです。

主人公ピョートル(7歳)は重度のチェインスモーカーであり、常にタバコを求めています。プレイヤーは彼を操作し、様々な場所でタバコを手に入れ、喫煙することができます。

通りにたたずむ人たち

以下、主人公と通りにたたずむ登場人物の動きや反応について簡単に説明します。

ピョートル:主人公。ゴミ箱から登場。クリックするとコートの内側のコレクションを見せてくれる。窓をクリックするとバーボンやシンナー、車(メルセデス・ベンツ)をクリックするとボンネットマスコット(スリーポインテッド・スター)をゲットできる。

娼婦:ピョートルの母親。バーボンを持った状態でクリックすると、紙幣と交換してくれる。バーボンを持たずにクリックすると、バーボンを持ってくるように示し、やってきた客についてどこかへ去っていく。

スニッファー:常にシンナーを吸っている。シンナーを持った状態でクリックすると、タバコと交換してくれる。

神父:強面。伝統的な僧衣を着用。ボンネットマスコットを持った状態でクリックすると、タバコと交換してくれる。

店の老婆:紙幣を渡すとタバコを買うことができる。

女の子:身なりが良い。クリックするとキスできる。タバコをあげようとすると母親がやってきて、怒った様子で女の子を連れていく。

通行人:しかめ面。クリックすると物乞いができ、紙幣を一枚恵んでくれる。

『Ulitsa Dimitrova』でできないこと

プレイヤーはピョートルを操作し、次々と反社会的なアクションを行うことができます。

しかし、このゲームにクリア条件は存在しません。どれだけタバコを吸っても何も変化しません。ゲームが明確に終了するのは、プレイヤーが操作をやめたときだけです。

プレイヤーが操作をやめるとピョートルは寒さに震え始めます。そしてその場にうずくまり、横たわり、やがては凍死してしまうのです。

Ulitsa Dimitrova スクショ エンディング

舞台は極寒の地ロシアの雪降る街角です。動きを止めることは死に直結します。寒さで息絶えたピョートルの上に、しんしんと雪が降り積もってエンドです。

『Ulitsa Dimitrova』では、プレイヤーはハッピーエンドを迎えることができません。

制作の経緯、作品の感想

※以下の内容は、上記のインタビュー記事を参考にしています。

7歳にしてチェインスモーカーの主人公、アルコール中毒の母親(娼婦)、メルセデス・ベンツのボンネットマスコットと交換にタバコをくれる聖職者……と一見するだけでも社会風刺的な色合いの強いゲームでした。

とはいえ、制作者であるSchönfelderさん的には、それほど強い社会的な主張を込めたつもりはないらしいです。

このゲームのプレイヤーに対して望むのは、「嫌な気分になること」や「不幸せな気分になること」。映画ではなくPCゲームを表現の媒体として選んだのは、プレイヤーを物語に参加させる必要があったからだそうです。つまり、ピョートルになってプレイしてもらうことで、ピョートルの運命にショックを受け、エンディングでアンハッピーな気分になってほしかったからだ、と。

一方で、ピョートルたち登場人物のユーモラスな反応に笑っちゃってもかまわない、と寛容な感じでもあります。

Ulitsa Dimitrova スクショ ユーモラスなピョートル

『Ulitsa Dimitrova』は上に書いたように社会批判的な趣きが強いですが、たしかに主人公たちの細やかなリアクションや表情はどことなく笑いを誘うんですよね。もちろんエンディングにはやるせない気分になったものの、イラストレーション作品として魅力的だと思いました。

Schönfelderさんは昔実際にサンクトペテルブルクを訪れたそうです。そのときストリートチルドレンたちの状況を見聞きしインスピレーションを受け、それがゲーム制作に繋がったという話でした。

ロシアの街には一般にストリートチルドレンがたくさんいる、サンクトペテルブルクだけでざっと30000人はいるだろう、彼らの多くは経済的な理由から家族に捨てられ、使用禁止の建物や下水道に住んでいる……とインタビュー記事の中で言及されています。

*****

上記のインタビューの中に、「街を描き出す青色を見つけるのにかなりの時間を費やした」というくだりがあります。ロシアという北の地と、Schönfelderさんが育った南の地とでは、光の見え方がかなり異なることが印象に残ったそうです。

たしかに、ゲーム世界を象る青色は、白色とマッチして冷えた空気や淋しげな印象をつくり出しています。ピョートルたちの行動がそこまで悪趣味に見えないのは、コミカルなモーションと色の与える印象のせいかもしれません。

短時間でプレイできるので、実際に自分でプレイしてみてほしい作品です。

厳しい状況に置かれた子供たちをテーマにした作品について、いくつか感想記事を書いています。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply