『冠を持つ神の手』 ルージョン 感想 攻略 その11

かーめるん

異世界ファンタジー育成系ADV、『冠を持つ神の手』(かもかて)の感想や考察、攻略記事です。制作サークルは小麦畑様。

その11では、攻略キャラクターの一人、ルージョンについての感想を書きます。

※「ティントア&ルージョンの共通友情エンド」と「ヴァイルの憎悪監禁エンド」を並行する攻略について、攻略メインの記事を書きました。

≪関連記事:共通友情エンドとヴァイル憎悪監禁エンドを並行 『冠を持つ神の手』 攻略

全イベントとエンドを見た上での感想なので、ネタバレしかありません。未見の方はご注意ください。考察みたいなものも書いていますが、あくまで個人的な考えです。主観まみれです。

◇ルージョン・アーネ=フィアカント

18歳の女性。魔術師。神官ティントアの双子の弟。容姿はティントアにそっくり。
かつてフィアカントに存在した孤児院「神の家」で育ち、ある夜突然姿を消した。成人後にティントアと再会し、ある目的を果たすために神官服を着て城内に出没する。
兄とは対照的に口が達者で気性が激しい。他者への警戒心が強く、主人公に対しては辛辣な突き放した態度で接する。なぜかティントアと関わることを頑なに拒む。

冠を持つ神の手 かもかて ルージョン スクショ

登場条件:【ティントア?】発生

用語説明

※リタントでの性別関連の呼称について

三足族の人間は、成人するまで性別が確定しない(未成年は無性)。そのため「令嬢」「妹」「(子供としての)娘」といった呼称は存在せず、女性でも一律「令息」「弟」「息子」と呼ばれる。

※姓名について

(名前)・(分家名)=(本家名)。(本家名)がその人の出身家の姓を表す。「アーネ=フィアカント」は、孤児院「神の家」で育った子供たちに与えられる姓。「アーネ」は「アネキウスの子」を意味する。フィアカントはリタントの首都であり、「神の家」のかつての所在地だった。

ルージョンについて

ルージョンは魔術師です。担当パラは隠しパラである魔力

出会いの場は中庭で、主人公はティントアを装うルージョンにそうとは知らずに話しかけます。素のルージョンと話せるようになるのは、双子の密会を目撃後、通報しないと約束してからのことです。

ルージョンの好感度の初期設定はやや特殊です。愛情攻略にて詳しく書きました。

かもかてには様々な出自・所属を持つ攻略キャラクターが登場します。しかしその中でもルージョンは、とりわけ風変わりな肩書を持つ人物です。

なんといっても「魔術師」です。つまりグラドネーラには、不思議な力・超自然的な力を扱う人々が存在するわけです。個人的な思い出ですが、ルージョンが攻略キャラとして登場したときはかなり驚きつつワクワクしたことをよく覚えています。

ルージョンは、一言でいえば「世界の裏側」(「社会の裏側」ではなく)を垣間見せてくれるキャラクターだと私は思っています。

コインは表の面だけで構成されているわけではなく、必ず裏の面を持っています。世界も同じことです。グラドネーラに“存在しない”魔術師との出会いは、見えなくとも確かに存在する世界の裏側への気づきに等しいわけです。

世界の裏側に生きる魔術師は、ある意味で世界の秘密に近い場所にいます。複雑な社会制度や入り乱れた勢力図に翻弄されることがないからこそ、彼らは世界の理についての独自の視点を堅持しているのです。

ゆえにルージョンの攻略を通じ、プレイヤーは今までとは異なる世界の見方(そして世界への疑問)を得ることができます。

ところで、グラドネーラにおける「魔術師」は、「赦されざる存在」であるとされています。

聖書によれば、太陽神アネキウスはかつて弱き人々のために地上に降り立ち、剣を以て魔を打ち払いました。魔術師とはその魔に通じ、恐ろしい術を用いる邪悪な者だと認識されているのです。

とはいえ、現在のリタント王国には、“魔術師は存在しません”。リタント建国の端緒となる分裂戦役が起きるよりも前、すなわちダリューラ王国時代において、魔術師はすべて討伐されたと伝えられています(【ありえぬ存在】)。つまり魔術師は、すでに死に絶えた人々なのです。

一般人は魔術師と魔物をごっちゃにして捉え、子供を戒めるための寝物語の悪役、あるいは笑い話のタネとなる想像上の生物として語り継いでいます。
国王や多くの貴族にとっては、魔術師とは舌先三寸で取り入ろうとする詐欺師ペテン師でしかありません。
神殿は教義上魔術師に対して厳しい態度で望んでいますが、それは魔術師を「あってはならない存在」として完全に否定する立場を取っているからです。

しかし、魔術師は「かつていた人々」ではなく、実は「現代のグラドネーラに生きている人々」です。幾度もの迫害を逃れて連綿とその業を伝えてきた彼らは、社会から疎外されつつ、現在もひっそりと生きています。ルージョンもそのうちの一人です。

ここからルージョン本人の話に入ります。

ルージョンは神官ティントアの双子の弟です。二人は幼くして親に捨てられ、首都フィアカントの孤児院「神の家」で片時も離れずに育ちました。

しかし今から十年前、二人が八歳のとき、神の家は放火により全焼してしまいます。そして神の家が炎に包まれたその夜、ルージョンもまたティントアの前から姿を消したのでした。

十年後、ルージョンが再びティントアの前に現れたとき、双子の運命はすでに大きく分かたれていました。

ティントアは将来を嘱望される優秀な神官に、ルージョンは社会から疎まれ迫害される魔術師に。グラドネーラ世界においては対極に位置する、互いに相容れない存在になっていたのです。

ティントアはルージョンとの再会を喜び、己の立場を顧みずに彼女を求めました。また前のように一緒にいよう、と。しかし、ルージョンは厳しい態度でティントアをはねつけ、昔と今とは違うということをはっきりと告げます。

十年前に姿を消した理由、魔術師になった経緯、再びティントアの前に現れた理由、ティントアを頑なに避ける心情。ルージョンの来歴は謎だらけであり、しかもその謎それぞれが、妙に重たい雰囲気をまとってプレイヤーの前に立ちはだかります。

山積する疑問が消えるとき、プレイヤーはルージョンのそれまでとは違う一面に触れることができるでしょう。

ティントアとは違い、ルージョンは片割れとの関係修復を切望しているわけではありません。彼女にとってもはや自分と兄とは別個の存在、再び一つになることも、一緒に生きることも許されないのです。

今現在大事なものがあり、切迫した事情を抱えるルージョンは、ティントアとの関係に一定見切りをつけているのかもしれません。

とはいえ、ルージョンのティントアへの想いは、ティントアのルージョンへのそれに負けず劣らず、複雑かつ強いものです。そのためルージョンルートにおいても、兄弟の和解は最も望ましいエンディングと言えるのではないかと思います。

また、「魔術師」らしき存在はタナッセ愛情ルートにおいても登場します。
先にタナッセを攻略したプレイヤーの中で、ルージョン攻略に際して「もしかしてあのときのアイツが出てくるのでは……」と予想した人は、わりと多いのではないでしょうか。

実際ルージョンルートには、【神の業、人の業】に登場した「フードの男」が深く関わってきます。
「フードの男」こと魔術師ドゥナットは、ルージョンの過去や王城へ来た理由を語る上で欠かせない、ルージョンにとっては因縁の人物です。

あともう一人を含めた3名の魔術師の複雑な関係性も、このルートの見どころの一つではないかと思います。

ルージョン攻略の個人的な感想は、「魔術師って危険が多い&ルージョンって幸が薄い」の2点に集約されます。

ルージョン自身の死亡率が他攻略キャラと比較して高いことはともかくとして、主人公の死亡率も魔術師に関わると跳ね上がる(攻略中・エンド後含め。タナッセ愛情ルートを含めてもいいかも)気がします。攻略がまさに命がけ。

全体としてルージョンルートのストーリーはヘビーですが、能力値やフラグ立てといった攻略の難易度も、それに比例して高めに設定されている印象です。

ところで、かもかてには隠しキャラっぽい特殊な登場条件を持つキャラクターが数人います。具体的に言うと、ユリリエトッズ、そしてルージョンの3人です。

かもかては「ひたすら城の中で人間関係に翻弄され」るゲーム(公式サイトの説明より)ですが、この3人は他のキャラクターとははっきりと違う特徴を持っています。それは、彼/彼女らが常時王城に居るわけではないという点です。

つまり、王城を住いとするリリアノたちや仕事の関係上王城に起居するサニャたちとは違い、3人は必要に応じて(手段の合法・非合法を問わずに)、外の世界から王城の中へとやってくるのです。

仮に国王の住まう王城を物語世界の「中心」とし、王城が包括する人々を「中心的人物」と位置付けたとします。

その場合ルージョンたち3人は、程度の差こそあれ、中心から離れた「周縁」に属するキャラクターだと言えるのではないでしょうか(ユリリエは貴族であり、ランテ家と強いつながりを持っているので、他2人と比べると「中心」的な要素をより多く持っていると言えますが)。

そして「中心」に属さないからこそ、彼らのルートにおいてはより狭くディープなテーマ(たとえば)が扱われたり、グラドネーラ世界のアングラな一面(たとえば裏社会の陰謀)が描かれたりするのではないか……と個人的には思います。

また、その3人の中で、魔術師であるルージョンは周縁に位置しながら実はダイレクトに中心へと切り込む資格を持つ人物です。

というのも先述した通り、社会から弾かれている魔術師はしがらみに囚われない独自の考えを有し、それゆえに世界の秘密に肉薄することがあるからです。

では、「世界の秘密」とは何か。これはズバリ、リタント王制の基盤(かつ『冠を持つ神の手』の根幹)とも言える、選定印と寵愛者システムについての秘密です。

神を憎む魔術師ルージョンは、神の愛の証たる選定印について、まったく新しい見方を提示します。

寵愛者=神に選ばれた存在という、世界(と田舎者の主人公が王城に招かれる『冠を持つ神の手』というストーリー)を成り立たせる絶対的な教えは、ここに至って相対的なものになってしまうわけです。

異端的存在である魔術師は、神を奉ずる神官の対極に位置する存在でもあり、同時に、神に選ばれた正統的存在の寵愛者と表裏一体の人々でもあるのではないでしょうか。

王制を中心とする世界のもっとも周縁に位置しながら、もっとも中心に位置する寵愛者の絶対性を揺るがせ、その正統性にダイレクトに疑問を呈する。

魔術師であるルージョンに与えられているのは、そういう役割ではないかと私は思います。

ポンポンと与えられるエキセントリックなルージョンの意見に接したとき、個人的には驚きと恐れ、そして快感を覚えました。何一つ絶対的ではないかもかての世界は、ファンタジーでありながら透徹したリアリティーを有しているとつくづく思います。

攻略にあたっての注意点

前述した通り、隠しキャラであるルージョンの登場条件はやや特殊です。

イベントリストには【ティントア?】(中庭、市なし)の発生が条件とあります。

【ティントア?】を見るには、ティントアの好友が15以上必要です。つまり、ティントアとある程度親しくならないと、ルージョンと知合う機会は得られません。

効率よくティントアの好友を上げることができれば、緑の月(2月)のうちに【ティントア?】を発生させることが可能です。ティントアの序盤の好友上げの詳細については、ティントアの感想記事をご覧ください。

愛情

愛情エンドは2通り存在し、【最後の日】の性別選択によって分岐します。「男」を選択すると愛情A、「女」を選択すると愛情Bです。

全攻略キャラ中、ルージョンは同性同士で愛情エンディングを迎えられる唯一のキャラクターです。

ルージョンの初期好愛度は、彼女の登場時点のティントアの好愛度によって決定されます。
すなわち、ティントアの好愛がプラスならルージョンの好愛は同じ数値分マイナスとなり、ティントアの好愛がマイナスなら同じ数値分プラスとなります。

※ティントアの好愛が+5のときルージョンの好愛は-5。ティントアの好愛が-7のときルージョンの好愛は+7。

要するに、主人公自身への単純な印象とは関係なく、「ティントアが主人公を好きか嫌いか」によってルージョンは愛憎の判断を下す*わけです。

*ティントアは主人公が好き→自分は主人公が嫌いというのはともかく、ティントアは主人公が嫌い→自分は主人公に好感を持つというのはなかなか複雑な心理ですね。

ティントアを過剰に嫌うふりをすることに罪悪感を持っているから、ティントア大好きな主人公には妬みや警戒や同じ類の罪悪感を抱いてしまう。一方ティントアのことが嫌いな主人公の場合、ティントアの存在をあまり考えずに接することができるから精神的に楽……という感じなのでしょうか。

したがって、ルージョン愛情攻略を楽に進めたいならば、ティントアの好愛をあらかじめ下げてからルージョンを登場させるのがオススメです。

逃亡イベントが発生しない程度にティントアへの印愛をマイナスに振り、ちょっとずつティントアの好愛を削っていきましょう(逃亡イベントの詳細については、ティントアの感想記事に書きました)。

ルージョン愛情ルートでは、分岐に直結する場面で高い能力値を要求されることが多いです。主人公一人だけでなくルージョンも生かしてエンディングを迎えるには、あらゆる意味で強くなければなりません。

まず、魔力は惜しまずにどんどんと高めることをオススメします。信仰コマンドを実行していると見えない魔力が徐々に上がり、魔力5に達するとルージョンとの練習イベントが発生します。

練習イベントを経て魔力コマンドが現れたら優先して実行しましょう。【彷徨う姿】や【全てを別つ選択】、【帰る場所】など、分岐に関わる重要イベントの多くでは高い魔力が要求されます。

また、危険な冒険の多いルートなので、武勇知力も十分に磨いておきましょう(知力は必要選択肢が抜けたときの保険です。かなり高い値が必要です)。

印愛については、ルージョンの登場段階で目いっぱい振り、どんどんと加算していきましょう。好愛がアップする選択肢は、ある程度印愛が高くなければ選べないことが多いです。
ルージョンは好愛の引きずられ修正が起きるキャラなので、印愛が高くて困ることはありません。

また、引きずられ修正に絡み、ティントアの好愛が20以上のとき、ルージョンの好愛はイベントごとに下がっていきます(実はその逆も然り)。ティントアの好愛を下げる方針で行くなら問題はないですが、2人同時に愛情攻略したい! といった場合には注意が必要です。

では、攻略スタンスについて書きます。

不遇な人生を送っているためか、ルージョンはストレートな優しさや素直な好意の表現にとても弱い人です。基本的にはルージョン本人に興味を持ち、ルージョンと話しに屋上に来ていると言ったり、ルージョンの好きな食べ物を買ってきてあげたり、彼女のことを何かと気にかけましょう。

ルージョン本人が好意を向けられていると気づいて動揺するくらいがちょうどいいかと思います。基本的にツンデレなので、憎悪ルートに行かない限りはつっけんどんな態度は建前であることが多いです。めげずにいきましょう。

ただし、押せ押せが推奨されるのは普段の態度に限った話であって、性急な行動はNGです。多少強引にいっちゃってもいいだろうと冒険すると、事情を知らない間はポカーンとしてしまうくらいに強く拒絶されます。

異性に関して嫌な思い出のあるルージョンは、主人公が実力行使に及ぶと精神的にさっと引いてしまいます。というわけで、ルージョン好き好きを押し出しつつも、大事なところでは辛抱強く紳士的に振る舞いましょう。

また、ルージョンには誰よりも大切にしている人がいます。その人に対するルージョンの気持ちをないがしろにすると、彼女の逆鱗に触れることになるかもしれません。

【全てを別つ選択】と【帰る場所】のクリア

ここからは、攻略の方針についての説明です。具体的には、【全てを別つ選択】→【帰る場所】のクリアを目指しましょう。

5月以降に発生する【全てを別つ選択】は、愛情ルートにおける必須イベントであり、好愛キャップが解放されるイベントでもあります。
ティントアルートにおける【査問会】と同じ位置付けですが、【査問会】よりも発生させにくいイベントです。

【全てを別つ選択】を発生させるには、魔術師ドゥナットの手がかりを手に入れる必要があります。

城への侵入を繰り返すルージョンの目的は、近頃王城に出入りしているらしい兄弟子のドゥナットを見つけることです。愛情ルートでは、彼女の用事を手伝いドゥナットと再会させることが当面の目標となります。

【全てを別つ選択】の発生条件は、大きく分けて2つです。2つのうち、どちらか1つを満たす必要があります。

1つ目は、【彷徨う姿】でルージョンを手伝い、ドゥナットの魔術の痕跡を見つけて報告することです。正規というかオススメルートだと思います。

ルージョンを手伝うには高い魔力が必要です。比較的早く発生するこのイベントで、ルージョンを手伝うにあたって魔力が50以上必要というのがなかなかトラップじみています。

魔力が低い間は該当イベントを消化しないようにし、黙々と魔力を高めましょう。魔力を上げる間に、ルージョンのその他のイベントをこなすといいと思います(イベント数好感度も条件の一つ)。

魔力50以上で【彷徨う姿】をクリアし、かつルージョンのイベントを10以上こなすと、中日イベント【魔術の痕跡】が発生します。ここでルージョンに報告を行うと、後日【全てを別つ選択】が起こります。

2つ目は、タ【雨の日の追跡】→【雨の日の密会】を起こすことです。

※前提:【念押し】でルージョンと取引済であること。そのイベント時点でのルージョンの好感度がマイナスでなければ、彼女から取引を持ちかけられるはず。

そもそもドゥナットが王城に出入りしている理由の一つは、タナッセと共謀してある計画を進めるためです。したがって、こそこそと怪しい行動をしているタナッセをピンポイントで探れば、自然とドゥナットに行き着くわけです。若干メタ読みっぽいルートかもしれません。

上記2つのイベントを起こす場合、雨の日に中庭へ行き、「二つの」怪しい人影(=タナッセとモル)を追いましょう。

重要なのは【雨の日の密会】の方ですが、このイベントで必要となるのは魔力よりもむしろそこそこ高い武勇です。警戒心の強い取引相手=ドゥナットに気づかれないよう、こっそりとその正体を探りましょう。

取引相手は魔術師らしいと直感した場合、後日【目撃報告】が発生し、そこでルージョンへの報告を行うことになります。

その後の流れは同上ですが、【全てを別つ選択】の直後に強制的に起こる【帰る場所】ではそこそこ高い魔力が必要となります。結局は必須項目ということで、このルートであっても魔力は鍛えておきましょう。

さて、【全てを別つ選択】をクリアするには、①ある程度の魔力、②高い印愛、③高い好愛の3つが必要です。

①の魔力は、魔術練習イベントを順次発生させていけば問題ないレベルに達するかと思われます。ただし直後の【帰る場所】も意識し、十分な数値がほしいところです。
②の印愛は割愛します。
③の好愛については、好愛のキャップ(おそらく上限30)のぎりぎりを攻めるつもりで上げれば余裕をもってクリアできます。

①はイベントに突入するため、②は取り乱したルージョンを繋ぎ止めるため、③はやや強引な主人公の行動をルージョンに許容してもらうための条件と言えます。

また、イベント内の選択肢ですが、突き放すのもアウト&やり過ぎるのもアウトです。難しい。とはいえ、やり過ぎ選択肢はすぐにそれと分かると思います。

以上の流れをクリアし、高熱で倒れたルージョンを秘密裏に自分の部屋(もしくはティントアの部屋)へ連れて行きましょう。

ちなみに、医務室は愛情攻略上選んではダメです。城への侵入は違法行為なので、ルージョンの存在がおおっぴらになってしまうと非常にマズイことになります(もしもここで医務室を選択すると、【逃げるその先】が発生し、ルージョンは帰らぬ人になります)。

続いて、【帰る場所】について説明します。

このイベントは、【全てを別つ選択】を正しくクリアした直後(直近の中日)に発生します。
コマンド実行1回分しか余裕がないので、必要なパラメータ(魔力、武勇、保険として知力)は【全てを別つ選択】を起こす前段階で揃えておく必要があります。

【帰る場所】は加療中に逃げ出したルージョンを追い、城の外(!)へ出るイベントです。ルージョンの侵入経路と手段とが初めて明示されます。

そもそもフィアカントの王城は湖の真ん中に佇む城であり、外界との結節点は衛士が常時詰めている正門のみ。難攻不落と謳われるのも当然のことで、侵入するのは困難を極めるわけです。

そんな王城にルージョンはどうやって出入りしていたのかというと、方法はいたってシンプル。魔術を使い水面を徒歩で渡って侵入していました(with透明マント)。魔術ってすごいや。

実はこのイベントの前振りとして、【気晴らしの質問】で侵入方法について質問することができます。そこで知識を得ていると、【帰る場所】をクリアするのが少し楽になります(※質問していなくても能力値が高ければなんとかなります)。

ちなみに、水の上に足場を作って歩くらしいです。体内の流れを外の世界に展開することが魔術の基本なので、足に流れを集中させて……という感じでしょうか。なんとなく「波紋!」っぽくてひとりでワクワクしたり。

【全てを別つ選択】で自室を選んでいれば問題はないですが、ティントアの部屋に匿った場合は、ルージョンを探して「湖岸」に行きましょう。

ここから、怒涛の能力チェックが始まります。

まず、湖面の上を行くルージョンを見つけられるか。次に、彼女を追うだけの魔力があるか。更に、魔力を使って湖を歩くための知識(あるいは知力)はあるか。最後に、溺れたルージョンを救える腕力があるか。

壮観なラッシュ。強い魔力、かなりの頭の良さ、そこそこの腕っぷしのすべてが必要とされる点で、なかなかシビアな判定と言えます。

以上の判定をクリアすれば、見事ルージョンと一緒に生還し、老魔女の家に到達可能です。

【帰る場所】をクリアし城外に行ける状態にさえなれば、後発のイベントを起こさずとも愛情ルートは確定します。老魔女の家でのイベントを多く見たい場合は、【全てを別つ選択】を早めに起こしましょう。

【最後の日】の選択では、老魔女の家に留まりましょう。ルージョンと生きるためには、城で寵愛者として暮らす生活を完全に捨て、魔術師の世界に入る覚悟が必要です。

上で書いた通り、ルージョンは同性で愛情エンディングを迎えることが唯一可能なキャラクターです。

※一応、ユリリエも女性を選択した主人公に連れ添ってくれます。ただし話の流れから、主人公の選択はユリリエへの裏切でしかなく、結末は愛情エンドにはけしてなり得ません。

これは制作者様の所感にもあるように、ルージョンの愛が依存的なものであることが大きな理由でしょう。恋愛的な情もあるのでしょうが、何よりまず自分を必要としてくれる人への依存心があり、それを満たしてくれるならば男でも女でもかまわないという感じに見えます。

また、主人公がルージョンの過去に配慮して女性を選択し、ルージョンもそれを尊重した……と見ることも可能です。そうなると、女性を選択した主人公の決断はかなり重たいですね。

愛情Aは、仲の良い2人の共同生活を見ることができるエンドです。イチャついているようにしか見えない。ルージョンの可愛らしさが素晴らしい。

主人公は立派な体格になったとのことですが、あれだけシビアな条件をくぐり抜けるハイスぺ主人公ならさもありなんというところです。一応まだ気持ちは伝えていないとのことですが、ゆっくりと紳士的にルージョンの心の傷が癒えるのを待ってほしいものです。

個人的には、本当に2人の子供に選定印は表れるのかという点が気になります。

主人公いわく「次の継承者の誕生を待つ」とのことですが、それが自分の子だったらとんでもないことになりそうです。継承者が世に現れる間隔を考えると、けしてあり得ない話ではないんですよね。

愛情Bは、愛情Aとは一転してシリアスです。初めて僕を必要としてくれた人=ばあちゃんという告白が印象的でした。

詳しくはもっと下で書こうと思いますが、ルージョンは両親が自分たちを捨てた理由を知っています。その結果、彼女はティントアと自分を、「自分は『いらないもの』だがティントアは違う」という最悪の形で区別するに至りました。

結局はその考え方が、「居場所のなさ(神の家に留まらず日の当たる世界すべてにおいて)」をルージョンに痛感させることになったのだと思います。双子の片割れに依存するというある意味当然の逃避を、彼女は一切許されなくなった(かつ自分に許さなくなった)わけなので。

ルージョンが孤独な魔術師の世界に引き込まれたのは老魔女の画策のせいです。しかし、その心はもともと重度の孤独に蝕まれていたのではないでしょうか。

とはいえルージョンは、孤独を自ら受容できるタイプではありません。だからこそ彼女は、たとえ真っ当な理由でなくても自分を必要としてくれた老魔女に盲目的に依存するようになりました。

ルージョンは老魔女が自分を「食う(=殺す)」つもりだと知っていて、それでもかまわないと思っていたのです。それどころか作中でも明らかなように、病身の老魔女を救うために自らの命を差し出そうとしていました。

その献身と一途さは痛々しく、ある意味病的なものです。自分を必要としてくれる唯一の人がいなくなれば自分の居場所はなくなる(=生きていけない)とルージョンは確信していたのだと思います。

ティントアを中心に見たとき、「ルージョンは自分と片割れとの区別をつけて自立しているんだな、それでティントアにも現実を見させて諦めさせようと突き放しているんだ、大人だなあ」と私は若干思っていました。

しかしルージョンの事情を知るにつけ、真実はそう簡単に割り切れないということに気づきました。

ルージョンは他者との関係や世界の中において自分という自我を確立したのではなく、どちらかと言えば、世界から疎外させる形で自分というものを定義しただけでした。その結果があの著しく欠如した自己愛と、特定の人への強い依存心だったのではないでしょうか。

そしてティントアへの頑なな拒絶も、自分の命を捨てようとしているからこそのネガティヴなものであり、けして兄の自立を促すといったポジティヴな志向を持つものではなかったのだろうと思います。

ルージョンにとっての幸いは、彼女の痛々しいほどの献身ぶりがさしもの老魔女の冷酷さをも揺るがしたという点でしょう。「本当、馬鹿だね」と思いつつもついつい慈しんでしまった老魔女の気持ちは、プレイヤーとしてもしみじみと理解できるものがありました。

臨終前の老魔女の、「まずそうだったからに決まってるだろ」「しばらくあんたの顔なんて見たくないからね」あたりは、本当に味わい深い台詞だと思います。

展開は重いですがやり応えのあるルートでした。

ルージョンの終盤のボロボロさに、初見はびっくりしたことを覚えています。しかし、ドゥナットの例の暴露イベントを見たこともあり、くっそーなんとしてもエンドに行き着いてやると逆にモチベーションが高まりました。

憎悪

愛情ルート派生(反転使用)の憎悪Aと、単純な憎悪攻略からの憎悪Bの2通りです。

憎悪Aは、【最後の日】に老魔女を殺害かつ印象憎悪の場合のエンディングです。一方憎悪Bは、【最後の日】にルージョンを告発するも取り逃がす場合のエンディングです。

憎悪Aは、愛情ルートでの印象反転の使用が前提です。しかし前後して満たすべき条件が2つ存在します。

  • 【フードの男】でドゥナットから“餌”の話を聞く
  • 【老魔女の独白】で老魔女に“餌”の話をする

以下では、上記2点について詳しく説明します。

まずは、【帰る場所】でルージョンを老魔女の家へ連れ帰りましょう。大前提です。

次いで【城へ来た理由】を起こし、ルージョンを追いかけずに老魔女と話をします。これは後発イベントの【フードの男】で、特定の話題を回避するためです。

その後、【フードの男】でドゥナットと話をすることになりますが、ここで重要な点が一つ。それは、このイベントより前の段階で主人公の印愛を反転させておくことです。

“餌”の話を聞こうと思うなら、主人公の印愛が高いのはよろしくないです。主人公がルージョンを「愛している」場合、ドゥナットは嫌がらせとしてとある暴露話(詳細は、「フードの男・ドゥナット」に書きました)を優先して話すからです。なんともねちっこい。

  1. ルージョン生存
  2. 印愛が高くない
  3. 【城へ来た理由】でルージョンに会いに行かない

以上の3つの条件を満たすと、ドゥナットは“餌”の話をしてくれます。

あとは【老魔女の独白】で“餌”の話題を出し、老魔女を問い詰めましょう。これにてめでたく老魔女と対立路線に入り、憎悪Aへの準備は整います。

【最後の日】に老魔女を葬り、呆然自失のルージョンを放置してその場を去ればエンド到達です。

憎悪Bを狙う場合は、真っ向からルージョンと憎み合いましょう。

基本的なスタンスとしては、魔術師という身分を歯牙にもかけない態度を取ります。
※ただし、【念押し】の引っかけ選択肢には要注意。ルージョンのイベントが以後発生しなくなる可能性があります。

そして、もっとも有効と言えるだろう方針は、ルージョンの兄であるティントアにちょっかいをかけることです。主に恋愛的な意味で。

愛情攻略の項目にも書きましたが、ルージョンの初登場時の好愛は、ティントアの好愛に左右されます。システマチックな話ですが、もしティントアの好愛がプラスであれば、ルージョンの好愛は自動的にマイナススタートになるので、憎悪攻略が楽になります。

キャラの心情的な話をすると、ルージョンは神官として順風満帆の人生を送るはずのティントアに対して非常に気を遣っています。それもそのはず、魔術師との関わりが表沙汰になることは、身の破滅を意味するからです(最悪処刑されます。ex.ティントアの殺害C)。

ルージョンがティントアを遠ざけ、かつティントアに現実を見ろと諭すのは、ティントアは自分とは違って真っ当な人生を歩むべきだと思っているからです。
また、この時期のルージョンは、老魔女のためにその命を捧げるつもりであり、ティントアの望みを叶える(2人で一緒にいる)など到底無理なことだと分かってもいます。

だから、「せめて片割れの将来の盤石さを確認し、自分を諦めさせてから終わりにしたい」という切実な思いをルージョンは抱いているわけです。

それゆえに、ティントアに近づく主人公をルージョンは敵視します。寵愛者である主人公をめぐり、寵愛者を引き入れたがっている神殿との板挟みになってティントアが苦慮するだろうことを見越しているからです。

ティントアに恋愛的に近づく路線を取るなら、ルージョンは後半のイベントでむき出しの敵意をぶつけてくることでしょう。

ついでに、主人公があくまで自分本位にティントアを利用しようとしている場合、ルージョンの憎悪はいや増します。
【告白と困惑】の後半にルージョンが出てくる場合がありますが、ある選択肢を選んだときのルージョンの冷ややかさと言ったら背筋がヒヤッとするものがあります(主人公がかなりのド畜生になるので仕方がないとはいえ)。

もちろん、ティントアをスルーし単純にルージョンと憎み合っても、憎悪エンドに至ることは可能です。ただ上記の好感度設定の仕様もあるので、一定ティントアを利用して損はないと思います。

憎悪Bの注意点は、主人公のスペックの程度です。

【最後の日】にうっかりルージョンを仕留めてしまうと違うエンディングになります。だから、ルージョンを取り逃がす程度の能力値に抑えておきましょう(とはいえ、けっこう頑張らないと魔術師のルージョンとはやり合えません。そこまで心配する必要はないと思います)。

憎悪Aは、色々な意味で業の深い結末でした。

実はこの憎悪A、印愛35以上のキャラが他にいると、かなりぶっ飛んだ血みどろエンディングへと変貌します。
かつ、その印愛35以上の相手がティントアである場合、さらに衝撃的なエンディングに分岐します。

最初にこのエンディングを見たとき、他に印愛35以上のキャラがいなかったんですよね。だから寝室にルージョンがやって来て、静かに涙しながら復讐を匂わせるエンディングになりました。

しっとりとした良い余韻のエンドだなーと思い、匂わせにしたがって適当なキャラの印愛を35以上にして再チャレンジしたところ、いきなり猟奇ホラー展開になってびっくりしたことを覚えています。このぶっ壊れ具合、ルージョンってやっぱりティントアと双子なんだなーと痛感しました。

印象に残ったのはやはり、印愛35以上の相手がティントアだった場合の結末です。

「主人公の大切な相手を消してやりたい→でもその相手は「もうひとり」だからダメ」という思考回路を辿ったルージョンは、主人公と心中を謀ります。
このとき最期にルージョンが言う、「消えなきゃいけないね、お互いに」という台詞はなんとも悲しいものでした。

ルートを色々と辿って思うのは、ルージョンがティントアに向ける思いの複雑さです。

ルージョンのティントアへの思いの根底にあるのは、「自分とティントアとは違う」という確信だと思います。それはけしてポジティヴなものではなく、そのためにルージョンはたびたび破滅的な行動へと誘われます。

彼女の思考を縛っているのは、彼らの母親が双子を出産したために命を落とし、結果として父は息子2人を捨てざるを得なかったという事実です。

ルージョンは、自分たちは双子として生まれてくるべきではなかった、1人で生まれてこなければならなかったと思っています。もっと言うと、自分は「いらないもの」できっと生まれてはならなかった、一人だけが(ティントアだけが)生まれてくるべきだったと信じているのです。

一方のティントアはルージョンを、唯一自分と同質のものと見なして執着していることを思うと、本当に奇妙なすれ違いだと思います。

神官と魔術師という対極的な立場に分かれたことといい、神様はこの双子の運命をうまいこと操っているのでは? と思ってしまいます(神様=制作者様という意味ではなく)。

憎悪Bは、「またお前か」とツッコミたくなりました。魔術師に目をつけられたらどうしようもないとはいえ、つくづくやられっぱなしです。

一番ろくなことにならなさそうなエンディングだと思います。ドゥナット独り勝ちですよね、確実に。それともあのドゥナットが奇跡的に改心して老魔女を助けるなんて可能性はあるのでしょうか。あるとは思えませんが。

ちなみにこのエンディングで王に指名されると、ヴァイルの後日談が変化します。籠りの最中に主人公が連れ去られたせいで、ヴァイルが急遽六代国王に即位することになったのです。その交代劇については暗い噂が絶えなかったそうです。

確かに単純に外から眺めれば寵愛者同士の潰し合いにしか見えず、魔術師が下手人だったなんて想像もつかないと思います。

憎悪ルートから学べるのは、魔術師を敵に回すのは得策ではないということですね。大切な教訓です。

ルージョンにしてもドゥナットにしても(あと友情ルートwith高印憎での老魔女も)、悪意をもって近づくと倍返しされるのがオチです。魔術師強い、そして怖い。

友情

友情エンドは、2通り存在します。魔術師として老魔女に弟子入りする友情B、そしてティントアとの共通エンディングである友情A

です。

攻略スタンスとしては第一に、魔術に興味を持つことです。そして真摯に学びましょう。

魔術練習イベントを始めとし、「どうやってやってるの?」を意識してイベントを進めていきます。嫌われ者の魔術師に興味を示し熱心に話を聞くというだけでも、ルージョンにとっては非常にポイントが高いのです。ルージョンの教えを乞い、魔力をどんどんと上げていきましょう。

また、彼女はいわゆるを嫌っています。神について話すときには、懐疑的な態度で臨むのが無難です。

その他、ルージョンは選定印と魔力の関係にも興味がある様子なので、そのあたりの話にも真面目に付き合うことをオススメします。

友情ルートの場合、攻略中に城外に出ることはありません。多少の手伝いはともかく、ルージョンの目的については特に深入りしなくてもOKです(下手に深入りするとルージョンの命が危うくなります)。

また、ティントア関係のイベントについてですが、友情Bを目指す場合は無視しても問題ありません。ティントアとの和解を助けようとするとルージョンの好感度は下がってしまうので、むしろ安易に手を出さない方がいいです。

最後に、友情Aで王を目指すのでない限り、魔力は100以上にしましょう(魔力が100以上あると王になれない)。好友が上がりやすくなります。

まずは、通常エンディングである友情Bについて説明します。

とはいえ特筆すべき重大イベントなどはなく、上記の攻略スタンスを押さえてコツコツと進めていくのみです。あれこれと文句を言いつつもきっちりと教えてくれる、ツンデレルージョンを堪能しましょう。

注意点としては、ティントア愛情ルートに入らないようにすることくらいでしょうか。ティントア愛情エンドの条件を満たしていると、【最後の日】にルージョンにそっちに行けと追い返されてしまいます。

流れはちょっと違いますが、好感度が高い場合の【最後の日】に背中を押してくれる展開は、ヴァイル愛情ルートにおける好友高タナッセを思い出しました。

またもう一つの注意として、(印友&)印憎35以上だと友情エンドは迎えられません。具体的に言うと、ルージョンへの悪意を見ぬかれ老魔女に始末されます。

実際に見たときは、「魔術師怖い」とあらためて思いました。まあ身から出た錆な展開ですが、友情ルートでこっそりと憎悪を育むプレイはこういう特殊シチュを見られることがあるから楽しいです。

友情Aについては、ティントアの感想記事の中で説明した通りです。もう一度箇条書きで簡単に説明すると、以下のような流れになります。

友情A攻略チャート

  • 【最後の日】までに二人の好友を35以上にする(大前提)
  • 和解を手助けするとティントアの好友はどんどん上がるが、ルージョンの好感度は下がっていく
  • よってルージョンを優先的にかまい、ティントアはほどほどでOK
  • 王を目指さないならば魔力を早めに100以上にすると楽ちん(ルージョンの好友にプラス補正発生)
  • 逆に信仰は99以下にとどめること(信仰が100以上でルージョンの好友にマイナス補正発生)
  • ティントアとルージョンの関係修復のカギは、ティントアが諦めるか否かである

  • ティントアには「諦め値」が設定されている(初期は4ポイント
  • この諦め値を最終月の最終週より前に0ポイントにもっていく
  • 諦め値が減るイベントはいくつかあるが、以下の3つがオススメ。

    1. 手紙でっち上げ成功
    2. 【すれ違い】でルージョンを引っ張り出してティントアと会わせる
    3. 【すれ違い】後にティントアと話す(要:ティントア印象>ルージョン印象)

    ※手紙イベントで諦め値が2ポイント減る模様。
    ※後ろ2つのイベントは、連続で発生する。

  • イベント成功のために知力・交渉・魔力を十分に高めておく

諦め値が0になると、最終月に中日イベント【もうひとりへの想い】が発生し、翌休日に雨が降ります。あとは【あの雨の日】を見て、【最後の日】にルージョンに会いに行きましょう。

友情Bは、屋上で待つルージョンの決然とした厳かな語りかけにドキドキしました。寵愛者は偉大な魔術師の素質を持つ者、だから一人は玉座に、もう一人は魔術師に……ルージョンはそう言って主人公を誘います。

ヴァイルの感想記事でも書きましたが、寵愛者が2人現れ婚姻によって結ばれるとしたら、お話としては出来すぎているくらいに完璧ですよね。ヴァイルの扱いを見ても、ヴァイルと主人公は対になるものとして設定されていると思います。

しかし、対になっているからこそ、ヴァイルは玉座へ、主人公は王に与しない陣営へ……というラストもドラマチックでいいなと思います。
魔術師の世界に飛び込むルージョンルートは言わずもがな、神殿の一員となるティントアルートにも同じような感想を抱きました。

あとはバッドエンドっぽいですが、トッズルートの内戦エンドも十分あり得た未来なんだろうと思います。

ルージョンは友情ルート途中から、主人公を自分たちのもとへ招き入れることを考え始めていた節があります。神を嫌う彼女であっても、主人公の出現は何らかの導きのように思えていたのでしょうか。

ちなみにルージョンの誘いを断ると、彼女はそりゃそうだと苦笑しつつ諦めてくれます。「居場所」への言及、それがルージョンと会った最期だったという描写が切なかったです。

友情ルートのルージョンを見ると、終始斜に構えつつもすごくさっぱりとしていて、愛情ルートでの崩れっぷりがいっそう際立ちますね。

この友情Bでなら、ルージョンが老魔女に命を捧げるのを阻止できるのではないかと思います。制作者様の所感によれば「根本の問題解決はなされてないか」とのことなので、あとは主人公と老魔女の説得次第なのかなーとは思いますが。

友情Aについては、どちらかと言えばティントア掘り下げエンドなのかなと思っています。

しかし後日談では、ルージョンが生存を前提として本音を吐露してくれるんですよね。愛情・女性エンドもそうですが、繕わない素のルージョン(一人称が「僕」が話してくれるという点でとても貴重なエンディングだと思います。

自分は誰にとっても邪魔な存在だったこと。そんな中、老魔女だけが自分を必要としてくれたこと。彼女の目的を知った上で命を捧げなければいけないと思っていたこと。老魔女の代わりに自ら≪人を喰う法≫を行おうと思ったこと。しかし本の該当箇所は兄弟子のドゥナットが持っていってしまったこと。そのドゥナットを探しに城へ来ていたこと。

ルージョンはまず、ルートのおさらい的なことをざっと話してくれます。

明言はないですが、ルージョンはドゥナットから「真実」を告げられたっぽいですね。成人する頃に知った、ルージョンが知っているとは老魔女は寝耳に水だった、という描写を見るに。

なんとなくドゥナット自身は老魔女にもうその気がないと知っていたのでは? と思います。その上でルージョンに「真実」を吹き込むくらいのことはしそうです(偏見)。

ともかく、老魔女はもともとルージョンをティントアに会わせるつもりで城へ送り込み、結果としてそれは最善の形で結実しました。ティントアの告白は頑ななルージョンの心を解きほぐし、老魔女とルージョンはようやく腹を割って話し合い、誤解が解消されたわけです。

ルージョンが死ぬ必要はもはやありません。しかし、老魔女は遠からず病で亡くなってしまうのでしょう。

ルージョンの葛藤は、そのことに関するものでした。「見殺しにしてしまう」という言葉からも明らかなように、ルージョンはまだ老魔女が死んでしまうことに罪悪感を覚えています。しかし同時に、老魔女が助かる方法はあってももう自分はそれを実行できないとも言います。

その理由は「怖い」からです。ずっと老魔女やティントアや主人公の側にいたいから、怖くてできない、と。「僕は、勝手だ」とルージョンは言います。

このシーンのルージョンは終始泣いているんですが、プレイヤーとしてもちょっと泣けるものがありました。

死ぬのが怖いのは当たり前なんだから気に病む必要はないのに、自分を責めてしまうルージョンの心にグッときたのが一つ。もう一つは、ルージョンはやっと「居場所」を得ることができたのだと分かったからでした。

ルージョンはずっと自分は邪魔者だ/だからこうしなければならないと自己完結し、ルージョンに側にいてほしいと望む人たちから、いとも簡単に自分を切り離そうとしてきた節があります。

もともと彼女は居場所のなさに苛まれ、その自己評価は地を這うレベルでした。ゆえに、周囲の人にとっての自分の存在の重さも、同じようにどこまでも軽いものとして見ていたのではないでしょうか。
老魔女のために、老魔女の気持ちを確かめることなく、自分の命を使い捨てのようにできたのもそのせいだと思います。

こうした彼女のあり方は、負の方向に独善的だったと言ってもいい気がします。誰かのために献身しつつ、実は誰の声も受け入れていないという点で。

しかし、このエンドのルージョンは、愛する人たちの思いを聞き入れました。愛していること、生きて側に居てほしいということ、それが彼らがルージョンに伝えたいことでした。

ずっと欲していた「居場所」をルージョンが見つけたのは、彼らの話に耳を傾けたそのときだったのではないかと思います。

そして、世界から疎外されていないことを知った以上、ルージョンはもはや居場所を手放すことも、世界から自分を切り離すこともできなくなったのではないでしょうか。

死ぬのが怖い、皆と一緒にいたいと泣くルージョンを見ていると、ぎゅっと抱きしめてあげたい気持ちに駆られました。同時に、たしかにこの子はティントアとはちょっと違うんだろうなと思いました。

ルージョンは、こういう言い方が正しいのかは分かりませんが、根本的にはごく平凡な愛を求める普通の子供のままなんじゃないかという気がします。貧しくともごく普通の家庭に生まれ、世界を愛して育つことができれば、それで満足できるような子だったんじゃないかな、と。

それができない状況に生まれ、どんどんと追い込まれ、なまじ頭が回っただけにずぶずぶと泥沼にはまり込んでしまったのが彼女の不幸だった気がします。

ところで、「僕は、勝手だ」という台詞でティントア【雨の日の憂鬱】を思い出しました。

また、このエンディングの雰囲気は、ティントア友情ルートの【最後の日】とよく似ている気がします。心に秘めたことを誰かに知ってほしかったという切なる心情や、最後に主人公に「ありがとう」と言って締めるあたりは特に。

ルージョンのルートは、登場キャラの致死率が高いルートです。だから、誰も死なずにルージョンの抱える問題が解決される友情Aにたどり着いたときはほっとしました。

主人公だけがルージョンをなんとか助けるより、仲直りしたティントアと仲良くしている模様を伝え聞く方が個人的には好きです。あえて傍観者的ポジションにとどまりつつ、うまくいってよかったーと喜ぶだけで満足というか。

たぶん、ルージョンとティントアの双子感対照的でもあり似通ってもいる・性格が相互補完的)っていいなと私が思っているせいだと思います。

ルージョンは幼い頃から思い詰めやすかったらしいです。そんなルージョンについてティントアは、「ぎゅっとしてあげて、大丈夫って言ってあげればそれで良かったんだよ」と話してくれます(ティントア友情A)。

あ、そんなことでよかったのか……と拍子抜けするとともに、これからのルージョンはティントアにそうしてもらえるんだ、本当によかったなあ、とホロリとしました。

わかりにくい他作品の例でアレですが、この不思議で複雑な感無量感、なんとなく『スーパーダンガンロンパ2』の狛枝エンドinアイランドモードを思い出しました。

裏切

基本的には、愛情ルートから派生します。流れとしては2通りに分けられます。

1つ目は、【最後の日】に老衰で亡くなった老魔女をルージョンとともに看取り、彼女を家に残して城に帰る場合。2つ目は、主人公の手で老魔女の命を奪ったのち、ルージョンに家から追い出されて城に戻る場合。

前者は老魔女と協調、後者は老魔女と対立とざっくりと捉えられると思います。

老衰で亡くなる老魔女を看取る場合は、愛情ルートの【最後の日】から分岐します。老魔女が亡くなって意気消沈するルージョンをなだめ、再訪を約束していったん城へ帰りましょう。

老魔女と対立して打倒するルートは、フラグ立て的にも能力値的にも難しいです。

まずは、【フードの男】で“餌”の話題を発生させる必要があります。次いで、【老魔女の独白】で老魔女に”餌”のことを問い質さなければなりません。

【フードの男】での“餌”の話題発生方法については、憎悪攻略の中で詳しく説明しました。もう一度簡単に書いておきます。

  1. 【城から来た理由】でルージョンから、「ドゥナットが何かを所持している」ことを聞いている
  2. ルージョンがイベント発生時点で亡くなっている
  3. 印愛高

上記3つの条件のいずれかを満たしている場合、そこから派生する話題が優先されます。よって、①②③の条件を満たさずにこのイベントを迎えましょう。

次に、【最後の日】に老魔女を倒します。ここまではすんなり進むとして、問題はルージョンの説得です。

印愛、好愛、事情を説明できるだけの交渉力が成功の条件となります。けっこうハードルが高く、そして失敗すればどうなるかはお察しです。

半年後、主人公がようやく老魔女の家を再訪したとき、そこにルージョンの姿はなく……という虚無感漂うエンディングでした。ルージョンの末路を思うと暗澹たる気持ちになります。

気になるのは、老魔女の家が半年という期間とは釣り合わないほどに朽ちていることです。「扉は外れ、屋根は落ち窪み」って人為的に破壊されたように見えます。また、家に遺体や書置といったルージョンの行方を示すものがなかったことも気がかりです。

まさかドゥナットに連れて行かれたのでは……と最悪の結末を想像してしまいました。
ドゥナットが老魔女の家に近づかなかったのは、結局のところ老魔女がそこに居たからですよね。それに、好愛35以上&印愛34以下&印友35以上のときの【最後の日】を見るに、ルージョンが自主的にあの家を離れることはないと思います。

もっとも、ドゥナットなら主人公宛にわかりやすいアピールを残していきそうです。また、たとえば、ルージョンが家の外で事故死→後からやってきたドゥナットが家を漁って適当に破壊……という流れもあり得ない話ではありません。

具体的な部分はうまくぼかされているので、プレイヤーの受け取り方によって後味が変化する結末だと思います。

協調路線の場合は、主人公がルージョンの内外に存在する脅威を分かっていなかったこと、ルージョン以外のすべてを敵に回すだけの覚悟に乏しかったことが敗因でしょうか。
対立路線の場合は、主人公も老魔女もルージョンの依存具合を見誤っていたことが致命的だった気がします。

やるせない結末なだけに、他のエンディングへの期待が否応なしに高まるエンドです。

殺害

エンディングは4通り存在します。

  • Dエンド:【最後の日】到達までにルージョンが命を落とす(その場面を見る)
  • Bエンド:主人公が直接手を下すin老魔女の家(愛情派生)
  • Cエンド:主人公が直接手を下すin王城(憎悪派生)

そして、最も難しいのはAエンドです。ドゥナットから「紙片」を取り戻し、それをルージョンに手渡す必要があります。

ルージョンは、公式で一番死亡パターンが多いキャラです。「出てこなくなったらたぶん死んでいる」と制作者様の所感にあります。死因も様々なら、加害者(ルージョン自身を含む)もまた様々。

特徴としては、主人公とは関係のないところで命を落とす誘因をいくつも抱えていることでしょうか。まさに「死と生の綱渡り」な状態で、プレイヤーが気を抜いているとすぐに落命してしまいます。

魔術師という生業、王城への侵入という危うい行い、何より彼女自身の切迫した精神状態を考えると一定仕方がないのかもしれません。

まずは、一番簡単なDエンドについて説明します。このエンディングへ至る流れは、大きく分けて2種類あります。

一つは、【逃げるその先】でルージョンを探し、追い詰められた彼女が身を投げる(あるいは転落する)ところを目撃するパターンです。

ルージョンを「探す」を選択すると該当場面を見ることができます。【逃げるその先】を発生させるには、【全てを別つ選択】でルージョンを「医務室」に預ける必要があります。

もう一つのパターンは、【帰る場所】で湖に落ちたルージョンがそのまま溺れてしまう場合です。【帰る場所】を発生させるには、自室あるいはティントアの部屋で秘密裏にルージョンをかくまう必要があります。

上記のイベントの詳しい内容は、すでに愛情攻略の中で書きました。このパターンについて言うなら、魔力と知力(あるいは知識)の条件をクリアしつつ、武勇を低めに抑えておけばOKです。

以上どちらかのパターンでルージョンが命を落とした(正確に言えばそのシーンを目撃した)後、【最後の日】に屋上を訪ねればエンディングに到達できます。

次にBエンドですが、愛情ルートで印象反転を使用すればOKです。老魔女協調路線と老魔女対立路線(“餌”の話をする)のどちらでも可能ですが、明らかに前者の方が簡単です。

老魔女の生死が絡むとルージョンは抵抗どころではなくなります。サクッとやってしまいましょう。

Cエンドは憎悪ルート派生です。【最後の日】にルージョンと対決し、勝利して彼女を仕留めましょう。対決方法は、一対一で決着をつけるか、あらかじめ衛士を手配しルージョンを囲ませるかの二択です。

ルージョンは主人公よりも魔術に長けている上に、頭と口の回る女性です。スペックの低い主人公では、到底思いを遂げることはできません。

一対一で戦うのであれば、物理的手段に訴えるために魔力に加えて武勇も磨いておく必要があります。

衛士の協力を得る場合は、彼らをきちんと従わせることのできる能力、すなわち相応の威厳名声が必要となります。しかし、衛士の協力だけでは魔術師に対抗するには不十分であり、主人公自身の高い魔力が必要不可欠です。

複数で囲むというのは小狡いやり方だからか、成功条件も厳しいものになっていることに注意しましょう。

最後にAエンドですが、これは愛情ルート派生です。手順としてはまず、ルージョンを無事に老魔女の家へ連れ帰ったあと、【城へ来た理由】を発生させます。

イベント中にルージョンに会いに行くと、フードの男ことドゥナットが彼女の求めている「何か」(のちに「紙片」と判明)を所持しているらしいという情報をゲットできます。

これにより、後日起こる【フードの男】にて、ドゥナットが持っている「紙片」についての話題が発生するようになります。

Aエンドに到達するには、【フードの男】でドゥナットからその「紙片」を奪い取る必要があります。種々のイベントから明らかですが、ドゥナットは強力な魔術師であり、生半可な能力値ではまず太刀打ちできません。

【フードの男】は、【城へ来た理由】を起こすと翌週に自動発生します。
前もって武勇および魔力を十二分に磨いておきましょう(能力値に成否が左右されるイベントの中では、このイベントが一番高難度なのではないでしょうか。ヴァイル【悪ふざけ】あたりもかなり難しいとは思いますが)。

このイベントで「紙片」を手に入れ、【最後の日】を待ってルージョンに手渡せばエンディング到達です。

ルージョン、本当に危ういキャラクターだと思います。特にハッとさせられたのは、自ら命を絶つ場面が存在することでした。

死に直結することをあえて行い、消極的に殺されようとするキャラクターは他にもいます。

しかし、自ら死を選ぶシーンのあるキャラクターはルージョンくらいだろうと思います(なんとなくですが、神殿の教えは自害を認めていないような気がします。もし死してなおルージョンが「神の愛」から疎外されるとしたら、あの痛切な独白もあいまってやり切れない気持ちになります)。

ヴァイルに儚い印象を持っていると以前書きましたが、ルージョンについては「儚いというかつくづく薄幸だな……」と思わずにはいられません。

【永遠の少年】は、立場こそ大きく違えど死に惹かれやすい不安定なメンタリティーを持つ2人が会話するイベントなのかもしれません。母に死なれ父に捨てられ、と境遇も似通っています。

特に、Dエンドに繋がる【逃げるその先】では、死の間際のルージョンの心情の吐露に胸がキリキリと痛みました。
【雨天閲覧】で彼女の過去を話してもらった後に見ると、つらいを通り越して苦しい気分になります。我ながら感情移入の行き過ぎですが。

ルージョンの本当の気持ちが能動的に表現されるのは、おそらく友情Aとこの【逃げるその先】だけだと思います。

たとえば、神の愛はもうひとりのもの、自分には何一つない、魔術師になっても(神は)憎んですらくれないという一連の独白は非常に印象的です。

一見神の愛に充足しているティントアが人の愛を渇望していたのを知ったときと同じく、神を罵ってはばからなかったルージョンの口からこんな告白が出てきたことに、衝撃を受けざるを得ませんでした。

結局ルージョンの心理の根底にあるのは、どこまでいっても自分は誰かに承認されることはない、つまり「誰にとっても自分はいらない存在である」という思いだろうと私は思います。それが老魔女への盲目的な依存に繋がり、自分を世界から幾重にも疎外していくメンタリティーに繋がったのだろう、と。

このイベント内でもルージョンは、お前と私は違う、もうひとりと私は違うと繰り返しています。

世界における「居場所」は実はティントアの傍にあったし、老魔女の傍にも見つかったと思うんですよね。ルージョンがもう少し自分に対して優しくなるか、突っ走る前に相手に相談をしさえすれば。しかし、不幸な偶然の重なりがルージョンにそれをさせませんでした。

そして何より、ルージョン自身が(強固な思い込みのもと)無意識的に世界の輪から逃げ出していった節もあるのではないかと思います。

十年前の失踪といい今回の≪人を食う法≫といい、まずは社会的に、その次は物理的に、世界から離脱しようとしているようにも見えるので。

では、4つのエンドについて感想を書きます。

Dエンドのあの鳥は老魔女の使いらしいですね(質問企画より)。老魔女もやり切れないだろうと思います。ほんの少し魔術師と関わったものの、思い出しか残らずそれも風化されていき……というビターなエンドでした。

Bエンドは、相も変わらず主人公の冷酷さが怖かったです。

ルージョン愛情攻略の場合、【フードの男】でドゥナットから露骨な挑発をされることがほとんどだと思います。あの場面で反転するのがタイミング的には妥当なのでしょうが、まるで主人公がショックから拗らせたように思えるので苦笑いしてしまいます。

ただ、後日談にはやや驚きました。まさかドゥナットが仇討ちにやってくるとは。

本人は復讐を否定し保身だと言っていましたが、どちらの要素も含みつつの気持ちで殺しにきたのではないかと思います。
公式の質問企画にも、ドゥナットの最も嫌がること=「腐った死体を二つ転がしておくこと」というBエンドの内容を示唆する回答がありました。

ドゥナットはとことん性格のねじくれた人ですが、「老魔女とルージョンのことは一定特別に思っていたのかな」とか「同胞二人をいきなり失って多少嫌な気分になったのかな」とか色々と考えてしまいました。

完全に善い人もいなければ完全に悪い人もいないというかもかてのリアリティーはここでも貫かれている気がします。

とはいえ、ドゥナットへの「この野郎」的な苛立ちはそれとは無関係にあります。

全体的にしてやられてばかりなのでフラストレーションが溜まるんですよね、本当に。ローニカ裏切でも良いようにやられるし。某も☆ぐらでようやくスッキリしました。

Cエンドティントアの狂気再びでした。
ざまあないねという口調にまず驚き、「レハト」と呼ばれてから、やっぱりこれティントアだと気づいてじわじわと怖い気分になりました。ティントアを葬ればルージョンが報復に来るように、その逆もまた成り立つわけです。

どうやら主人公の命を奪ったあと、ティントアは自ら湖に飛び込んで果てたようです。ルージョン憎悪Aのルージョンの狂気を思い出しました。双子の言動は普段は対照的なのに、狂気モードに入ると不思議と似通ってくる気がします。

しかしこうして考えると、他キャラルートと比べて主人公の計画はうまくいってないですね。そもそもルージョンルート全体において主人公の死亡率はとても高いとはいえ。

4つのエンドのうち故意に実行したものが2つとして、その両方で別々の人間に報復されます。なんとも殺伐。

最後に、Aエンドはどこまでも悲しいすれ違いでした。
老魔女とルージョンもすれ違い、主人公とルージョンもすれ違い、それぞれの善意がまるで報われない方向に働いてしまうという。やつれた老魔女と面会する後日談はどうにもつらかったです。

ルージョンは老魔女のために命を捧げることを決めきっていたので、引き止めることは無理だったのでしょう。それでも主人公に対して欠片なりとも未練を見せてくれたことは救いでした。

ふと気になったのは、もし老魔女と二人きりの閉じた世界で本当に老魔女が亡くなったら、ルージョンはどうなるのかということでした。

たとえば兄のティントアは、依存相手のルージョンがいなくなれば生きてはいけないと幼い頃は思っていたそうです。しかし、実際にはそんなことはありませんでした(その結果、ティントアは自分含めたすべてへの不信をつのらせることになります)。

個人的には、ルージョンの場合は本当に生きていけなくなるのだろうなと思います。生への衝動ってけっこう強いので、実際にその場面にならないとなんとも言えない部分はありますが。

憎悪ルートに引き続き、生半可な気持ちで魔術師に関わると危ないという教訓が得られるルートでした。

見返していると量的にも質的にも若干気が滅入ります。が、攻略方法が特殊だったり内容的にも濃かったりで面白いですね。

逃亡エンド

ルージョン攻略の過程で、ある特殊エンディングへと分岐することがあります。

それは、「逃亡」エンドです。厳密にはキャラなしエンドの一つというだけですが、後日談がかなりドラマチックだったのであえて項目を設けました。といっても短い感想です。

【帰る場所】を無事にクリアすると、主人公は秘密裏に城を抜け出せるようになります。それに伴い、「城から逃げ出す」という選択肢を選べるようになるのです。

脱出に成功するとそこで攻略は終了し、エンディングへと移行します(なんとなくですが、成功には能力値がある程度必要な気がします)。

逃亡エンディングは、主人公が王城から脱出した三年と少し後に始まります。

王城で学んだ知識と魔術とを用いひっそりと生きていた主人公のもとに、ローニカが訪ねてきます。彼は、新しい継承者が誕生したこと、それによって主人公が継承者という束縛から解放されたことを伝えに来たのです。

主人公はローニカを見送り、「二人目は、最初からいてはならなかったのだ」と独白しつつ、扉に閂をかけるのでした。

「な、なんかカッコいい!」というのが最初にこのエンディングを見たときの感想でした。テンションが上がると語彙力が落ちますよね。

「北から吹くそれ(=風)は、極北に降る雪をわずかに含んで……」という言い回しを見るに、主人公はリタントの北部に隠遁しているのでしょうか。

世捨て人のように達観した主人公のモノローグにまず痺れます。上記の台詞は、ルージョンの心情と若干重なるところがあるような気もします(とはいえ二人目の寵愛者が存在したからこそ、ヴァイルは無事に成人して即位できたとも言えるのですが)。

また、ローニカが健在であったことは嬉しかったです。

ヴァイルの即位から3年ということは、リリアノはとうにランテ領に隠棲しているはずです(あるいはすでにこの世を去っている可能性も)。それにも関わらず、引退せずに現役であり続けたのは、逃亡した主人公を見守るためだったのではないでしょうか。

個人的にはこの結末から、連続で城外に出た主人公を始末しにかかるのはローニカなんだろうなと確信を持ちました。まことローニカは、主人公の一番近くにいるキャラクターだと思います。

攻略キャラの誰とも深い縁を結ばず、華やかな権謀術数の世界からあえて遠ざかり、独りきりでひっそりと生きていく……異色の結末ではありますが、主人公の強い意志と静のドラマ性を感じられるエンディングだと思います。

最後の扉に閂をかける描写は、王城の世界と自分とを結ぶ唯一の存在であるローニカと決別するとともに、自分の人生から寵愛者としての一年にも満たない過去を締め出そうとしているようにも見えました。

寵愛者としての自分はいらなかったと結論付ける主人公の胸に去来したのは、はたしてどのような感情だったのか。いまだに見返しては考えてしまうエンディングです。

双子の過去と「もうひとり」の失踪

ティントアとルージョンが捨てられた理由と、ルージョンが突然姿を消した理由について自分なりにまとめました。

雨の日イベントに【雨天閲覧】というものがあります。とある薬草についての本を探すルージョンを手伝う図書室イベントです。

実はこのイベント、手伝いを成功させることでルージョンから重要な話を聞くことができる場合があります。ただし、ルージョンの高い好感度が必要です。
【雨天閲覧】は雨の日イベントの初回に位置付けられるので、この隠し条件に気づかないままイベントを終えてしまうことはままあると思います。

重要な話というのは、双子の両親が2人を捨てるに至った理由です。実は双子の父親は、神の家宛てに紙片を残していたのです。

ルージョンは、文字の読み書きの勉強をすることを条件にその紙片を貰う約束をし、ついにはその内容を読めるまでになりました。紙片に書かれていたのは以下の一文でした。

「ふたりめひかかってつまはしんだから、ふたりはむりで、おねがいします」

どうも双子のうち、2人目の赤ん坊がなかなか生まれず、結果として母親は死んでしまったらしいのです。残された父親は男手一つで2人の赤ん坊を育てることの難しさを悟り、神殿付属の孤児院である神の家の前に双子を置いていったようです。

こんな内容をいつか親が迎えに来てくれると信じている子に読ませるって、正直酷いですね。現実を見て神におすがりした方がいいよという意図があったとしても意地が悪すぎます。それだけルージョンのはねっかえりに手を焼いていたのでしょうか。

両親が自分たちを捨てた理由を知ったルージョンは、とんでもない衝撃を受けます。母親の命を奪い惨めな孤児院暮らしに双子を追い込んだのは、他ならぬ2人のうちどちらかだったのだ、と。
そんなの双子のせいじゃないと心から思いますが、孤児院生活を憎み家族の暖かさに憧れていたらしいルージョンにとっては、そうは思えなかったのでしょう。

ここで、「引っかかった方」は自分であると固く信じ込んでしまったことが、ルージョンのその後の方向性を決定づけました。

双子は一つのものとして生まれてこなければならなかったのに、本来いらなかった自分が間違って生まれてきてしまった……そんな思いにとらわれ、世界からの疎外感と片割れへの罪悪感がルージョンを苛んだわけです。

もともとルージョンは、神の家や引き取り手にとって自分は邪魔な存在であると思っていたようです。そこに上記の決定打が加わり、失踪する道を選んだのだと思います。「真実」を知った以上、「自分とは違う」ティントアと一緒にいるのは彼女にとって許されないことだったのでしょう。

ルージョンの失踪に直接的に関与したのは、老魔女ドゥナットです。とはいえ、その関与の程度は不明です。老魔女がドゥナットに命じて神の家に放火させたらしいのは確かとして、その前後の経緯がよくわからないんですよね。

神の家燃える→雨が降る→ルージョン雨の中に立ち尽くす→ティントアそれを目撃→ドサクサに紛れてルージョン失踪(withドゥナット)という流れでいいのでしょうか。

また、ドゥナットの言う「追い込んで」「奪って」というのは、「ルージョンから住居を奪い半ば強引に連れてきた」という解釈でOKなのでしょうか。まさか紙片にまで絡んではいないと思いますが。

ルージョンは生きていく上で難儀なことを背負い込みやすいキャラだと思います。環境の問題もありますが、本質的にはあれこれと考え過ぎて思い詰める性格のせいで。

質問企画にありましたが、ティントアが双子が捨てられた経緯を知ったとしても、ルージョンと同じ思考はしないそうです。ティントアはもともと親の愛を信じていなかったので、まあそんなものかで流すのでしょうか。

ともかく根本の性質についてもルージョンとティントアとは対照的に造形されていて、2人一緒にいれば互いの弱点を補い合えるようになっているのだろうなと思います。

フードの男・ドゥナット

多くのプレイヤーが最初に出会う魔術師は、もしかするとタナッセ愛情ルートに登場する「フードの男」なのではないでしょうか。

タナッセと共謀して主人公の選定印を奪おうとする彼については、ルージョンルートにてルージョンの兄弟子であること、「ドゥナット」という名前であることが明かされます。

見た目から判断するならば、ドゥナットは18歳のルージョンよりも二、三歳ほど年上のようです(【全てを別つ選択】より。また、公式HPの質問企画には、ドゥナットが21歳であることが明記されています)。

以下、ぼかしつつ生々しいことを書いています。ドゥナットに対してけっこうきついことも書いているので、併せてご注意ください。

率直に言って、ドゥナットは好感を持てないキャラクターです(かつ、そういう効果を意図したキャラだと思います)。

【全てを別つ選択】で「うわー」と思い、【フードの男】(好愛35以上バージョン)ではっきりと「この野郎……」と思いました。あえて関西弁で表現するなら、「ほんま最低なヤツやなあ、マジで許せへんわ」という感じでしょうか。

ルージョンは【成人の宣誓】で、性別を選ぶ余地がなかったと漏らします。どういう意味なんだろうと不思議に思っていたわけですが、真相を知ったときはさすがに気分が落ち込みました。生々しすぎる。

真相を知った後で【永遠の少年】を見ると、ルージョンの語ることの意味が分かってなんとも言えない気持ちになりました。

未分化の頃、ルージョンは神殿で成人礼を受けなければ大人になれないと思い込み、真剣に悩んでいたようです(実際は神殿で成人礼を受けなくとも成人することは可能でした)。神を憎む彼女にとって、神殿に近づくことは心理的に受け入れがたかったのでしょう。

すでに成人していたドゥナットは、そういったルージョンの無知につけこみました。神殿に行かずとも成人できる方法があると持ちかけ、行為に及んだわけです。

結果として、ドゥナットは老魔女に絶縁され追い出されます。しかし、特に精神的なショックの大きかったルージョンは、引きずられるように女性に分化してしまったそうです(行為自体は途中だったという話ですが、周辺の際どい発言を見るに、刑法上の既遂ではあったんじゃないかなと思っています)。

この話、個人的にはとても衝撃的でした。それは他のプレイヤーの方にとっても同じだったようで、公式の質問企画ではこのエピソードについての質問がいくつかなされています。

未分化相手にどうやって……とか、そもそも未分化を相手にするのってグラドネーラの倫理的にはどうなんだといったディープな質疑応答も存在します。感情はとりあえず抜きにして、「あの世界にもそんなことってあるんだ、本当にリアル志向だ……」と思いつつ該当部分を拝読しました。

一応ドゥナットにも、複雑な背景は存在します。

かつての老魔女は相当に筋金入りの魔術師で、実の孫に対しても容赦のない対応をしていたようです。その非情さは、まだ少年(11歳くらいか)のドゥナットが神の家への放火を命じられた事実に端的に表れています。



魔術師に必要な素質は孤独という彼女の信条に基づくものだとしても、ずいぶんと惨い話です。ドゥナットの性格形成に保護者であった老魔女の教育が影響したというのは、もっともな話だと思います。

また、冷酷だった老魔女ですが、餌にするべく拾ったルージョンに情が移り、魔術師らしからぬ愛情をひそかに抱くようになったようです。

老魔女の孫であるドゥナットにとって、この事実が面白くないのは当然でしょう(自分も祖母に愛されたいと彼が思っていたかどうかということは別として)。餌として飼われている家畜のくせにという蔑みや憤りもあったのではないかと思います。

とはいえ、そういった事情によってドゥナットの行為が正当化されるはずはないと思います(というかしてはいけない)。シンプルに最低な行為なので。ルージョンが気の毒です。

かもかて流に表すなら、ドゥナットへの個人的な印象は愛憎軸が思い切りマイナスに振れているイメージです。他方、友嫌軸はマイナスに振り切れているわけではありません。

好愛軸は「許容」、友嫌軸は「共感」を表しますが、要するにドゥナットについては「一定理解できるところはあるけどまず許容できない」という風に感じています。

神への懐疑論

「寵愛者の額に刻まれている印は、神の恩寵と選定の証である」
「寵愛者は神の代理人として、リタントを支配する資格を唯一与えられている」

以上の事項は、ほとんどのルートにおいて揺らぐことのない“真実”です。田舎育ちの主人公が王城へ招かれあまつさえ王になれる(=かもかてというゲームが成立する)のも、もとはと言えば、選定印の正統性が自明のものとして了解されているからです。

たとえば、こんなヤツに選定印が与えられるとはと主人公を馬鹿にしたり、神様が間違えたんだと憤ったりするキャラはいます。しかしそういったキャラも、「神が主人公を選んだ」ことを前提に話をしています。

選定印=神の与えたもの、寵愛者=神に選ばれた人という認識は、リタントの国民の間ではほぼ共有されているわけです。

この認識に異を唱える、または異を唱える可能性のある攻略キャラクターはおそらく3名ほどです。

1人目憎悪エンドでのモゼーラで、選定印はある時点から人(特に貴族)によって操作されるようになったのではないかと考えます。
2人目神官ティントアで、選定印は王の徴であって神の徴ではないと考えています。
3人目魔術師ルージョンで、兄と同じく、選定印は神の徴などではないと考えています。

モゼーラの場合、選定印は最初こそ神が与えたものだったが、だんだんと人によって管理されるようになった……と考えているようです。

モゼーラの疑いの力点は、どちらかと言えば、選定印そのものよりもリタント王制とそれを取り巻く貴族層に置かれています。だからその推測は、選定印のみに目を向けて神の徴か否かを語っている双子の思想とは区別されるべきだろうと思います。

ティントアとルージョンは、神官と魔術師という正反対の身分にありながら、彼らの世界の根幹を成す思考の枠組について、共通の異端的な考えを持っています。すなわち、選定印≠神の徴という考えです。この考えがいかに反体制的かは言うまでもないことでしょう。

ティントアはその立場上(というより性格上)進んで自説を明かしません。しかしルージョンは、対照的に、自分の考えを積極的に口にします。

ルージョンは選定印を、魔力の所産・魔術師の素質の証として捉えているようです。

たとえば【成人の宣誓】で、もし主人公と自分との間に子供が生まれれば(!)その子の額には印があるだろうと彼女は話します。
また友情Bでは、寵愛者であるリリアノとヴァイルも主人公と同じく素晴らしい魔術師になれる素質を持っていると断言します。

つまりルージョンに言わせれば、寵愛者は神に選ばれた人間ではなく、単に強い魔力とその素質を持つ人間にすぎないのです。ゆえに選定印は神の印ではなく、潜在的な魔力の高さを示すメルクマールでしかないわけです。

ちなみに寵愛者=高い魔力を持つ者という説は、ヴァイルルートの【すれ違いの果てに】においてほとんど実際的に証明されています。

このイベントでは分岐によって、魔術を学んだ主人公かルージョンのどちらかが、衰弱したヴァイルの「流れ」を魔術によって整え見事生還させることがあります。そんな無茶な芸当が可能なのは、ヴァイルが主人公と同じ寵愛者である=潜在的に強い魔力を持っているからだとルージョンは説明します。

そしてそこから一歩進め、選定印を与えたのは神ではなく魔術師なのではないかとルージョンは考えているようです。その考えは、「お前たちの額の印は神の与えた徴という。それが真実というならば、神と魔術師は同じところから来ている」という友情Bでの語りかけに端的に表れています。

いくつかのイベントからも分かるように、ルージョンは神の存在を否定しています。ここではあえて神は存在すると仮定した上で、「でも選定印を与えたと言われるその“神”は魔術師(=人)なんだよ」と言っているわけです。

選定印≠神の徴、そして、選定印を与えたのは魔術師。これらの認識は、他2名の魔術師にもある程度共有されているようです。

たとえば、【神の業、人の業】において、ドゥナット「選定印が古い時代の魔術師によって刻まれたものであること」を示唆するような発言をしています。これは、ルージョンの認識とおおむね一致するものです。

老魔女も、選定印はまあ神の証ではないだろうという旨の発言をしています。ただし彼女は、「あたしゃ神は認めてるから」とアッサリと言います。その直後、魔術師が神殿に行ったって神罰なんて下らない、とも。

「認めている」という発言は、どうも「信じている」とはニュアンスが違う気がします。いわゆる神(=アネキウス)を単純に信じているなら、魔術師の身で神殿に行くなんて畏れ多いとまず考えそうです。

神なるものを崇める世間一般の人の気持ちを一定認めているのか、世界をつかさどる力・存在といったもの(通常の神の概念とは異なる)を「神」と認識しているのか、それとも神の正体を知っているのか。謎は深まります。

「選定印は神の徴か否か?」ってとてつもなく根本的な問いですよね。双子やモゼーラの主張はとても面白いです。

個人的には、アネキウスは神ではなく、選定印を与えたのもアネキウスではないと思っています。ただ、選定印を自律的に管理するシステム(あるいは神的存在)は存在するのではないかと思います。寵愛者同士の誕生の間隔や、誕生する陣営同士の対立関係ができすぎているからです。

まるで、ある程度正常に王位を継承させつつ、しかし王制が弾性を失わないように、代替わりごとに揺さぶりをかけるシステムが存在しているかのように見えます(これは作劇上の都合と言ってしまえばそれまでですが)。

そして、ヴァイルと主人公とが並び立った状態は、興味深いサンプル足り得るのではないかと思います。

主人公が存在しないif世界ではヴァイルは成人せずに亡くなり、王位の空白を埋めるためにリリアノが国王業を続行するようです。これは、正常な王位継承が行われなくなってしまったと捉えてもいいと思います。

一方主人公が王城に来ると、ほとんどの場合ヴァイルは無事に成人し、主人公とヴァイルのどちらかが必ず王位を継ぐことになります。つまり主人公の存在によって王制には動揺が走り、しかし正常に王位継承がなされるわけです。

上はぶっちゃけ恣意的で結果論的な見方なんですが、答えの出ないことなのでまあいいかな、と。答えが示されないからこそ、ああでもないこうでもないと考えるのは楽しかったりします。

初代ルラントと【建国王の仕掛け】

ルージョンと一緒に宝器庫を探検する、【建国王の仕掛け】というイベントについての話です。※最初に断っておくと、妄想と憶測が多めです。

同イベントの内容を簡潔にまとめると、「建国王ルラントはどうもクサい」というものです。イベント内では以下のことが判明します。

  • 宝器庫の内扉は、印の流れ(=魔力)に反応して封印が解かれる仕組みになっている。
    • →仕掛け人の建国王ルラントは魔術師の協力を得ていた可能性あり。
  • 宝器庫に保管されている多くの品物は、魔力を持つ者が扱うことで効力を発揮するマジックアイテムである。

宝器庫は魔術のびっくり箱のようです。しかし、王や神殿の人間は、宝器庫とその中の宝物が魔術と深い縁を持っていることにまったく気づいていません。

ルージョンはそのことを指摘した上で、さらに以下のことに引っかかりを覚えています。

  • 内扉は寵愛者だけでなく魔術師にも開けられる。
    • →ルラントはなぜ魔力頼りの不確かな防犯システムを改善しなかったのか?
  • 宝器庫の品物は魔術師にも扱える。
    • →どうしてそんな危ういものを王の象徴として大事に保管したのか?

つまり、「ルラントは一体何を考えていた?」「というかそもそもルラントの正体って?」ということが問題になるわけです。

これがまた悩ましい問題で、ひとしきり考え込んでしまいました。ルラント関連はかもかてで一、二を争う答えの見つかりにくいトピックではないかと思います。まさに「昔のことだ、憶測にしかならない」からです、ルージョンの言う通り。

とりあえず、ルラントについて簡単におさらいします。

  • リタント王国の初代国王。
  • 突然歴史に登場し、反乱軍を率いて国を興し、子を成さずにある日忽然と消えた。
  • 性別・容姿・血筋・性格・思想などのプロフィールはほぼ不明。
  • 確定的なのは、額に選定印があり魔の草原に近い南方の集落の出身であること。
  • あまりに偉大かつ謎なので「アネキウスの化身だったのでは」とまことしやかに囁かれている。

この情報の少なさについては、誰しも不思議に思うのではないでしょうか。

ルラントが生きていたのはせいぜい120年ほど昔のことです。偉大な建国王のひととなりを伝える書物の一つや二つあってもおかしくはないはずです(グラドネーラの寿命は現実世界と違って短く、120年前というと6~5世代ほど遡ることになるとはいえ)。

というか仮にも王様が、「忽然と消える」なんて可能なのか? とも思います。

ルージョンはイベント中様々に自分の考えを仄めかしますが、核心的なことはまったく語ってくれません。これが非常にやきもきするポイントで、出し惜しみしないで教えてくれルージョン! と何度思ったか知れません。

「つまりどういうことだってばよ?」と某忍者ばりに言いたくなる気持ちを抑え、ルージョンの示唆を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 不意に現れ不意に消えたルラントの正体を知る者はいない
  • 実は同じものと言えなくもないのに、なぜ寵愛者は敬われ魔術師は排斥されるのか
  • ルラント自身は魔術師をどのように評価していたのか(現在の状況と宝器庫の中身が釣り合わない不思議)
  • ルラントは宝器庫の品物がマジックアイテムだと知っていたのか否か
  • 知っていたなら、どうして姿を消す前に始末しなかったのか(「便利さに負けたのか、始末する時間がなかったのか。それとも、もしかすると……」byルージョン)

けっこう恣意的なまとめ方だと思います。というのも、まとめている途中にある考えが思い浮かんだからです。

それは、「ルラントって親魔術師派だったか、あるいは自身が魔術師だったのかも?」というものです。

まずルラントは、魔の草原に近い集落(南方)の出身です。そして魔の草原の向こうには、かつて“最後の”魔術王国テラーソーがあったとされています。

実は、このテラーソーは三足族の国だったのではないかという疑いがあります(三足族がダリューラ時代に差別されていた理由の一つか)。もともとダリューラ時代に三足族は魔の草原の近くに追いやられていたので、ルラントの出自にとりたてて不審な点はありません。が、引っかかると言えば引っかかります。

次に、【神の業、人の業】でのドゥナット曰く、選定印は「魔術師が編んだもの」です。ひとまずこれを真として扱います。

ルラントが仕掛けたらしい宝器庫の封印解除システムは、現代でも問題なく作動します。したがってルラントの額に輝いていた印も、やはり「魔術師が編んだもの」なのでしょう。

ルラントは反乱の途中に選定印を「神から」授り、その印は三足族を奮い立たせ団結させる旗印として大いに機能したそうです。となるとルラントは程度の差こそあれ、自ら望んで魔術師に選定印を編んでもらった(あるいは自分で編んだ)のではないかと思います。

よってそこに、ルラントと魔術師の密接なつながりを見出すことは可能です。

ところで、ルラントに選定印を刻んだ人物を仮に同時代の魔術師とすると、気になることが1つありまます。それは、≪人を食う法≫と選定印の出現との関連性です。

≪人を食う法≫は魔術の技法であり、対象の人間(魔術の素養を持つ者が望ましい)の“力”をそっくり奪って自らの力とする業のことです。【神の業、人の業】やルージョンルートを見るに、完全に力を奪われた者は死に至ります。

そして【神の業、人の業】の描写より、この技法によって選定印を他の人間に編み直せる可能性があります。

実はルラントには、セッカナという片腕的人物がいました。しかし、おそらく戦とは関係のない理由で、セッカナは突然亡くなってしまったらしいのです(【読書の楽しみ・英雄伝】)。

ここから、セッカナの突然死と≪人を食う法≫を結びつけるとしっくりと来ました。つまりセッカナが食われ、ルラントが食ったのではないか、と。

パッと思い浮かんだのは、以下の3つのストーリーです。

  1. ルラントがセッカナの力を(おそらくその同意の下に)奪って選定印を自分の額に刻んだ
  2. セッカナが自分の命と引き換えにルラントの額に選定印を刻んだ
  3. 第三者が仲立ちしてセッカナの力を奪いルラントの額に選定印を刻んだ

①はかつての老魔女タイプ、②はルージョンタイプ、③はタナッセ&ドゥナットタイプですね。

食われる者は相応の魔力を持つ方が望ましいことや、「突然現れたルラントの片腕と称されていた=旗揚げ前から付き合いがあった?=同郷(魔の草原近くの集落出身)?」という連想から、セッカナ自身も魔術師かその類だったのではないかと個人的には思っています。

ただ、ドゥナットが「古い魔術師」と発言していることはやや気にかかります。アネキウス歴7403年を数えるあの世界において120年前は「古い」に当たるのか。

また、ダリューラ時代以前にすでに魔術師は滅びた(と考えられていた)ので、ルラントの時代に魔術の技術レベルが高かったとは言い難い気もします。たとえばルラント一派は上に書いた魔術王国テラーソーの末裔で、選定印の技法自体はテラーソー時代に編みだされたもの……など、多少強引にでも理屈はつけられますが。

さらにルラントは、宝器庫にマジックアイテムを多数保管し、宝器庫を守る仕掛けとして魔術の産物である選定印を採用しました。

これは、儀式で用いる王の権威を左右する宝器の管理に、魔術師を深く関与させたことを示唆する事実です。仮に宝器の便利さに惹かれたせいだとしても、相当魔術師に信を置いていないとできない決断ではないでしょうか。

そもそもルラントが宝器庫の仕掛けに着手したのは、おそらく分裂戦役に一段落ついた建国後のことだと思います。

火急の時期なら忌まれるべき魔術師とも組むでしょうが、国の礎を築く段階に移行してからも魔術師の力を必要としたのはなぜなのでしょうか。あるいは戦争中に急場しのぎで作らせたとしても、どうして国内が落ち着いて以後も魔術システムを排除しようとしなかったのでしょうか。

ルージョンは、魔術師は戦争に体よく利用され、終わった後に使い捨てられたのだろうと言います。建国の英雄ルラントが魔術師を正当に評価しなかったからこそ、今に至るまで魔術師の扱いは変わっていないのだ、と。

しかし、ルージョン本人も違和感を覚えているように、それは宝器庫に施されている仕掛けと食い違う推測です。

ルラント自身はおそらく魔術師を正しく評価していたし、その後も魔術師を運用していこうと考えていたのではないでしょうか。ひょっとすると、自ら魔術を用いて宝器庫システムを作り上げた可能性さえあるかもしれません。

とはいえ、現代において魔術師の扱いが好転していないのは確かです。ここで、「建国王であるルラントのプロフィールがことごとく抹消され、後代に伝わっていない」という事実の意味を今一度考える必要があると思います。

私の推測は、「魔術師との強い繋がり、あるいは自身が魔術師であることが露見したため、ルラントは秘密裏に、完全に抹殺されたのではないか」というものです。以下、その(妄想強めな)推測に基づいた話です。

魔術師一派は神の敵なので、国のトップにしておくわけにはいきません。しかし大っぴらに裁くには、ルラントの業績は偉大過ぎたのではないでしょうか。

リタントの建国経緯とその正統性は、建国王ルラントその人(とその選定印)と切っても切れない関係にあります。神の代理人として国を興した人物が神に仇なす魔術師だったと明らかになれば、建国直後のリタントは計り知れない打撃を被ることになったはずです。

ルラントを国王にしておくわけにはいかない。しかし、彼の正体を暴き立てるわけにもいかない。

赦されない罪人に裁きを与えつつ、その偉業自体には泥を塗らず……という難しい要請に応えた結果、ルラントはごく秘密裏にその命を奪われ、死の事実すら伏せられて伝説化されるに至ったのではないでしょうか。

そして宝器庫を始めとするルラントの遺産は、彼の急死によりそのままの形で残されることになったのではないでしょうか。

その場合、どの陣営が手を下したのかについては、安易ですが神殿勢力かなと思います。 教義上その動機はどの陣営よりも強く、窮迫性も高いはずです。

また、神殿の強みは、その権威上下の統率、そして特別自治権です。計画実行時においてもその後の長期的なフォローにおいても、うまく立ち回れるポテンシャルを秘めているのではないかと思います。

たとえば、リタントの各村々に神官(=村人の教化・指導に従事)を置いているので、ルラントのプロフィールを消しつつ「見えない王様」に仕立て上げていく作業を効率的に行えそうです。あと、大神官長メネデラードがやっぱり名前からして怪しい(偏見)。

ルラント排斥に際しては、他の大貴族も一定関与したのではないかと思います。ルラントのプロフィールを一切消すのは上記の神殿の草の根運動だけでは無理で、神殿を含めた国の上層の人間たちが結託しないと難しいはずです。

ただしその場合でも、選定印=魔術の所産という事実を握っているのは神殿だけだろうと思います(そうでないと、ノイラントとファジルの政争の経緯に矛盾が生まれるので)。

今なお神殿が選定印を神の徴と見なしていることについては、大事な秘密が大神官長にしか伝えられていないから~でクリアできる気がします。当代の大神官長キアノーは選定印にさほど執着を見せず、妙に意味深な発言をしているので。

そもそも、選定印もまたルラントと同等に神格化されていたために、完全に葬り去ったり覆したりすることはできなかったのではないでしょうか。

以上つらつらと書いてきましたが、最初の選定印を与えたのは神ではなく人だと仮定すると、「じゃあルラントより後の寵愛者に印を与えたのは誰?」という嫌な問題にぶち当たります。

二代ノイラント以降の寵愛者はおそらく先天的に印を持って生まれています。しかしその印を、いちいち魔術師が編んで回ったとは考えにくいですよね。

なんとなく、ルラントとそれより後で選定印の出どころが違う気はします。たとえば【選定の印】にて、タナッセ「選定印の授受は本来ルラント一代限りの約束だったのではないか」と考えているようでした。

ルラントの選定印=魔術師由来の人為的なものとするなら、タナッセの推測は当を得ています。選定印は人の業の所産であり、けして自然に得られるものではないわけですから。

しかしノイラント以降の選定印はどうもランダムに表れているらしく、そこにはもはや、神の手が及んでいるようにしか見えません。

色々と考えていると、「やっぱりルラントはアネキウスってことでいいや、約7400年前のように地上に降臨して不遇な三足族を救って姿を消したんだよ」で片付けてしまいたくなります。

とはいえ、「ルラント=魔術師一派説」は、少なくともルージョンの考えとは近いんじゃないかなーと思ってしまいます。彼女は魔術師と寵愛者の根底の同一性に注目していて、そこから初代ルラントの正体についてもしや……と疑いを持ってしまったらしいので。

答えが示されないのはもどかしいですが、自由に考えられるのはやっぱり楽しくて良いですね。

嫉妬・夢イベント

嫉妬イベントは誰相手でもわりとシリアスな雰囲気でした。

サニャグレオニーといった平民出身キャラには、ああいうまともな人種と付き合うなら魔術師なんぞ相手にするんじゃないよ、と皮肉げ。
リリアノユリリエモゼーラといった大人っぽい女性キャラにはちょっと拗ねた感じ。

公式HPの質問企画に(主人公が誰かに言い寄られたら)ルージョンはああ見えて臆病なので後で主人公に怒るという回答があった気がしますが、嫉妬イベントを見ているとなんとなく納得です。

個人的には、ヴァイルローニカ、そしてティントア相手の嫉妬イベントが印象に残りました。

対ヴァイルでは、若干主人公を脅すくらいの雰囲気があった気がします。嫉妬多めな感じでちょっとドキドキしました。

対ローニカについては、さすがローニカと言う他ない機敏な反応っぷりでした。
また、ルージョンはローニカと主人公の関係に難色を示したり、微妙な反応を返したりしない数少ない人物です。皮肉を言うにも苦笑しつつなのは、やはり自分と老魔女のことが念頭にあるのでしょうか。

対ティントアについては、もはやハラハラしつつ成行きを見守るのみでした。「これ絶対三角関係に巻き込んじゃダメなやつ」と思う2人は何組かいます(ヴァイル→タナッセ、タナッセ→リリアノ、リリアノ→モゼーラあたり)が、ルージョンとティントアはその筆頭だと思います。

わかりやすく予防線を張って強がっているルージョンの態度は、どことなくヴァイルっぽい気がします。主人公への当たりが強くなるのも似ています。

魔術師という身分を意識した発言が多いですが、リリアノやローニカのような諦めが勝る雰囲気はなく、モゼーラやグレオニーあたりの押し切れない自信のなさとも違う感じがしました。わかりやすくツンデレてくれるのは、対タナッセくらいでしょうか。ありがとうタナッセ。

夢イベントについて。【愛しき夢】は、ルージョンにそういう夢を見せることに対しての申し訳なさが先に立ちました。でも反応自体はすごく可愛くてニヤニヤします。

【親しき夢】については、夢が人為的なものであることに勘付いているらしいのがさすがだなーと。

あの占い師は一体誰なのか、そもそも人なのか。ルージョンは、「魔術師は人の心を操ったりはできないし記憶を改ざんすることもできない」と断言しています(【魔術にできること】より)。そうなるとあの占い師、いっそう人ならざる存在に思えてなりません。

*****

驚きの長さ。かもかての感想の中で一番手こずりました。自分でも書いていて若干わけがわからなくなり、深夜のテンションで乗り切ったところがあるので、まとまらない部分があったら申し訳ないです。

さすがに長いと思い削れるところは削ったのですが、どうにも魔術師周りについて書きたいことが多すぎました。

ルージョンは普段のツンツンっぷりと終盤あたりの崩れっぷりとのギャップが凄まじくて癖になります。ツンデレっぽい反応を楽しんでいたはずが、いつの間にか「守ってあげたい、いや、守らねば……」という思いに駆られてしまうというか。

蓮っ葉な口調と突き放した態度で大人びていると見せかけて、実は不安定で脆い精神を抱え込んでいるキャラだと思います(そういうところもヴァイルっぽい?)。一途すぎてズタボロになりがちでどうにも危なっかしいし。甘い焼き菓子をたくさんあげたいです、本当に。

ところで、かもかての核心はつきつめると「神」だと私は思っています。

「寵愛者」は神と直接に繋がる存在(神に選ばれた者)であり、物語上で大きな存在感を放っています。そして、神の敵とされる「魔術師」もまた、神とダイレクトに繋がるがゆえに実はかなり大きなプレゼンスを有しているのではないでしょうか。

だからこそ、寵愛者の主人公と魔術師のルージョンという取り合わせにはそれだけで心躍る(?)緊張感というか期待感があると思います(神官のティントアと魔術師のルージョンという組合せもそうですが)。

ストーリー的にもキャラクター的にも歯ごたえのあるルートでした。ルージョン可愛い。

その12は、謎の商人トッズについての感想です。

次回:『冠を持つ神の手』 トッズ 感想 攻略 その12

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply