『ディアボロの大冒険』 ジョジョ第5部のラスボスが頂点に返り咲くローグライクゲーム レビュー

2019年08月31日
RPG(ロールプレイングゲーム) 0

『ジョジョの奇妙な冒険』の二次創作ローグライクゲーム、『ディアボロの大冒険』の紹介&レビュー記事です。一部感想あり、ネタバレを含みます。制作者はKMQ SOFT様。作品の配布は現在終了しています。

ディアボロの大冒険 タイトル画面 見出し スクショ

ディアボロの大冒険

ジョルノたちに敗北して永遠に死に続けることになったディアボロが、再起をかけて不思議のダンジョンに挑むローグライクゲームです。
クリア(=3つのダンジョンを制覇&4つ目のダンジョン99F)までの所要時間は数十時間でした。

今回はジョジョファンの間では昔から知名度の高いファンゲーム、『ディアボロの大冒険』のレビュー記事を書きます。

最近終了したアニメでも原作通りGERに敗れ、「終わりがないのが終わり」な状態になったボスことディアボロ。このゲームはそんなディアボロを主人公にした、ディ・モールト面白くてやり込みがいのあるジョジョゲーです。ジョジョが好きな人なら時間を忘れて没頭すること必至の、グレートなフリーゲームだと個人的には思います。

残念ながら現在配布は終了しているので、ゲームをダウンロードすることはできません。ただ、第5部の物語とボスの最期もアニメでついに描かれたことなので、記録がてらレビュー&感想記事を書かせていただきました。

以下、ゲームの内容を紹介していきます。具体的なネタバレ(ダンジョンおよびダンジョンの主の詳細、ダンジョンクリアによって発生するストーリーの内容など)には触れていません。詳しいネタバレを含んだプレイ感想は、後日別の記事に書く予定です。

『ディアボロの大冒険』のあらすじ

最初に、『ディアボロの大冒険』のあらすじを書きます(ジョジョ第5部「黄金の風」のネタバレを含みます)。

ディアボロの大冒険 スクショ ティベレ河 ジョルノ 終わりのないのが終わり

ディアボロの大冒険

「矢」をめぐる激闘の末、ジョルノ・ジョバァーナに敗れてティベレ河に沈んだディアボロゴールド・エクスペリエンス・レクイエムの能力によって真実に到達できなくなった彼は、果てのない死の体験を延々と繰り返していました。

しかしある日、ディアボロは「ヴェネチアホテル」の一室で目覚めます。「何かいつもと違う」……そう感じてホテルの外に出た次の瞬間、彼は奇妙なダンジョンに迷い込んでいました。

ディアボロの大冒険 スクショ 奇妙なダンジョン

ディアボロの大冒険

進むたびにその形状を変えるダンジョン、問答無用で襲い掛かってくる見覚えのある敵たち、そして装着すると能力を発現する奇妙なDISC。

はたしてディアボロは、ダンジョンという名の「試練」を制して再び頂点に返り咲くことができるのでしょうか。

「ローグライク」とは?

『ディアボロの大冒険』は、ローグライクゲームです。人によっては馴染みが薄いかと思うので、ここではローグライク(Roguelike/Rogue-like games)について簡単に説明します(すでにご存知の方は、この項目を飛ばして【『ディアボロの大冒険』の概要】へお進みください)。

まずはWikipediaの該当ページの記述も参考にさせてもらいながら、ローグライクゲームを特徴づけるポイントをいくつか挙げてみます。

  • ランダム生成ダンジョン
  • ターン制の戦闘システム
  • シングルプレイヤーゲーム
  • 恒久的な死
  • スコアランキング
  • 食糧問題

上記のポイントに沿って、もうちょっとかみ砕いて説明します。ローグライクでプレイヤーが操作するキャラクター(=プレイヤーキャラクター/PC)は1名です。……【シングルプレイヤーゲーム】

プレイヤーは、「通路」と「部屋」で構成されるダンジョンを探索します。ダンジョンの構造は固定的ではなく、潜るたびにランダムに生成されます。ダンジョン内のアイテムやモンスターもやはりランダムに配置されます。……【ランダム生成ダンジョン】

戦闘はターン制であり、PCの行動1回が敵の行動1回に相当します。戦闘時に画面が遷移することはありません(行動も戦闘も同じ画面で行われる)。……【ターン制の戦闘システム】

HPがゼロになるとゲームオーバーになるほか、食糧が尽きて空腹になってもゲームオーバーになります。……【食糧問題】

キャラクターが死亡すると、その時点の所持金などに応じてスコアが算出されます。死因(どのモンスターに敗れたか等)や死亡時の階層も記録されます。……【スコアランキング】

途中セーブは基本的に不可能であり、ゲームオーバーになれば最初からやり直しになります(死んだところから再スタートできない)……【恒久的な死】

日本で有名なローグライクゲームと言えば、やはり「不思議のダンジョン」シリーズでしょうか。シレンとかポケダンとか(ポケダン大好きでした)。限られたリソースを駆使して探索を進める必要があるため、ローグライクは戦術性の高いゲームジャンルと言えます。

『ディアボロの大冒険』の概要

今回紹介する『ディアボロの大冒険』も、おおむね上の特徴に沿ったローグライクゲームです。プレイヤーはディアボロを操作し、ダンジョンの奥深くへ潜っていくことになります。

新しいフロアへ進むたびにダンジョンはその形を変え、拾えるアイテムや出現する敵も変化します(ただし、ダンジョンのボスがいる特定の階層では構造は固定されます)。体力がゼロになるとゲームオーバー。空腹が極まると体力が減るため、食糧も確保しつつ探索しなければなりません。

敵のモンスターはほぼすべてジョジョ第1部~第6部に登場するキャラクター(一部他作品からバオーなど)であり、拾えるアイテムもジョジョに関連するアイテムばかりです。

装備・射撃DISCについて

『ディアボロの大冒険』のユニークなポイントは、「DISC」を装備しその能力を利用してディアボロを強化するという点にあります。DISCとはもちろん第6部に登場するプッチ神父のスタンド、「ホワイトスネイク」の能力に由来するアイディアです。

それぞれのDISCには「攻撃力」と「防御力」が数値化されて設定されているほか、スタンド名にちなんだ「固有の能力」が備わっています。

装備できるDISCは全部で3枚。ゲームで「装備アイテム」というと、頭や腕といった体の各所に応じて着脱することが多いですが、『ディアボロの大冒険』では「攻撃・防御・能力」の3つの用途に応じて装着します。攻撃用としてクラッシュのDISCを装備、防御用としてGERのDISCを装備……という感じですね。基本的には、すべてのDISCをどの用途にも使うことができます。

ただし、DISCに備わった固有の能力(=スタンド能力)はあらかじめ用途が定まっていることが多いです。つまり、指定通りの用途に応じて装備しないと固有能力の効果は発揮されません。王には王の、料理人には料理人の……とDIOも話していたように、DISCの真価を得るには適材適所が肝要ということですね。

具体的には、固有能力の説明文の色によって用途を見分けることができます。黄文字の能力を持つDISCは、攻撃DISCとして装備しないとその効果を発揮しません。同じように、オレンジ文字の能力なら防御DISCとして、ピンク文字の能力なら能力DISCとして装備する必要があります。

例外は緑文字の固有能力であり、どの用途に装備しても問題なく効果が発動します。また、GERの固有能力は攻撃用ですが、例外的にどの用途に装備しても効力を持ちます(さすがは無敵のスタンド)。

固有の能力は通常1つのDISCにつき1つ備わっています。ただし、明示されていない隠し能力が存在することがあります(例:ホワイトアルバムのDISCを能力用に装備すると、水上を歩けるようになる)。

また、DISCを「合成」することで、1つのDISCに複数の能力を着けることが可能です。【DIOの骨を使用する】か【クレイジー・DのDISCを発動する】ことで、DISCを合成できます。

あと、装備DISCは「発動」することも可能です。発動すると、そのDISCに応じた特殊効果が発生します。たとえば「パープル・ヘイズ」は、圧倒的に装備より発動に適したDISCです(発動すると全体攻撃が可能)。

その他、装備ディスクとは別に、「射撃DISC」も存在します。「ハイエロファント・グリーン」、「エンペラー」、「ホルス神」などです。射撃DISCを装着すると、Sキーで遠距離攻撃を行うことができます。ダンジョンの序盤から終盤まで、接近を待たずに敵に先制できる射撃DISCの重要性は一貫して高いです。

実際にプレイした上での感想

ディアボロの大冒険 スクショ 透明リゾット

ディアボロの大冒険

『ディアボロの大冒険』を一言で言い表すと、「原作リスペクトと細部の作り込みがハンパない神ゲー」です。普段あまり「神○○」とは言わないんですが、このゲームに関してはこういう形容をしたくなります。そのくらいによく出来た、スゴ味のあるファンゲームです。

まずローグライクとしては歯ごたえ十分で、慎重さと戦略性が必要とされる面白いゲームです。そして何より、ジョジョゲーとしてディ・モールト素晴らしいゲームだと思います。細やかな原作再現がとにかく嬉しい。隅々まで原作愛に溢れています。

原作において永遠に死に続けることになったディアボロを、「ゲームオーバーになったら何度でも最初からやり直し」がお約束のローグライクゲーの主人公に据える発想がまず秀逸だと思います(上記の「恒久的な死」との食い合わせがグンバツ)。
負けた相手や死因が記録されるスコアランキング要素との相性もバッチリ。あらゆるパターン&シチュエーションで死を繰り返すディアボロに、いつしか愛着が湧いてしまうこと間違いなしです。

第6部のキーアイテムでもあるDISCを通じてお気に入りのスタンド能力を使用できる仕様もグレートです。原作台詞や動作をふんだんに用いたメッセージやドット絵にはしびれるばかり。
特に敵の攻撃パターンや攻撃動作、ダメージ描写の凝り具合には見事の一言でした。原作の強キャラがガンガン殺しにくるのもたまらないものがあります(究極カーズ、アヌビスポルナレフ、クリーム、ギアッチョ、ザ・ニュー神父など)。

また、敵どころかアイテムに至るまですべてがジョジョ(というか荒木ワールド)由来なのも実にベネです。保存用のアイテムが「エニグマの紙」だったり、ライターを点火するとブラック・サバスが現れたり、細かく挙げていくとマジメに日が暮れます。その作り込みの凄まじさにより、プレイヤーはジョジョワールドに思う存分浸ることが可能です。

あと、装備DISCによって元ネタの洋楽が流れ出す仕様はもはや感動ものでした。ダンジョンの主(ボス)がいる階層で、彼らのスタンドにちなんだBGMが流れているのもイイですね(レクイエムの迷宮の最下層で流れるBGMが大好き)。

拠点となるヴェネチアホテルで流れるのがEaglesの"Hotel Carifornia"なのも好きです。ジョジョアゴで荒木先生が「切ない曲ベスト10」の2位に挙げた曲ですが、哀愁漂う感じが頂点から転落した後のディアボロにピッタリという気がします。

『ディアボロの大冒険』、そのスゴ味の例

最後に、『ディアボロの大冒険』をプレイ中にスゴ味を感じたポイントを具体的に列挙してみます。

  • ジョリーンが承太郎の記憶DISCを守って動かなくなる
  • 鮮血のシャボンに遺されたシーザーのバンダナ
  • 最強のブチギレトニオさん
  • 各種ピッツァが主力となる食糧アイテム
  • エンペラー装備でハングドマンの罠(ガラス片)を回避可能
  • 砂DIOを作れる仲間イギー
  • プロシュートの記憶DISCで覚醒する仲間ペッシ
  • ウィルソン・フィリップス上院議員を投げるDIO
  • ジョセフを食らうDIO(最高に「ハイ!」)
  • これが『バオー』だッ!(バルバルバルバルバル)
  • フロアのどこにいても射撃してくるミスタ(まったく下っ端のカス能力じゃない!)
  • 持ち物をカエルに変えるジョルノ
  • 新入りジョルノを狙い撃ちするムーディー・ブルースのDISC
  • 透明・鉄分攻撃のメタリカ
  • 2回行動&射撃無効&防御力高の鬼畜性能ギアッチョ
  • 1ターンで4回行動できる神速のザ・ニュー神父
  • 壁を突き抜けて移動&2回行動で波紋を流してくる究極カーズ

上記はほんの数例です。『ディアボロの大冒険』の細部の作り込みの妙、そして原作のリスペクト具合は実際にプレイするとビシバシと伝わってきます。さらに時間をかけてプレイすれば、このゲームのスゴ味が心で理解できること請け合いです。

*****

今回は『ディアボロの大冒険』のあらすじや概要、魅力について書きました。次回は実際にプレイした感想というか、ダンジョン攻略の模様を具体的に記事にする予定です。プレイメモっぽい内容になると思います。

『ジョジョの奇妙な冒険』に関するゲームについて、いくつか感想を書いています。

『ジョジョの奇妙な冒険 7人目のスタンド使い』 第3部の旅に同行できるRPG 感想 攻略
『ASSASSINO MEMORIALE』 ジョジョ5部の暗殺チームを攻略できる乙女ゲーム 感想 ※ネタバレ注意
『ジョジョのピタパタポップ』 ジョジョの奇妙な冒険のスマホパズルゲーム レビュー 感想

関連記事

気に入ったらシェア!

かーめるん
この記事を書いた人: かーめるん
フリーゲーム、映画、本を読むことなどが好きです。コンソールゲームもプレイしています。ジョジョと逆転裁判は昔からハマっているシリーズです。どこかに出かけるのも好きです。古い建築物などを見ると癒されます。

当サイトの概要は、「このサイトについて」の中に詳しく書きました。サイト内の全記事をチェックしたい方は、インデックスをご覧ください。

拍手コメントへの返信は、該当記事の下の方に追記します。特別な記載がない場合は、基本的にHNを明記して返信させていただきます。また、お問い合せはこちらのメールフォームからお願いします。

返信の必要のない方は、「返信不要」と書き添えていただければOKです。その場合、内容への返信はいたしません。その他ご要望等あれば、お問い合わせ・コメント時にあらかじめ教えていただけるとありがたいです。

コメント0件

There are no comments yet.