『Ruina 廃都の物語1』 小説(ノベライズ) 感想

0
長編フリーゲーム、『Ruina -廃都の物語-』のノベライズ第1巻の感想です。ネタバレを含みます。 『Ruina 廃都の物語 1』、副題は"The Fairy Tale of the Forgotten Ruins"。枯草章吉氏の原作を、嬉野秋彦氏が小説化しています。ページ数は300Pと少し。忘却界の宮殿を突破するまでの冒険が描かれています。原作『Ruina 廃都の物語』の紹介ページ(ふりーむ!)はこちらです。 → 『Ruina 廃都の物語』 「Ruina小説化」...

『剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎』 高殿円 感想 ※ネタバレ注意

3
遠州の女地頭・井伊直虎を題材とする小説、高殿円『剣と紅』(文芸春秋)の感想・考察記事です。本の内容や史実についてのネタバレを含みます。ご注意ください。 「おんな城主直虎」を近頃ずっと視聴しています。ドラマをちゃんと見るのは数年ぶりですが、毎週面白くて楽しみにしています。信じられないことに最近は日曜日の夜が待ち遠しく、月曜日のモチベ的な意味でも助かっています。 ガッツリはまったので井伊...

『少林サッカー』 アクション 香港映画 感想

0
「あー気分が沈む、やる気が出ない……」 そんなとき、無性に見返したくなる映画があります。それはズバリ、チャウ・シンチー(周星馳)監督作品、『少林サッカー』(原題:『少林足球』)です。 2001年、香港発。キャッチコピーは「君はまだ、究極のサッカーを知らない」。名作エンタメ映画なので、ご存じの方は多いのではないでしょうか。 「少林(拳)」で「サッカー」です。そのまんま、少林拳の達人たちが一念発...

神護寺 in 高雄山 寺宝の虫干しに伴う特別展覧会へ 観光 旅行

0
京都は高雄山の神護寺へ行ってきました。目当ては5月の1日~5日に開催される、寺宝の虫干しに伴う特別展覧会です。 多くの寺社は、普段は貴重な美術品や史料を専門の施設(美術館や博物館など)に預けています。しかし虫干しの期間はそれらが戻ってきます。 今回の神護寺の虫干しでは、国宝の「源頼朝像」「平重盛像」(前者はよく教科書に載っているあの肖像画です)や、重要文化財である「神護寺略記」「紺紙金字一切経」な...

『キングスマン』 スパイアクション映画 レビュー 感想 ※ネタバレ注意

0
今更ですが、京都シネマで『キングスマン』(『Kingsman: The Secret Service』)を観てきました。 キャッチコピーは、“表の顔は、高級テーラー。しかしその実体は、世界最強のスパイ機関〈キングスマン〉。” 京都に滞在中、昔通っていた映画館にふらっと足を運んだら、たまたま「『キングスマン』上映予定」とありました。マシュー・ヴォーン監督作品と小耳には挟みつつ見逃していたので、僥倖と思いチケットを購入。...