『霧と太陽の王』 深い霧に包まれた城をめぐる探索ADV 感想 ※ネタバレ注意

かーめるん

探索アドベンチャーゲーム、『霧と太陽の王』の感想、考察記事です。ネタバレ(軽い攻略情報など)を含みます。

制作者はゆきはな様。制作者様のサイトはこちらです。 → Paper Moon

霧と太陽の王 スクショ タイトル画面

黒い羽を持つ「異形の王」金髪の少女が、朽ちた城を探索するゲームです。
エンディングは4種類、全エンド回収までの所要時間は2時間と少しでした。

モノクロのイラストレーションに惹かれてプレイしました。そして、めくるめく白黒の世界に圧倒されました。プレイしていて、霧に満たされた空気を感じ取れるような心地すらしました。まさに「幻想」的な、ほの暗いファンタジー世界を堪能できる作品だと思います。

舞台は主に古色蒼然とした城の中です。個人的に古い遺跡を探索するようなゲーム(最近だと『人喰いの大鷲トリコ』とか)が好きなので、この作品に漂う雰囲気もかなり好みでした。

以下は、ストーリーやエンディングのネタバレを含む感想と考察です。軽い攻略情報も含まれます。未見の方はご注意ください。

「各エンディング感想」では、4つのエンディングについての感想を書きました。軽い攻略情報と内容のネタバレが含まれます。未見の方はご注意ください。

「おまけシナリオについて」では、主におまけ部屋で閲覧できる2つのストーリーに触れています。具体的な内容についての言及はなるべく避け、読んで感じたことを書きました。とはいえ、軽いネタバレ情報は含まれるのでご注意ください。

あらすじ

最初に、『霧と太陽の王』のあらすじを書きます。

はるか昔、人々は太陽の神を信仰し、その恩恵を受けていました。人々の信仰を支え導いたのは、「太陽の女神」と呼ばれる存在でした。

霧と太陽の王 スクショ 神話

しかしある理由から、太陽と太陽の女神は失われてしまいます。太陽の消えた国を跋扈し始めたのは、霧の一族と呼ばれる異形の者たちでした。異形たちに抗えず、人々は泣く泣く国を捨てざるを得ませんでした。

かくして月日は流れ、深い霧に包まれた王城には、「異形の王」が住まうようになったのです。

太陽が失われてから五百年が経とうとしているある日、「王」は久々に目覚めました。

彼は朽ちた城の中で、倒れ伏す金髪の少女を見つけます。話すことのできない彼女に、王は「ルシャナ」という仮の名を付けます。

霧と太陽の王 スクショ ルシャナ

王はルシャナを外の世界に帰すべく、王城の中を巡り、異形たちと語らいます。

王の過去とは?
「異形の王」と呼ばれながら、王になることを拒む彼の真意とは?
そしてルシャナの正体とは?

王とルシャナの選択により、エンディングは4通りに分岐します。

作品全体の感想

『霧と太陽の王』は、探索アドベンチャーゲームです。舞台は古城であり、城の外に出ることを目指してキャラを動かすことになります。

探索部分についての感想を書くと、調べるポイントが豊富でメッセージが細やかでした。ストーリーの進行に応じ、NPCの会話内容が変化するのも丁寧だと思います。

ただ、中盤(料理番→司書→時計番)まではおつかいを繰り返すだけなので、やや単調に感じました。1Fに下りてからはストーリーにかなりの動きがあり、エンディングまで集中してプレイできました。

ストーリー雑感

視点人物はルシャナの2人です。

ストーリーを概観すると、出会い→2人で行動→分断される→物語の核心に接近→合流→城の外へ(エンディング)……という流れになっています。全体的に物語は淡々とは進みます。イラストのタッチも相まって、いい意味で「おとぎ話のような作品」という印象を受けました。

本編のミステリー要素として挙げられるのは、以下の3点です。

  • 異形であり王と呼ばれながら、「異形たちの王」にはならないと断言する王の真意と過去
  • 王の回想の意味
  • ルシャナが城に来た理由

城の住人である異形たちの言葉は、ミスリードを誘う含みのあるものです。プレイしながらその裏の意味を予想したりするのも楽しかったです(たとえば、ルシャナ=王妃と関わりのある人物なのかなと最初は思いました。城の住人は人間のルシャナに否定的で、かつ王妃と呼ばれる存在に非常に冷淡な態度だったので)。

ところで、この作品の根幹には、輪廻転生の思想があります(前世という概念が主要キャラ間に共有されているらしいという意味で)。

ちょっと珍しいと感じたのは、前世を完全に肯定する展開でしょうか。ストーリー自体、視点キャラの2人が過去の記憶を取り戻して結ばれる方向へと向かうものです。

若干不思議に思ったのは、実質五百年生きている王はともかく、転生を繰り返したルシャナにまったく葛藤がなさそうなことでした。 物心ついた頃から記憶があり「ルシャナ」であるという意識があるのなら、受容の度合いが高いことにも納得できます。

しかし、ルシャナは城に来てから記憶を取り戻した様子なので、そんなにさっくりと過去の自分=今の自分として同一視できるものなのかと思いました。

まあルシャナは隔離されて育てられた&まだ幼いために、自我が比較的希薄で、過去の自分を受容できるスペースが大きかったのかもしれません。

精緻なイラストレーションで表現される世界

グラフィックに関しては、あれこれ言う言葉も浮かびません。それだけ見事です。圧巻でしかありません。キャラの立ち絵からマップまでもが独自のイラストで構成されているほか、アニメーション的要素まで存在します。

無料でプレイできるゲームでこれほど力の入ったイラストを、しかもこんなに大量に見せてもらっていいのだろうかとすら思いました。ここまでグラフィックに凝った作品も珍しい気がします。

モノクロのイラストが印象的なフリゲ作品というと、『排気ガスサークル』が思い浮かびます。同作品でも、イラストの緻密さとユニークさが相まって独特の世界が構築されていました。量的にも圧倒されるものがあった覚えがあります。

ただ、『排気ガスサークル』は、LiveMaker2製なんですよね。それがゲームの形式とあまり噛み合っていなかったというか、少なくとも周回プレイには優しくなかった気がします。他に類を見ない、一風変わったタイプの作品であるのは間違いないのですが。

『霧と太陽の王』の場合、比較的プレイしやすいRPGツクールMV製であるためか、グラフィックのクオリティーとプレイのしやすさが両立していた印象があります。

ヴィジュアル面で個人的に印象に残ったのは、アルタール族の用いる文字のデザインと、合間合間に挟まれるおとぎ話の挿絵風イラストでしょうか。あと、階段を降りるときの移動モーションがちゃんと段差を意識したものになっているのも、細やかですごいなーと思いました。

部屋のインテリアにしてもちょっとした装飾にしても、細部まで凝っています。けっこうマップが広めですが、いつでもどこでも素敵なイラストを楽しめるので気にならなかったです。

ところで、王城の寂れた廃墟感がツボでした。特に鳥籠を戴く塔のところどころ崩れた感じとか、たまらないものがあります。プレイしていてふと、『人喰いの大鷲トリコ』【PS4】人喰いの大鷲トリコ Best Hitsを思い出しました。

『人喰いの大鷲トリコ』は、見知らぬ遺跡の中で目覚めた少年が、「トリコ」という有翼の大型生物とともに脱出を図るアクション・アドベンチャーゲームです。

【PS4】人喰いの大鷲トリコ Best Hits

PS4 人喰いの大鷲トリコ

少し前にやっとプレイしましたが、とても面白い作品でした。絵的にも惹かれる場面が多く、スクショが捗りました。『霧と太陽の王』にしても『人喰いの大鷲トリコ』にしても、古い石造りの建物の中を歩き回れるので本当にワクワクします。

城に登場するキャラクターたち

上でも書いたように、視点キャラは王とルシャナの2人です。基本的には王を操作しますが、一部の場面でルシャナに視点が切り替わります。

『霧と太陽の王』は、人外&人間、あるいは青年&少女のバディものと言えるのではないでしょうか(王は五百年以上生きていますが、まあ青年と言っていいと思います)。

王様は、穏やかで優しい性格をしているのが見た目とギャップがあって良かったです。あと黒い羽毛がもふもふと気持ちよさそうでした。

ただ、仕立て屋イベントを経ると、「たしかに王様すっぽんぽん」とちょっと笑ってしまいました。他の名前ありの異形たちは、よく考えればみんな服を着ているんですよね。着飾ることにこだわらない性格ゆえでしょうか。

バッドエンドでの覚醒バージョンの王様はカッコよかったです。バッドバッドエンドでの人型バージョンも和風な衣装でカッコイイですが、気の毒なルシャナの姿がまず脳裏を過るせいで、そこまで好きにはなれませんでした。

また、王様に関しては、おまけシナリオのキャラ付けがわりと好きです。ルシャナラブのゆるい苦労人お父さん(今のところは)という設定に和みました。

ルシャナについては、なぜか異形の王にすんなりと懐いたことも含め、最初は「金髪で美少女で民族衣装だなんてあざといな~でも可愛いな~」という印象でした。

ただ、ルシャナはエンディングでよく命を落とすんですよね。あんなに幼くて健気なのに。そのため、最終的には、「ルシャナが幸せになりますように」と思いながらプレイしていました。これに関しては、巧みなシナリオ構成のせいでもあるかもしれません。

王もルシャナもそこまで目立つ個性があるわけではありませんが、おとぎ話調のファンタジー世界なので、むしろ強い個性は必要ないのだと思います。2人がすぐに仲良くなったのは、前世補正ということで後で納得しました。

あと、ルシャナのルックスは非常に可愛らしかったです。ゆったりとしたアルタール族の民族衣装とボリュームのある束ね髪がイイですね。ヴィジュアル的には、ちらっと現れる百年前のルシャナが一番好みだったりします。後ろでまとめた髪とおくれ毛がすごく可愛いです。

次に2人以外のキャラについてですが、異形たちの中で一番印象に残ったのは、やはり仕立て屋でしょうか。

霧と太陽の王 スクショ 仕立て屋

ボイスアクターの方の演技がキャラを掴んでいて上手いなーと。性格的にも、第三者的な立場で道化を演じつつ冷静さもある、美味しい役どころのキャラだと思います。

また、クールキャラなのに王に執心する宰相も印象的でした。おまけシナリオでの絶妙なキャラ崩壊には笑いました。

仕立て屋と宰相については、単純にキャラデザインが好きだということも大きいです。特に仕立て屋の衣装はオシャレで素敵でした。王様も服を着ればいいのに。

BGM感想

BGMも印象に残る作品でした。OP曲ED曲が用意されるなど、種類も豊富です。おまけ部屋で色々と視聴できて嬉しかったです。

ちなみに、おまけシナリオ2では専用BGMをいくつか聴くことができます。どれもつい口ずさんでしまいそうな、耳に残るテンション高めの独特な曲だと思います。

ところで、そのうちの♪『からあげハイスピードライヴ』という曲を聴いたときに強い既視感を覚えました。これどこかで……と十秒ほど考えた後、『きらきら星の道しるべ』というフリゲ作品が思い浮かびました。

≪関連記事:『きらきら星の道しるべ』 幽霊とひと夏の旅をするRPG 感想 ※ネタバレ注意

実際に調べてみたところ、同作品内で使用されている♪『ヌカヌカ★スーン』♪『からあげハイスピードライヴ』は、同じ方(ぽて子様)が制作された楽曲でした。やっぱりなーとちょっと嬉しくなりました。

ちなみに、ぽてこ様のサイトはこちらです(以下のバナーから飛べます)。

potekos time banner

また、塔の上の鳥籠で流れる♪「懐かしい音色」というBGMがすごく好きでした。だいたい中盤~終盤くらいに流れますが、哀感溢れる綺麗なハープの音色に誘われるように、どんどんと作品世界に没入していったことを覚えています。

プレイ後にReadMeを参考に調べたところ、「PeriTune」というサイトで配布されている、♪『A Wish3』というハープの曲がそれでした。こういう「癒し」や「許し」を感じられる曲調ってすごく好きです。ちなみに、ご紹介したサイトはこちらです(以下のバナーから飛べます)。

PeriTune banner

各エンディング感想

この項目では、4つのエンディングについての感想を書きます。

バッドエンドノーマルエンドバッドバッドエンドトゥルーエンド

プレイ時は上の順にエンドを確認しました。感想も同じ順に書きます。各エンディングのタイトル名は伏せました。

以下、エンディング内容のネタバレをガッツリ含む感想です。ご注意ください。

BAD END

ルシャナ操作時にあるものを受け取らない場合、BAD ENDになります。

最初に見たエンドです。予想はしていたものの、ルシャナがぐっさり射貫かれる一枚絵にはうわーと思いました。

とはいえ、完全に闇落ち覚醒した王様はカッコよかったです。これから蹂躙する人間たちに向け、もう二度と太陽は戻らないと宣告するシーンにはゾクゾクしました。宰相的には、これがトゥルーでハッピーなエンドなのかもしれません。

NORMAL END

ルシャナ操作時にあるものを受け取り、王操作時に先を急ぐと、NORMAL ENDになります。

今度は王が犠牲に……と悼む間もなく、ルシャナが身を投げて呆然としました。本当にびっくりしました。この時点では、輪廻転生システムをまだはっきりとは確信していなかったんですよね。だからルシャナの最後の言葉にも戸惑ったし、あんなに幼い子がボロボロになって命を絶つ結末にショックを受けました。

インパクトを言うなら倫理的にアウト感漂うバッドバッドが一番でしょうし、燃えを言うなら王が覚醒するバッドが一番なのだろうと思います。

しかし個人的には、ノーマルエンドが一番心に突き刺さりました。トゥルーエンドを観て感動しましたが、あの感情の動きは、喪失感が半端ないこのノーマルエンドを見たからこそだと思います。

BADBAD END

以下の手順を踏むと、BADBAD ENDになります。時限イベントには要チェックですね。

  1. 時計番イベントの後、1Fに下りてへ進み、仕立て屋イベントを起こす(※先に左へ行って玉座の間イベントを見ると、仕立て屋イベントが発生しなくなるので注意
  2. ①のイベント内で、仕立て屋の好感を得られる選択肢を1つ以上選ぶ
  3. ルシャナとの合流時、塔の上の鳥籠部屋を、メッセージが変化しなくなるまで調べる

バッドバッドについては、特殊エンドということでりどみに詳しい攻略情報が載っています。最初の周回では完全に仕立て屋イベントをスルーしてしまったので、ありがたい配慮でした。

感想としては、「完全にアウトだ」と感じたエンディングでした。バッドバッドと銘打たれているのも頷けます。

人間との対立に関しては、王様がそういう方向に吹っ切れる気持ちは分からないではなかったです。バッドエンドやノーマルエンドでルシャナと王の末路を見たプレイヤーとしては、むしろもっともな考えだとさえ思いました。優しい王様に戻ってというルシャナの訴えも、まだ幼いから仕方がないとはいえ、王の心境を斟酌できていない気もしました。

王とルシャナは戒律を破ったことで死に追いやられました。それ自体は、国の価値観に照らせば応報的なものかもしれません。しかし、その後に2人が味わうことになった五百年の苦しみは、彼らの行いに端を発するものとはとても言えないと思います。

だから、かつては生贄の儀を大義として自分たちの命を奪い、今なお同族の少女を犠牲にする醜い人間たちのために、どうして耐え忍ばなければならないのか……と、王がそういった怒りや憎しみを抱く理由は理解できます。

とはいえエンディング終盤の流れ的に、王の吹っ切れ方は悪いもので、闇落ちでしかないのだろうと思います。

ここでがんばって待ってるからね……とか呟いてベッドでうつろに微笑むルシャナを見て、色々と察するものがありました。ガチで可哀想です。完全に精神が崩壊している。

ノーマルエンドのボロボロなルシャナにはちょっとドキドキしましたが、このエンドのルシャナはひたすら気の毒でしかなかったです。イラストに迫力があるだけに、受ける精神的ダメージも大きかったです。

TRUE END

ルシャナ操作時にあるものを受け取り、王操作時にルシャナと話をするTRUE ENDになります。

初見時、このエンドでもルシャナが死ぬのか? と絶望しました。だからこそ、ラストの蘇り展開には素直に感動しました。2人が報われてよかったーと涙腺が緩みました。最後の最後に、太陽の神との約束の内容が明かされる演出がとても良かったです。

「死んだ→生き返った」という流れは、展開としては嫌われることもあるものだと思います。でもこのゲームの場合、バッドバッド、バッド、ノーマルとすべて攻めた内容なんですよね。順番に、王闇落ち&ルシャナ精神崩壊、王闇落ち&ルシャナ死亡、王死亡&ルシャナ死亡……と誰も救われていません。

また、おまけシナリオを読むとよくわかりますが、王とルシャナが背負わされた五百年の償いは、彼らの行いに比して大きすぎる罰だと思います。言ってしまえば、人々が五百年重ねてきた罪への贖いを、たった2人で背負わされたようなものです(まあ国民も、太陽のない世界で散々に苦労しているとは思いますが)。

だから、ルシャナが還ってきたこのトゥルーエンドには「そうこなくっちゃあ」という感想を抱きました。そうでないと悲しすぎるし、太陽の神が鬼畜無慈悲でしかないです。

後日談を見て感じたのは、今後は神への生贄は必要なさそうだなということです。

王とルシャナに課せられた償いは、神の試しだったのかもしれません。五百年かけてその償いが成就されたとき、異形に身をやつした王は人の姿を取り戻し、今代のルシャナは一度死んで復活しました。

2人が王と王妃になったというラストに、「そんなにすんなりと元の身分を取り戻せるのか」と最初はちょっと驚きました。しかしよくよく考えると、太陽の神を祀る国において、王とルシャナ以上の指導者は存在しないんだろうなとも思いました。
2人の今は太陽の神の御業あってこそのものです。だからこそ国民は、2人を通して神を確かに感じることができます。

償いを終えて人として結ばれた2人はもはや、神の聖性をその身に宿した存在であると言えるのかもしれません。「聖人王」とか「神聖王」とか、死後にそういった評価をされるレベルではないかと思います。この作品に即して言うなら、「太陽王」なんて呼称がぴったりかもしれません。

おまけシナリオについて

特定のエンディングを見た後、おまけ部屋に行くことができます。おまけ部屋では、キャライラストやBGMなどを閲覧・視聴することが可能です。あと、ルシャナとおしゃべりできます(重要)。

おまけコンテンツの充実ぶりは嬉しかったです。じっくりと見回ってしまいました。部屋の中でセーブできるのもありがたかったです。

個人的に興味深かったのは、色々と謎の多かった異形たちの裏設定(たぶん)です。作中で彼らが「王妃」に冷淡だったことが気になっていたので、そういう事情があったのかと納得しました。

さて、おまけ部屋では、おまけシナリオ1&2を読むことができます。以下、おまけシナリオについての軽いネタバレを含みます。内容に関する詳細な言及はなるべくひかえました。

おまけシナリオ1

おまけシナリオ1は、五百年前の昔話です。「かつて国はどういう状態にあったのか」「本当のところ神はなぜ太陽を奪ったのか」といった、本編で気になっていたことが分かってスッキリしました。

個人的に一番驚いたのは、アルクスがほとんどそのまんまだったことですね。輪廻転生って魂や記憶だけでなく肉体ごとなのか、と。こうなると、「蘇り」と言った方が的確なのかなと思いました(それとも、容姿まで酷似しているのはヴィジュアル的にわかりやすいようにという配慮なのでしょうか)。

このお話では、本編中の鳥籠で出てきた「彼女」の姿を存分に見ることができます。「彼女」の衣装と容姿はまさにザ・聖女ですね。聖性を司る者らしく露出が必要最低限に抑えられているのに、それがかえってセクシーです。こう書いているとフェチっぽくてアレですが、それだけ素敵な造形だと思いました。

また、彼と彼女が最後に訪れる場所を見てハッとしました。トゥルーエンドの余韻が蘇りました。

おまけシナリオ2

おまけシナリオ2は、ほぼオールキャラのカオスなコメディーストーリーでした。バッドバッドなどを見た後に、とオススメされていた理由がよく分かる話です。最初から最後まで笑いながら読みました。

オールキャラのパロディーものって面白いかどうか意見の分かれるものもありますが、おまけシナリオ2はすごく面白かったです。メタ的な要素がてんこもりですが、プレイヤーが受容できるラインを測った上で、本編とのギャップをコミカルに演出している印象でした。制作者様のバランス感覚は見事だと思います。

たとえば、宰相はかなりキャラ崩壊していますが、崩壊の方向性が引くものではなく一定納得できるというか、そのキャラの可愛げに繋がるようないじり方なんですよね。王様のツッコミも的確である一方くどくないので、そこも安心して読めた一因でした。

また、バッドバッドエンドやバッドエンドの要素を盛り込みつつ、笑いに昇華しているのも巧いです。特に、バッドバッドの王(闇堕ち)のキャラ付けには笑いました。ルシャナ人形(※目が死んでいる)に対する王様の反応もメタくて面白かったです。

その他、各キャラの部屋のインテリアが凝っていたのが印象的でした。コメントもコミカルなので逐一調べてしまいました。時計番手作りの人形には和みました。

♪『からあげたべたい』を聴きながら部屋を順々に訪問する中で、トゥルーエンドでも若干拭いきれなかったバッドバッドのショックが浄化されていくのを感じました。というか、「けっこうバッドバッドでダメージを受けていたんだな……」と自分で気づいたりもしました。このお話を読めて本当によかったと心から思いました。

おまけシナリオ2の中で一番ツボに入ったのは、「わあ!凄い! このからあげ色ついてるよ! 美味しそう!」というルシャナの発言でした。画面と一緒にこの発言を見ると本当に面白くて大好きです。最後の最後に特大のメタ発言を投げ込まれて大いに笑い、同時に癒やされました。

おまけ部屋を見て、作品への理解を深められました。何より非常に楽しかったです。からあげ食べたくなります。

*****

作品の文章表示の形式に関しては、やや不満を覚えました。具体的に言うと、メッセージウィンドウ内の文章が一気に表示されないことが多かったのが少し不便でした。

読むのが速い方なので、Enterキーやマウスを長押しして文字を送っていましたが、「文章が表示される→読む→そこで終わりかと思い目を動かす→実はまだ文章は途中で、新しい文がその下に続く」……といったことが頻繁にありました。文章送りの際の微妙なラグが積み重なるとストレスになるので、同じメッセージウィンドウ内の文章は、パッと一気に表示してほしかったです(もちろん、演出として文章を分割表示している場面は除きます)。

あと、セーブスロットの表示ももう少し分かりやすくしてほしかったなーと思いました。本当にセーブされてるのかなと最初は不安になりました。

『霧と太陽の王』は、ツカミもバッチリな作品だったと思います。タイトル画面とBGMのマッチが見事でした。個人的には、左斜め上から羽ペンポインタがスーッと滑ってくる演出が大好きです。

グラフィックの素晴らしさはもちろんとして、ストーリーや背景設定にも見どころの多い作品だったと思います。丁寧に作られた力作でした。面白かったです。

独自のグラフィックが作品の雰囲気に強い影響を及ぼしている作品について、以下の感想記事を書いています。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply