『せつなゆ魂』 カガクの力で真理を解き明かす恋愛シミュレーションゲーム ※ネタバレ注意

0
零(ゼロ)と無限の闘争を描く恋愛ADV、『せつなゆ魂』の感想、攻略記事です。制作者は、伽那ノ光(かなの ひかる)様。作品のダウンロードページ(ふりーむ!)はこちらです。 → せつなゆ魂 科学者を志す少女が、3日後に訪れる自らの運命の謎を解き明かす物語です。エンディングは13通り。約4時間で全エンドを回収しました。 簡単に感想を述べると、『せつなゆ魂』は抜群に尖った快作であり怪作でした。とことん数...

『僕を殺す瞳』 鮮やかな色彩とほのぼの同居生活を楽しむADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

0
記憶を失った女の子とのほのぼの同居生活を楽しむADV、『僕を殺す瞳』の感想、攻略記事です。軽い考察を含みます。制作者はよなき様。ゲームの紹介ページ(ノベルゲームコレクション)はこちらです。 → ノベルゲームコレクション 作品ページ 記憶喪失の少女に命を救われた主人公が、“瞳”と名づけた彼女と同居生活をするADVです。 エンディングは4つ。カラーパレット集めを含め、クリアまでに2~4時間ほどかかりました。 ...

『Circle』 「まんまる」を育てる探索ADV 感想 攻略 ※ネタバレ注意

0
「まんまる」をめぐる育成&探索ADV、『Circle』の感想、攻略記事です。制作サークルはNanasi Project様。作品のダウンロードページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『Circle』 謎多き「まんまる」を育てるゲームです。1時間30分くらいでトゥルーエンド(?)に到達しました。 極端な脅かし要素や追いかけ要素はありません。ただし、サイコホラーっぽい表現と絵柄が特徴的な作品なので、苦手な方は心構えをした方がいい...

『Papers, Please』 ゲーム&実写映画 感想 レビュー ※ネタバレ注意

0
アドベンチャーパズルゲーム、『Papers, Please』の感想、考察記事です。攻略情報の軽いネタバレや、実写映画("Papers, Please - The Short Film")のレビューを含みます。制作者はLucas Pope氏。作品の公式サイトはこちらです。 → Papers, Please 海外でいくつかの最高賞を受賞し、高い評価を得た作品です。舞台は架空の共産主義国、アルストツカ(Arstotzka)。プレイヤーは入国審査官となってグレスティン国境検問所...

『セロシア・キャンドルをあなたに捧ぐ』 世界各国の要人と恋するノベルゲーム 感想 ※ネタバレ注意

0
「希望の灯火」を探し求める女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)、『セロシア・キャンドルをあなたに捧ぐ』の感想記事です。ネタバレを含みます。制作者は、沢良木由香里(さわらぎゆかり)様。作品ページ(Script少女のべるちゃん)はこちらです。 → 『セロシア・キャンドルをあなたに捧ぐ』 一部選択肢のあるノベルゲームです。主人公はホテルスタッフとして働くかたわら調香師を目指す女性。主要国の代表が顔を揃える式...

『ディスクリーチャーズ』 感想 攻略 その2 ※ネタバレ注意

0
200種類のクリーチャーを育成するRPG、『ディスクリーチャーズ』の感想、攻略、考察記事です。ネタバレを含みます。制作サークルはピコリンネソフト様。作品のダウンロードページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『ディスクリーチャーズ』 前の記事(『ディスクリーチャーズ』 感想 攻略 その1 ※ネタバレ注意)では、ゲーム内容の説明を軸に据えつつ、ストーリーや戦闘の感想を書きました。 今回の記事その2では、デ...

『ASSASSINO MEMORIALE』 ジョジョ5部の暗殺チームを攻略できる乙女ゲーム 感想 ※ネタバレ注意

5
『ジョジョの奇妙な冒険』の二次創作恋愛ゲーム(乙女ゲーム)、『ASSASSINO MEMORIALE』の感想、攻略記事です。ゲームおよび原作のネタバレを含みます。制作者はシャケ様。作品の紹介ページはこちらです。 → ジョジョの奇妙な乙女ゲースレ@女向けゲー一般まとめwiki ※現在は公開されていません(2/15訂正)。 『ASSASSINO MEMORIALE』は、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部、「黄金の風」をテーマにした乙女ゲームです。メ...

『過去への渇望』 奇跡の食物が創り出す近未来ディストピア 感想 ※ネタバレ注意

0
近未来SFデジタルノベル、『過去への渇望』の感想記事です。ディストピア小説の簡易レビューも含みます。制作サークルはEIN-CHERE様。作品のダウンロードページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『過去への渇望』 選択肢のない一本道のノベルゲームです。1時間弱で読み終えました。 一部猟奇的でグロいシーンが存在します。苦手な方は心構えをしてから読んだ方がいいと思います。また、物語中に軽い同性愛要素が含まれ...