『A Date in the Park』 ② 彫像に刻まれた"A"の考察 ~復讐の女神アドラステイアとCatarina~

かーめるん

短編ホラーアドベンチャーゲーム、『A Date in the Park』の考察記事です。ストーリーやエンディングのネタバレを含みます。

制作サークルはCloak and Dagger Games様。制作者様の公式サイトはこちらです。 → CLOAK AND DAGGER GAMES



a date in the park タイトル画面 スクショ



先週、『A Date in the Park』の感想記事をアップしました。

≪関連記事:『A Date in the Park』 公園で奇妙なデートを楽しむアドベンチャーゲーム 感想 攻略

簡単にゲームの内容を説明すると、ポルトガルのリスボンに越してきた男性が、魅力的な女性に誘われて公園デートに出かけるアドベンチャーゲームです。
90年代デジタルゲーム風のグラフィックや、実際にリスボンに存在する自然公園を舞台として採用していることなどが特徴と言えます。

今回は、ゲーム内に登場する「彫像の頭部の"A"」について色々と考えてみました。感想記事に追記するには長くなったので、考察記事という形で補足することにしました。普段の記事よりはボリューム少なめだと思います。


以下、ゲームのストーリーやキャラクターに関する核心的なネタバレを含みます。ゲームの性質上ネタバレは致命的なので、未見の方はご注意ください。









彫像の額の"A"が意味するものとは



今回記事を書いたのは、『A Date in the Park』の感想記事に、「彫像の頭部に刻まれた"A"にはどういった意味があったのか」という疑問コメントを頂いたことがきっかけです。

≪関連記事:『A Date in the Park』 公園で奇妙なデートを楽しむアドベンチャーゲーム 感想 攻略


「彫像の頭部」というのは、ゲーム後半に出現する重要なオブジェクトです。公園北エリアの丁字路西にて、ハトの大群が去った後に出現します。

くだんの彫像の頭部は、おそらく公園北東エリアにある"Priapus(プリアープス)"の彫像の頭だと思われます。北東エリアには彫像が2体ありますが、建物に向かって右側(画面の手前)に位置する、頭部のない像がそれです。
この頭部は、黒幕であるカタリナが切り離したものと推測されます(二枚目の手紙より。どうやって切断したのか方法は不明)。


打ち捨てられた頭部を発見した主人公ロウは、その額に"A"と刻まれているのを発見して不思議に思います。たしかに、"A"は一見脈絡のない謎のメッセージです。

いったいこの"A"は何を意味するのか。私自身プレイ中に気になったものの、クリア後にはうっかり忘れてしまっていたので、今回じっくりと考えてみました。


色々と考えた末の結論を最初に書いてしまうと、次のようになります。


"A"とは、"Adrasteia(アドラステイア)"の頭文字である。そして、Priapusの彫像の額に刻まれた"A"は、黒幕カタリナによる一種の犯行声明である。


ここから、上のように考えた理由と過程を書いていきます。






4体の彫像の詳細



なぜ"A"="Adrasteia"と発想したのか。また、どうして"A"がカタリナによる犯行声明であると考えたのか。

そういったことを説明する前に、まずは園内に存在する4体の彫像についておさらいしようと思います。


主人公ロウは何度か、カタリナは(おそらくギリシャ・ローマの)古典に興味を持って勉強していると話します。そして園内にある4体の彫像は、そのどれもがギリシャ・ローマの神々をかたどったものです。

ロウに謎解きを仕掛けるにあたって、彫像の元ネタや意味をカタリナが考慮に入れた可能性は大いにあると思います。

下準備として、公園のマップと彫像の位置を簡略化して図示しました。



a date in the park 彫像の位置 furige-tabi.com



公園中央東にSancus、北東エリアにPriapusVejovis、そして北西エリアの「アドラステイアの家」の中にAdrasteiaの彫像があります。マップ内の青字は男性の神、赤字は女性の神の名前です。


それでは、彫像のモチーフとなった神の名前や、それぞれが何を司っているのかについて順に書いていきます。一応調べましたが、情報に間違いがあったらすみません。



まず、公園東の建物の傍にあるのは、"Sancus(サンクス)"の彫像です。Sancusは、忠誠や誓約を司る男神です。主人公ロウいわく、このSancusの彫像は非常に古いとのことです。


次に、公園北東エリアの建物正面には、2体の彫像が並んでいます。これら2体の像については、門扉横に説明板が用意されています。

2体のうち、建物に向かって左(北側)に位置するのは、"Vejovis"の彫像です。Vejovisはローマで最も古い神々のひとりであり、治癒を司る神です。基本的に若い男の姿で書かれ、矢の束をその手に持っています。


また、向かって右(南側)にあるのは、"Priapus(プリアープス)"の彫像(※頭部なし)です。Priapusはカタリナの謎解きにも登場する重要な彫像なので、詳しく書きます。

Priapusは、豊穣の男神です。ゲーム中では「庭園の守護者」であると説明されていました。他に家畜や果樹園などを守護する神でもありますが、特に大切なのは、Priapusが男性器(男性の生殖力)の守護神と見なされていたことです。

"Priapus"で検索して適当に画像を見ていただければわかりますが、Priapusはたいてい巨大な生殖器を露わにした姿で描かれます(苦手な方は検索しない方がいいかもしれません)。場合によっては、男性器そのものの形で表されることもあるそうです。

詳しくは後述しますが、頭部を切り離され捨てられた彫像が上記のいわれを持つPriapusであったのは、かなり示唆的な事実だと思います。


そして最後に4体目の彫像ですが、実は作中ではっきりとした姿は登場していません。

というのも4体目の"Adrasteia(アドラステイア)"の彫像(胸像)は、北西エリアに位置するドーム状の建物、すなわち「アドラステイアの家」内のアルコーブ(影が差してよく見えない)にあるからです。
ロウの説明を聞いて初めて、Adrasteiaの彫像の存在に気づいたプレイヤーの方も多いのではないでしょうか。目を凝らせば輪郭は見えるものの、「女神像」とまで判別するのは難しいのではないかと思います。

Adrasteiaと呼ばれる女神は、神話に二人ほど存在するそうです。一人はゼウスを育てたニンフのAdrasteia、そしてもう一人は、"inescapable"の異名を持つAdrasteiaです。
ゲーム中のAdrasteiaは、その象徴するものを考えるに後者ではないかと私は思います。というわけで、作中のAdrasteiaは後者であると仮定した上で話を進めます。

"inescapable"の方のAdrasteiaは、賞罰を司る女神だそうです。同時に「復讐と報復の女神」とも見なされ、人間の傲慢を罰する女神ネメシスと同一視されることもあるようです。

主人公ロウの目を通してようやく確認できる、暗闇に潜む女神の彫像。Adrasteiaが「復讐」を司る神であることも含め、注目すべきポイントであると言えます。


以上、"Sancus"、"Vejovis"、"Priapus"、"Adrasteia"の順に4体の彫像について説明しました。






神々の彫像と登場キャラクターの対応関係



なぜ彫像に着目したのかと言えば、ゲーム本編の事件の全容が4体の彫像に暗示されている可能性があり、カタリナの犯行動機や正体を考える上で役立つのではないかと考えたからです。

ざっくりと結論を書くと、「復讐の女神Adrasteia=黒幕のカタリナ」であり、「男性の生殖力の守護神Priapus=庭師の青年(と男性そのもの)」ではないかと私は考えました。


まず、彫像群を性別で分けてみると、内訳は女神1体と男神3体です。

意図してのものかは分かりませんが、黒幕のカタリナは女性であり、ゲーム本編で亡くなった男性庭師の青年、ロウ、警官の計3名です。ここから、彫像とキャラクターの性別をリンクさせて考えることは可能だと思います。


単に性別が対応しているのみならず、カタリナと彫像Adrasteiaには「本編中にはっきりと目に見える形で姿を現さない」という共通点があります。

女神Adrasteiaの彫像は、プレイヤーには手の届かない建物の奥に潜んでいます。アルコーブの暗闇に女神像があるということは、主人公ロウの言葉によってようやくプレイヤーの認識するところとなります。
そしてその有り様は、園内で暗躍しエンディングでようやく姿を現す、ロウの脳内で運命の人として理想化されたカタリナを彷彿とさせます。


また、庭師の青年とPriapusの彫像にもやはり共通点があります。作中で彫像の頭部を切断されたPriapusは、上記の通り「庭園の守護神」です。これは、カタリナのことでロウに警告した「庭師」の青年の遺体が、「首を切断された状態で」見つかったことと無関係ではないと思います。


そして、最大の謎であるPriapusの彫像の額に刻まれた"A"ですが、これは最初に書いた通り、女神"Adrasteia"の頭文字だと私は考えています。

Priapusは庭園の守護神でもありますが、男性のシンボルを守護する神でもあります。

カタリナはそれを知っていたがために、ロウたちを葬るにあたって、男性性を象徴するとも言えるPriapusの彫像を選んで利用したのではないでしょうか。そしてその際、復讐の女神Adrasteiaに自らをなぞらえ、彫像の額に"A"を刻みつけたのではないでしょうか。

"A"を額に刻印された彫像の頭部は、庭師の青年の死に様を暗示するものであり、もっと言うとロウへの犯行予告でもあったのではないかと思います。






Catarinaの目的と正体について考える



ここからは推測というか、こじつけや妄想多めの個人的な想像です。上に書いたことをもとにして発展的に考えました。


"A"→Adrasteia、カタリナ=Adrasteiaと仮定してここまで考えてきました。
その仮定に基づくと、ただの悪趣味な快楽殺人鬼としか解釈できなかったカタリナにも、もしかすると目的があったのかもしれないと思えてきます。

いったいどんな目的かといえば、ずばり「復讐」です。もちろん、主人公ロウ個人への復讐を企図したものか、男性そのものへの復讐を目指したものかまでは分かりませんが。


実は、プレイ中に気になっていたことが一つあります。それは、「カタリナは英語が堪能である」という事実です。

ポルトガル語がまったく話せないのにリスボンへ引っ越してきたロウは、現地の人々と満足にコミュニケーションを取ることができません。しかしカタリナだけはその例外でした。というのも、彼女は完璧な英語を操れたからです。

もちろん、お話の都合上カタリナは英語が上手なのかもしれません。
しかし、もしかするとカタリナはかつて英国にいたのではないか、そして何らかのきっかけでロウと接点を持ち、彼に恨みを抱いたのではないか……と今回記事を書く中でふと思いました。つまり、ロウに復讐を果たすために引っ越した彼をポルトガルまで追いかけてきたのではないか、と。


ロウに対するカタリナの極悪なサプライズを見ていると、単なるお愉しみ以上の悪意が潜んでいる気もします。
警察の登場タイミングといい、唯一の出口である入り口で待ち構えていたことといい、ロウをどん底に突き落としていたぶるだけではなく、確実に嵌めてその命を奪おうとしているように感じられるというか。

そういう視点から見ると、ロウが冒頭で、ロンドンでの人間関係に失敗したらしきことを匂わせているのも気になるポイントではあります。

とはいえ、ロウはゲーム開始前夜に初めてカタリナに会ったと話しているし、そもそも人とあまり打ち解けずに今まで過ごしてきた青年です。面識がないのにそれほどの恨みを買うというのは考えにくい話かなーとも思います。カタリナの方が一方的にロウに恨みをつのらせていた可能性もゼロではないとは思いますが。






まとめ



色々と書きましたが、ことわるまでもなく憶測と直感多めの考察です。もしかすると彫像の頭部の"A"は、映画や小説に元ネタがあるのかもしれません。しかし自力で思い当たる作品がなかったので、今回は上のように考えてみました。


最後にまとめると、今回の記事では、『A Date in the Park』に登場する「彫像の頭部に刻まれた"A"」について考えてみました。

まず「園内の4体の彫像とそれらが司る意味」についておさらいし、その中で「復讐の女神Adrasteiaと彫像の頭部を切断された男神Priapus」に注目しました。


そして最大の謎である彫像の頭部の"A"について、


カタリナは女神Adrasteiaに自分をなぞらえ、犯行声明&犯行予告のようなものとして、男性性を司るPriapusの額に"A"を刻みつけた


と結論を出しました。また発展的に、カタリナの目的が「復讐」にあったのではないかというところまで想像してみました。


とりあえず、自由に色々と考えることができたので楽しかったです。満足しました。

『A Date in the Park』を初見でクリアしたときは、ピタゴラスイッチ的な悲劇への連鎖がとりわけ印象に残りました。しかし、今回彫像のいわれなどを調べてみて、背景設定もしっかり練られているんだなーと感じ入りました。あらためて面白い作品だと思います。


『A Date in the Park』の感想&攻略記事はこちらです。

関連記事:『A Date in the Park』 公園で奇妙なデートを楽しむアドベンチャーゲーム 感想 攻略


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply