『過去への渇望』 奇跡の食物が創り出す近未来ディストピア 感想 ※ネタバレ注意

0
近未来SFデジタルノベル、『過去への渇望』の感想記事です。ディストピア小説の簡易レビューも含みます。 制作サークルはEIN-CHERE様。作品のダウンロードページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『過去への渇望』 選択肢のない一本道のノベルゲームです。1時間弱で読み終えました。 一部猟奇的でグロいシーンが存在します。苦手な方は心構えをしてから読んだ方がいいと思います。また、物語中に軽い同性愛要...

『風の殺意』 山荘で展開される青春サスペンスADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

0
山荘で展開される青春サスペンスADV、『風の殺意』の感想、攻略記事です。 制作者は風の殺意制作委員会様。作品の公式サイトはこちらです。 → 風の殺意トップ 舞台は山奥の別荘。複雑な人間関係を主軸とした青春サスペンスが展開されます。流血・暴力表現や、婉曲な性描写を含む作品です。 エンディングは計21個。約3時間ですべてのエンドを回収しました。 クローズド・サークル系のサスペンス作品です。ミステ...

『A Date in the Park』 ② 彫像に刻まれた"A"の考察 ~復讐の女神アドラステイアとCatarina~

0
短編ホラーアドベンチャーゲーム、『A Date in the Park』の考察記事です。ストーリーやエンディングのネタバレを含みます。 制作サークルはCloak and Dagger Games様。制作者様の公式サイトはこちらです。 → CLOAK AND DAGGER GAMES 先週、『A Date in the Park』の感想記事をアップしました。 ≪関連記事:『A Date in the Park』 公園で奇妙なデートを楽しむアドベンチャーゲーム 感想 攻略≫ 簡単にゲーム...

『A Date in the Park』 公園で奇妙なデートを楽しむアドベンチャーゲーム 感想 攻略

2
リスボンの公園で「デート」を楽しむ短編ホラーアドベンチャーゲーム、『A Date in the Park』の感想、攻略記事です。ネタバレや実績の解説も含みます。 制作サークルはCloak and Dagger Games様。制作者様の公式サイトはこちらです。 → CLOAK AND DAGGER GAMES よく晴れた日、デートをするために公園を訪れた男性の物語です。 公式サイトによれば、クリアまでの所要時間は約1時間。ゆっくりプレイして100分でク...

『大逆転裁判2』が拓いた新境地 感想 考察 レビュー ※ネタバレ注意 その3

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』の感想、考察記事(その3)です。ネタバレ情報を含みます。 大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM 今回の記事その3は、以下のような総括的な内容が中心となります。また、旧逆転裁判シリーズと大逆転裁判シリーズの比較も内容に含みます。 各話の共通点や最終話キャラ配置の考察 主人公の成歩堂龍ノ介に関する感想 画集のネタバレを含むキャラ...

『大逆転裁判2』 第1話~第5話 感想 ※ネタバレ注意 その2

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』(CAPCOM)の感想記事(その2)です。時系列およびストーリー内容のネタバレを含みます。 大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM 記事その1では、前作『大逆転裁判』の感想と、『大逆転裁判2』全体の感想&印象について書きました。 記事その1(前回):『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』 1年越しの感想&レビュー ※ネタバレ注意 その1 今回の...

『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』 1年越しの感想 レビュー ※ネタバレ注意 その1

0
大法廷バトルADV、『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』(CAPCOM)の感想、考察記事(その1)です。時系列やストーリー内容のネタバレを含みます。 大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟- CAPCOM 『大逆転裁判2』の発売から1年が経ちました。特典DLCの感想記事からずいぶんと遅れましたが、本編の感想記事です。作品自体の感想に加え、以下の内容も含みます。 前作『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』の簡単...

『月の扉』 19世紀英国が舞台のゴシックホラーADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

0
ミステリ風味のホラーADV、『月の扉』の感想や考察、攻略記事です。 制作者はソラトビサカナ様。制作者様のサイトはこちらです。 → MINARAI SUIFU 若き花嫁ジェインが、嫁ぎ先である奇妙な屋敷の謎を探るお話です。 タイトル名は、作中でジェインが出入りする月の装飾が施された扉を指します。エンディングは合計6つです。 「月の扉」というミステリアスなタイトルと、19世紀の英国という舞台設定にまず心惹かれ...