『冠を持つ神の手』 リリアノ 感想 攻略 その5

かーめるん

異世界ファンタジー育成系ADV、『冠を持つ神の手』(かもかて)の感想や考察、攻略記事です。制作サークルは小麦畑様。

その5では、攻略キャラクターの一人、リリアノについて感想を書きます。攻略についても触れます。

※「リリアノ&モゼーラの共通友情エンド」と「ヴァイルの憎悪監禁エンド」を並行する攻略について、攻略メインの記事を書いています。

≪関連記事:共通友情エンドとヴァイル憎悪監禁エンドを並行 『冠を持つ神の手』 攻略

全イベントとエンドを見た上での感想なので、ネタバレしかありません。未見の方はご注意ください。考察みたいなものも書いていますが、あくまで個人的な考えです。主観まみれです。

◇リリアノ・ランテ=リタント=ヨアマキス

現リタント国王。36歳の女性。初代から数えて五代目に当たり、三代国王ファジルを祖父に持つ。ヴァイルの父であるイルアノの兄。過去に中級貴族ヨアマキス家のクレッセと結婚し、一人息子のタナッセをもうけた。のちに離縁し、現在まで独身を通している。
性格は苛烈だが、王としては公平で誰もが認めざるを得ない。華やかな業績はないものの、四代国王の粛清に次ぐ粛清で傾いた国政を建て直した手腕が高く評価されている。退位を間近に控えた現王として、甥のヴァイルにも主人公にも公平に接する。

冠を持つ神の手 かもかて リリアノ スクショ
用語説明

※リタントでの性別関連の呼称について

主人公たち三足族は性別を持たずに生まれる。そのため、「姉」「妹」「令嬢」「(子供としての)娘」といった呼び方は存在せず、女性であっても一律「兄」「弟」「令息」「息子」と呼ばれる。

※姓名について

(名前)・(副家名)=(本家名)。(本家名)がその人の出身家の姓を示す。国王国王になる資格を持つ寵愛者は、「リタント」を名乗ることができる。

リリアノについて

リリアノはリタントの五代国王であり、主人公の庇護者です。タナッセの母、ヴァイルの伯母でもあります。

イベントリストではタナッセの次がリリアノですが、貴族の同年代組を先にまとめたかったので、その4でユリリエについての感想を先に書きました。

かもかての攻略キャラは皆好きですが、リリアノのことはとりわけ好きです。「リリアノさま~」とプレイ中は親しみを込めて呼んでいました。というよりあの威厳と麗しさを前にするとリリアノさま~状態にならざるを得ない。

リリアノはけっこう感情表現が素直なところもギャップがあっていいですね。また、彼女は色々な意味で強い人ですが、迷いや未練がないわけではありません。悩み多い人にはやはり惹かれます。

リリアノはすでに感想を書いたヴァイル、タナッセ、ユリリエと同じく貴族身分を持つキャラクターであり、リタントの現トップです。国王であるということの意味と、主人公が生まれる以前の過去を知る人物と言えます。

建国から100年の節目直前に即位したリリアノは、先代国王の時代に傾いた国政を立て直し、平和で安定した治世を現出しました。国王としての評価は高く、その公平さは誰もが認めるところです。

彼女は国政に大きな影響力を持つ、ランテ家の出身です。ランテは建国当時から続く名門貴族であり、三代ファジル、五代リリアノ、六代候補ヴァイルと3人もの寵愛者(=国王)を輩出した家系です。

リタントは120年ほど続いている国家ですが、その月日の半分近くを、一つの貴族家の出身者が統治したことになります。そして、もし六代国王にヴァイルが即位することになれば、ランテの治世は今後も続いていくことでしょう。

五代から六代へ王位が引き継がれようとしている現在、貴族たちが何よりも危惧していることが一つあります。それは、ランテによる一家独裁が続くことです。彼らは現状、ランテの広大な領地を継承しているヴァイルではなく、すでに優れた王として評価されているリリアノの方を恐れています。退位した後も*甥であるヴァイルを傀儡にし、国政を支配し続けるつもりなのではないか、と。

*リリアノは1年後に退位を控えています。次王の成人と同時に現王は譲位するというのがリタントの制度です。

実際のところ、リリアノに貴族としての野心はおそらくありません。

たとえば、彼女は結婚を機にランテの継承権を放棄して弟(ヴァイルの父)に譲ったため、貴族としての実質的な資産をほとんど有していません。玉座への執着も噂されているようなものではなく、主人公が能力を示し名声を勝ち得れば、あっさりと甥のヴァイルを差し置いて王位を譲ってくれます。

三代国王ファジルを祖父に持つリリアノは、王として生まれ王として育ちました。ユリリエを生粋の貴族とするのなら、リリアノは「生粋の王」であると言えるでしょう。貴族や一人の女性である前に彼女は王なのです。それは、周囲もリリアノ当人も認めるところです。

それでも貴族たちがリリアノを警戒するのは、彼女個人とランテの血の影響力がそれだけ脅威であるからなのでしょう。

リリアノにしてもヴァイルにしても、ランテの人間は貴族としての欲をあまり見せないところがあります。もちろん必要に迫られれば、大貴族としてのランテの力を暗にちらつかせることはあります。しかし当人たちからすれば、権力は本当の関心事ではないのです。

それは彼らが生まれながらに、王としての権力を有しているからなのかもしれません。

他の貴族にとってランテの人間の権力への無頓着さは理解しがたい、彼らに生得の傲慢さがあるから尚更信じることができないのかもしれない……そのようにユリリエは語ります。

リリアノは大抵の場合、後日談で命を落としてしまうキャラクターです。それは、消極的な自殺行為であり、彼女が暗殺者に殺されるままになったからだと説明されています。

ランテは神に愛された家系かもしれませんが、神の愛の証たる選定印は、ランテの人間を幸福にしたとは言い難いところがあります。

即位して以降、リリアノは王権の光と陰を見つめ、選定印のもたらした悲劇に翻弄されるランテの人々を傍らに、王としての半生を歩んできました。そして退位を控えた現在、彼女は過去に成したことの因果として死に誘われているのです。

王としての彼女の過去と彼女が唯一人として大切にしているもの。その2つを知ることが、攻略の要になることでしょう。

以下、各ルートの攻略メモと雑感です。今回は他のキャラの根幹・過去にも関わるネタバレを思い切り含んでいます。特に友情ルートの感想は未見の方には致命的です。ご注意ください。

愛情

愛情エンディングは、王位継承の愛情Aと王以外の愛情Bの2通りです。

リリアノの好愛は、城を嫌い村を恋しがるまだまだ子供っぽい少年を意識して振舞うと上がりやすいです。あまりに馬鹿っぽい受け答えはダメですが、言動は多少感情的すぎるくらいでOK。母を頼るように彼女を信頼し、素直に愛を捧げましょう。

彼女の息子と元夫を見るに、若干ダメンズウォーカーの気があるというか、駄目な子ほど可愛いと思う人なのかなと思わなくもありません(クレッセは強かな人ではあると思うんですが、伴侶としては頼りない印象もあるので)。

また、印愛は序盤からガンガン振っていきましょう。結婚歴があり子供もいる年長者なので、こちらが真剣にならない限り、向こうも本気になってくれることはありません。

リリアノ愛情ルートを攻略するとき、私はいつもギリギリまで引き籠って中盤からスパートをかける感じでプレイします。

王になることを拒否した上で名声を低く保つ、つまり城に馴染めない田舎者の主人公のままでいると、イベント中の様々な選択肢でリリアノの好愛が上がりやすくなるんですね。普通は好友が上がる、または好感度が下がる選択肢でも、好愛が上がったりします。リリアノは好愛特化のイベントが少ない印象なので、その分全体のイベントに隠し好愛上昇ポイントが設けられているのかもしれません。

この攻略法だと新しい発見も多いほか、もともとリリアノは好感が素直に上下する傾向がある人なので、明らかに好愛が上がっていそうな反応を沢山見られて楽しいです。

この攻略法の一つの目安となるのは、三か月目(赤の月)に発生する中日イベント、【籠る心は】です。愛情Aと愛情Bを同時に回収しようとすると、王になる条件を満たさなければなりません。そのために必要な名声値を考えれば、数値稼ぎを始めるタイミングとして、【籠る心は】の直後はギリギリに近いと言えます。

城なんて気に食わない、ずっと子供のままでいたいと駄々をこねた後に俄然王を目指し始める主人公の心情は気になるところですが、リリアノにからかわれてやる気を出したのでしょうか。

コツを掴むまでは「愛している」にすることさえ手こずっていましたが、慣れてみると無事に「一心同体」にできるレベルになりました。好愛優先で上げていったのですが、途中から好友が追い抜き、最終月にようやく好愛最大になる目途が立った感じです。やはりリリアノさまは好友がとても上がりやすい。

リリアノ愛情攻略は、イベント数的な意味でかなり余裕がある気がします。他キャラは必須イベントがあったり能力値諸々の縛りがあったりで充実しつつも忙しないですが、リリアノ愛情はゆっくりと攻略に集中できる印象です。

空いた時間に休んだりギッセニ男爵を訪ねたりもできるので、「一心同体」プレイをしつつ、「万能の神の使者」を達成できました。リリアノさま相手にこの結果は嬉しかったです。

愛情攻略で地味に大切なのは、励みイベントをすべてリリアノで出すことではないかと思います。どのキャラの愛情攻略でも基本中の基本ではありますが、好愛イベントが少ないリリアノルートでは特に重要です。イベントが尽きたかと思ったとき、コツコツと好愛が加算される励みイベントによく助けられました。

もっとも、ただでさえ王絡みの中日イベントが多いのに、【籠る心は】からのローニカ&ヴァイルイベントがうっかり発生したり、ユリリエが唐突にカットインしたりでやきもきした部分もありました。とはいえ最終的には、8割以上励みイベントを見られました。

また、市の日の贈り物は安定して有効です。2回ほど利用しました。

「一心同体」攻略で意外に思ったのは、友情エンドを迎えられたことでした。

相手の好愛が高まっている場合、他キャラでは友情エンドを迎えられないことが多いです。すわ愛の告白かと思いきや今後の話だった……なんて相手にとっては落胆ものでしょうから仕方のないことです。リリアノもやや残念そうな様子を見せるんですが、後に引きずることなく主人公との友情を確かめ合ってくれます。さすがはリリアノさまとあらためて思いました。

また、愛情ルートとエンディングを見て強く感じたことがあります。それは、ヴァイルほどではないにせよ、リリアノも自分と同じ印持ちの人間を求めているんだなということです。時期が遅かったからまだ諦めがつくだけで、お前が20年前にいてくれさえすればと何度か零しているし。寵愛者の孤独はかくも根深い。

愛情A、愛情Bともに、しんみりとしたやるせない雰囲気が漂うエンドでした。死に誘われるリリアノを留める言葉を主人公はどうやっても持てないからでしょうか。

主人公を愛して一緒にいたいとは言ってくれるものの、主人公の望むような関係にはけしてなれないとリリアノは言います。その意味するところは、エンドロールからも分かるように、主人公のためには生きてやれないよということなのでしょう。愛情Aでは数年は思いとどまってくれた様子ではありますが。

一緒にいたいけど一緒に生きることはしない、対等の男女にはならないってワガママと言えばワガママかもしれません。しかし、つらいことの多かったリリアノだから仕方がないのかなとも思います。ただ、プレイ方針からして、一途にリリアノを慕う主人公にはそのあたりの妙が分かってないんじゃないかと思えることだけが気がかりでした。

もし、対等の男女になりたいとリリアノの出す条件を拒んだ場合、彼女は国を乱すわけにはいかないということを理由に主人公をつっぱねます。

たしかに、先代の王と次の王、または先代の王と下の世代の寵愛者が正式に結婚することなんてまず無理です。外聞が悪い、貴族が猛反対するということ以上に、リリアノがそれを自分に許すはずもないです。

冷静にその事実を突きつけられると、愛情エンドの存在自体がリリアノの精一杯の譲歩だったんだと改めて思いました。とはいえ主人公を退けた後、神の国で再び一緒になったときに考えようと言ってくれることが嬉しかったです。

エンドとしては、主人公と一緒に海辺のランテ領に引き籠る愛情Bが好きです。額こっつんこは寵愛者だけに許された愛情表現のようでドキドキしました。

制作者様によれば、一応プラトニックな関係ではないらしいです。へえと思うとともに、やっぱりお前の女にはなれないって精神的(それと社会的)な意味なんだなと納得しました。

言い方は悪いですが、本当に対等ではない、飼い主対ペットのような関係だと思います。主人公にできるのは、リリアノが死ぬまでの間、彼女の心を慰めることだけです。リリアノを真剣に愛しても向き合うことはしてくれないから、主人公の方が死に惹かれるリリアノの傍に寄り添い続けるしかないんですよね。

主人公の人生を狂わせるとわかっていても愛を絶ち切れなかったのがリリアノの言う弱さであって、いびつであっても愛してくれたということはわかるから、嬉しくはあるんですが。

憎悪

エンディングは2通りです。【最後の日】に「刺す」か否かで憎悪Aと憎悪Bに分岐します。

リリアノは世評通りの「公平な王」です。多少の悪感情を抱くことはあっても、正攻法では主人公を憎んではくれません。そんな彼女の憎悪をかき立てようと思ったら、一体どうすればいいのでしょうか。

実はリリアノには、王ではなく人として大切にしているものが一つだけあります。それは、息子のタナッセです。そもそも政務に忙殺されて一緒に食事をとることもままならないリリアノですが、タナッセのことは心底大切に思っています。息子に選定印がなかったことを密かに喜び、離縁した夫に息子を託さず手許に置いたのも、ひとえにタナッセを愛しているからです。

だからこそ、主人公の告発によってタナッセが処刑されることになった場合、リリアノは主人公に憎悪の眼差しを向けてくることでしょう。

以下、手順を説明します。前提として、リリアノの印憎度はけっこうカツカツになりがちです。相手の現在の好感度は気にせず、イベント発生ごとにポイントを振りましょう。

好感度の条件としても、こちらの印愛・印憎の数値を好愛・好憎が上回ることはないという設定があるようです。好憎の上限を上げるためにも、どんどんと憎みましょう。

また、リリアノと並行してタナッセのことも憎んでおきます。向こうにも憎んでもらいます。攻略を進めて最終月(黒の月)になったら、【神の業、人の業】を起こしタナッセを告発します。あとは、【大逆の処断】→【人として王として】を経ればOKです。

イベント中は、王であるがゆえに息子を処刑しなければならないリリアノの気持ちをうまく逆撫でするような選択肢を選ぶといいと思います。

憎悪Aは、刺殺未遂エンドです。主人公をある人物の生まれ変わりと確信しつつ、リリアノは主人公を処刑せずに囲い込みます。とはいえ、やはり彼女は退位後に暗殺者に殺されてしまうので、主人公も遅かれ早かれその後を追うことになるのでしょうか。

ヴァイルと同じく、リリアノも神の国には行きたくなかったのかと複雑な気持ちになりました。このあたりでリタントに輪廻転生の思想があることを知り、同い年の寵愛者として生まれたヴァイルと主人公の前世ってどうなんだろうと考えるのも楽しかったです。

憎悪Bは、友情A以外でリリアノが生存する数少ないエンドです。そして主人公の今後は、非常に苦難に満ちたものになるだろうことが示唆されます。

この憎悪B、個人的には大好きです。このエンドを見てリリアノがもっと好きになりました。

もともと憎み合っていたとはいえ、【神の業、人の業】においてタナッセは加害者、主人公は被害者でしかありません。言ってみればリリアノの主人公への憎悪は逆恨みに近いわけです。

とはいえ、そこまで酷いなとは思いませんでした。リリアノは王としての責任は果たしています。主人公にしっかりと謝罪し、寵愛者を害そうとしたタナッセを処刑すると決めたわけですから。その上で、頼むから今後自分に近づいてくれるなと主人公に警告さえしています。王としてやるべきことをやった以上、プライベートの部分で何を思おうと自由じゃないかなと私は思います。

リリアノはどこまでも公人として生きてきた人です。そんな人が私人として唯一大事にしていた息子を自分の手で殺めなければならないのに、気持ちが憎悪に振れないはずもないだろうと思います。むしろあの状況で感情を理屈で抑え込めたら、本当に人の心があるのかと疑いたくなるところです。

憎悪が主人公に向かうのは理不尽とはいえ、母親の心の動きとしては一定仕方がないことなのかな、と。それでも主人公に憎悪を抱いた時点でよろしくないのだという意見には、そういう考えも正しいと言う他ないです。

この憎悪ルートの最大の悲劇は、リリアノが公平な王でありすぎたことでしょうか。息子のために権力を行使できるような性格ならまだ救いはあったのでしょうが、リリアノは王である自分にそれを許しませんでした。
王として生まれ王として生きてきた彼女にとっては当然の選択とはいえ、息子のためだけに存在した私人としての彼女にしてみれば、それは身を切るような決断だったことでしょう。

だからこそ、理不尽とわかっていても主人公を恨まずにはいられないリリアノの人間臭さを憎むことができませんでした。個人的にリリアノさま贔屓だからという理由もありますが。あと、リリアノに警告されてなおどんどん突っ込んでいく主人公は煽りに行っているとしか思えないので、あまり同情はできませんでした。

憎悪Bではリリアノは生きながらえるものの、人としての彼女はタナッセを処刑したときに一緒に死んでしまっています。いわば主人公への憎悪を頼りに生きているような状態なので、本当の意味で誰も救われないエンドなのかもしれません。

友情

通常の友情エンディングは、王位継承の友情Bと王以外の友情Cです。

そして、リリアノトゥルーエンドとでも言うべき特別なエンドが、【継がれゆく世代】を経た友情Aです。この友情Aでのみ、リリアノは前向きに生きることを決意し、暗殺者に殺されることもありません。

ただし、リリアノ友情Aは実質2人分の友情エンドなので、難易度はそこそこ高いです。

友情攻略の基本的なスタンスは、王になりたいと公言し、リリアノの仕事や趣味に興味を示して彼女の理解者となることです。現実を直視し、賢く堂々と振る舞うのが望ましいです。20年前にお前がいたら大好きになるか大嫌いになるかのどちらかと冗談めかして言われるくらいに、リリアノと似た者同士になることを目標にしましょう。

リリアノは引きずられ修正もあって好友が上がりやすいキャラです。印友をどんどんと振ってイベントを一定数こなせば問題はないと思います。

問題は、友情Aです。これは、文官モゼーラとの共通エンディングです。

国王リリアノと一介の官吏でしかないモゼーラを繋ぐ人物、それは、四代国王ネセレです。彼は三代国王ファジルと五代国王リリアノの間に在位し、貴族制の解体という過激な施策を推し進めようとしました。そのため王城では現在、その名を口にすることさえご法度とされている人物でもあります。

【語られぬ王】であるネセレは、リリアノとモゼーラ(と、あともう一人)の過去に深く関わっています。ネセレを知ることは、彼らの過去を紐解くのに必要不可欠なステップなのです。

では、ネセレはどういう形でリリアノの過去に関わっているのでしょうか。

現王から次王への譲位が円満に進んだためしはないというのはリタント王制の定説です。

初代から二代は、王位の証としての選定印の正統性が取りざたされました。
二代と三代は、それぞれ政敵関係にあった家の出身です。
三代と四代は、貴族と平民という出身の違いゆえに語り草になるほど仲が悪かったと言われています。

そして四代から五代のときは、五代リリアノが即位する直前になって四代ネセレが急死したのです。誰もが察していた通り、リリアノは即位するにあたってネセレを暗殺しています。

最初に仕掛けてきたのは成すべきことのために貴族の子に玉座を渡したくなかったネセレであり、リリアノはそれに応じただけではあります。しかし、正当な形でネセレを退位させ力を殺ぐのではなく、暗殺という手段で彼を葬る道を選んだことには間違いないのです。

この事実は、リリアノの心に暗い影を落とし続けました。前の王は次の王に食い尽くされるべき、王でなくなった王は生きられない、因果は巡る……彼女は何度もそういった暗い思想を語ります。リリアノが退位後に消極的な自殺を選ぶのは、自らがとどめを刺したネセレのように、王でなくなる自分も葬られるべきだと感じているからなのだと思います。

友情Aの攻略方法

では、友情Aまでの攻略手順を書きます。全体的な流れは以下の通りです。

  1. リリアノとモゼーラ2人の好友を高める
  2. リリアノからネセレの死の真相を聞き出す
    • モゼーラにそれを伝える
    • リリアノにモゼーラの存在を伝える
  3. 最後に2人を引き合わせ和解に導く

リリアノ攻略パートでは王を目指し、【陛下とお昼】イベントをすべてこなして、【訪問の用件】が発生する状態にしておきましょう。【陛下とお昼】は日時指定なので、最初はリリアノ優先でかまうといいと思います。

モゼーラ攻略パートでは、好友を上げていくと以下の2つの話題が発生します。

  1. ネセレについて
  2. 宝器庫のネセレの遺稿とモゼーラの持つ本の筆跡とを見比べたい

これにより、リリアノイベの【訪問の用件】に選択肢が2つ追加されるので、それぞれ進めましょう。

①については、【語られぬ王】でリリアノによるネセレ殺害を疑い、真実を告白してもらいます。

②については、【残された筆跡】でモゼーラのことを暴露し、ネセレの本を受け取りましょう。その後、ネセレ暗殺の話をモゼーラに暴露すれば準備はOKです。

上記のように進めれば、【最後の日】に訪問したとき、「四代の子について」という選択肢が出現。リリアノとモゼーラを引き合わせることができるようになります。

通常の友情エンドは、王位継承か否かで後味がわりと違ってくる気がしました。

王位継承の友情Bは、もう生きる気の無いリリアノとその気持ちを尊重して止めない主人公という構図が物悲しかったです。王として生まれ育ったリリアノと、たった1年で王になった主人公。生い立ちはまったく違うのに、王という生き物として誰よりも似通っているのがいいなと思います。

それ以外の友情Cでは、「わが友よ」という言葉が嬉しくて当時は舞い上がりそうになったことを覚えています。ゲームにようやく慣れ始めた頃合いだったので、それこそリリアノさま~状態になりました。

ヴァイルは主人公に王にならなかった自分の可能性を見ることができるという言葉も好きです。リリアノは、主人公にはヴァイルとともにあってほしいと内心で願っていました。それは彼女自身、印持ちの孤独を痛いほど知っているからなのでしょう。

通常の友情エンドでは、リリアノを救うことはできないとはいえ、その気持ちを多少なりとも楽にできたのかもしれないと思いました。

そして友情Aですが、正直言ってどう見てもトゥルーエンドの風格を備えています。熱い。他に好きなエンドは色々とありますが、やはりこのエンドだけは別格ではないかと感じてしまいます(あくまで個人の意見です)。

リリアノは生き続けます。これは死んではいられないなと思わせることができたのが主な勝因でしょう。おそらく四代の子であるモゼーラと対面し、真相を暴露して胸のつかえがとれたことが大きいのではないかと思います。

他ルートでのリリアノは、四代の亡霊によって自分自身を縛っていたところがありました。王として王ではなくなるネセレを殺した、だから自分も同じく殺されなければならない、王でなくなった王は生きてはいけない……みたいな。だから特定のエンドでは、主人公にネセレの面影を見出し、進んで死を受け入れることさえありました。

しかし、結局それは逃げでしかないのだと思います。何も変えようとはせず、留まっていた場所から流れるに身を任せ、四代にすべてを被せて死を選んでいるだけです。リリアノはそれを承知の上でやっているから、ある意味性質が悪いのです。

ところが、生身の四代の落胤であるモゼーラに対面した時点で、そういう逃げを打つことはできなくなりました。四代は生きた証を思想としても血筋としても残していたわけですから。

モゼーラに理想はあるのかと尋ねられて初めて、リリアノは王としての大事を成さなかった自分と向き合い、このまま死を待つばかりでいいのかと退位後のことを考えられるようになったのだと思います。

このエンドを迎えたリリアノは、陰日向に新王を支えてくれます。王にならない場合でもいい具合に焚きつけてくれますが、やはり六代国王になるのが締めとしては最高だろうなと思いました。

裏切

裏切エンドは、【最後の裏切】からの1通りです。

主人公の心情を思うに、真っ当に愛してもらえないという事実を後になって考え直した結果なのかなと思います。すぐさま主人公を咎めずにとりとめのない話から入るあたり、リリアノは一歩引いた大人だと思いました。その一歩引いたところ、というよりは一線引いたところが悲しくもあり悔しくもありました。

お前の選択は正しいという言葉も本心からのものだろうと思います。ただ、自分の選択を一度も後悔したことがないというのは、この場面に限っては嘘なのではないかと思いました。

郷里から離れた王城で孤独に成人したというリリアノの思い出と、後日リリアノの死を静かに受け入れる主人公のモノローグが切なかったです。

殺害

エンディングは3通りです。最終結果:王はAエンド、王以外はBエンドです。Cエンド他者に毒薬を託して事を成す特殊なエンディングであり、難易度は高いです。

AエンドとBエンドについてですが、リリアノ付の護衛は非常に優秀な人なので、彼女自身がこちらの行為を許容しない限り、犯行は成功しません。リリアノの好友が高いだけではあっけなく返り討ちにされてゲームオーバーです(例外的に護衛の人の好愛が高ければ殺されはしませんが、失敗することに変わりはありません)。

したがって、愛情ルートで印象反転し、リリアノの許容を得てから犯行に及ぶのがいいでしょう。

主人公のモノローグを見る限り、愛ゆえのヤンデレ臭がするエンドでした。真っ当に愛してもらえないのであればこうするしかないみたいな。対するリリアノも、お主の未来を奪い取ってやりたいとドロドロした感情を少しだけ見せてくれます。これは正直嬉しかったです。計画は未遂に終わるものの、主人公の宿願はその少し後に果たされます。

この愛情反転エンドでは、性別:女を選ぶのが個人的にはしっくりきました。愛憎をこじらせた四代国王の悲劇を繰り返すようでワクワクします。

また、次の王は前の王を食い尽くすべきというリリアノの思想が体現される王位継承のAエンドもいいですが、リリアノが殺意に燃える主人公を連れてランテに引き籠るBエンドも好きです。

ある意味で、リリアノが誰よりも望んでいた者になれたエンドなのかもしれません。因果応報を強く意識していた彼女は、主人公をネセレの魂を持つ生まれ変わりだと思っている節があったので。

Cエンドを迎えるために必要なものは2つ。1つ目は「毒薬」、2つ目は「協力者」です。

毒薬に関しては、市の日に中庭に赴き、占いでリリアノの憎悪を3回高めましょう。3回目の占い時に、占い師が毒薬をくれます。

次に、協力者についてですが、候補はモゼーラトッズの二択です。両者ともに高い好友が必要となります。

モゼーラを協力者にする場合、リリアノに近づいてネセレの死の真相を暴露させ、モゼーラにそれを伝えることで毒殺フラグが立ちます。【訪問の用件】を出すにはリリアノの好感度が20以上必要なので、占いで憎悪を高めるタイミングに気を遣うことがポイントでしょうか。

ネセレの死の真相を伝えた上で、【最後の日】にモゼーラを訪ねると、胸中の葛藤を打ち明けられます。ここでリリアノを殺すようにそそのかし、毒薬を渡せばOKです。

トッズを協力者にする場合は、【裏工作3】でリリアノ殺害を依頼し毒薬を渡すことになります。できれば最終月(黒の月)に入るまでに毒薬を入手しておきましょう。ちなみに、【裏工作3】を出すには、高い名声を得た上で王を目指す必要があります(詳しくはトッズの感想記事に書きました)。

【最後の日】に特定のキャラエンドに入らなければ、トッズに託した計画は成功します。

とりあえず、文官身分で毒殺を成し遂げたモゼーラさんすごいなと思いました。リリアノがネセレを殺した因果が巡り巡って……と考えると、ゾクゾクするエンドではあります。主人公の今後のためにと決意してくれたモゼーラがエンドロールでは城を去ってしまったらしいのを見て、申し訳ない気持ちになりました。

正義にこだわる人だからこそ、後になって自分の犯した罪に耐えられなかったのか。あるいは王城に仕える裏仕事の人間にしっぽを掴まれ、主人公のことは最後まで伏せて山へ至ったのか。印象度によっては主人公自身が用済みとばかりに手を下したのかも……と色々と想像してしまいます。

国王の変遷

かもかての歴史の描き方がとても好きです。ダリューラ時代に始まった分裂戦役、英雄ルラント、神殿勢力の暗躍、神の盟約と「契約の地」など、様々なイベントに散りばめられた小話を聞くだけでワクワクします。

謎の多い建国史だけでなく、建国後の国王の移り変わりの経緯なども相当面白く、各王の背景や陣営設定が練られているのでついつい注目してしまいます。それぞれの国王についての戯れ歌が用意されていたり、直接には登場しない三代と四代の間にも複雑な事情が存在したり、ディティールの凝り具合がとてもいい感じです。

というわけで、国王の変遷を建国の流れとあわせて書いてみました。一応ですが、外伝小説は読んでおりません。自分用にゲーム内の情報をまとめただけです。

参考:【本を読む】【聖徒】【神殿書庫】【国王余話】【無礼会・リリアノ】【選定の印】【王の心得】【語られぬ王】【共にいる者】【消えゆく彼の】

三足族はかつてダリューラ王国に住む種族の一つであり、他種族に虐げられていました。そんな中、独立を唱えて反乱を起こしたのが、後にリタントを建国した初代国王ルラントです。彼は神殿勢力と通じ、北の穀倉地帯を占拠しつつ分裂戦役を戦い抜きました。

ルラントについては、実は素性も風体もはっきりとしていません。誇張じみた逸話も多く、最後は子を成さずに行方をくらませたこともあり、半ば伝説上の人物と化しています。

ルラントについて唯一はっきりしていること、それは、彼の額に奇妙な光る痣があったことです。それはルラントと神の盟約の証であり、北への進軍中に「契約の地」で授けられたとも、古神殿包囲時にはすでに額に刻まれていたとも言われています。

現在のリタントの貴族は、分裂戦役でルラントに協力して戦い恩賞を授かった者たちの子孫です。とりわけドニヌスやテイルフ、そしてランテは、早い段階でルラントに組した者たちであり、建国当初から政治に参画したそうです。

二代ノイラントは、ルラントと同じ額の痣、すなわち選定印を持って生まれました。

ノイラントは、「選定印こそが唯一絶対の王の証である」と主張し、政敵のランテを制して即位を宣言します。彼の最大の誤算は、その即位の直後にランテ家に選定印を持つ赤子が生まれたということでしょう。

その赤子、ファジルは一族の期待を一身に受けて強く育ち、成人を目前にしてノイラントに再び政争を仕掛けました。ノイラントにもはや逃げ場はなく、泣く泣くファジルに王位を譲ることになります。現在の評価としては、偉大な初代と三代の間に挟まれた二代の影は薄いようです。

三代ファジルは、政敵のノイラント一派を完全に制して即位しました。

ファジルは、現在のリタントの体制のほとんどを作った人物だと言われています。たとえば、「現王の譲位はその死を以てでなく、継承者の成人を以て行われる」という重要な制度を定めたのもファジルです。

王城の図書館の文献では、彼は立国の父ルラントに並ぶ真の建国の父として口を極めて称賛されています。制度のみならず、四代ネセレと五代リリアノを育てたのも彼なので、国父という表現はあながち間違ってはいないのでしょう。

もっとも、王権の力が及ばない神殿の文献には、ファジルへの肯定的な評価ばかりが残されているわけではありません。辣腕、孤高、峻厳……能力はともかく、傲慢で独善的な王であったという率直な指摘もなされています。

ファジルはかなり長生きし、孫のリリアノが成人する少し前に亡くなりました。

四代ネセレは、商人の子です。5歳の頃に王城に引き取られ、ファジルに養育されました。ファジルは息子を取り戻そうとするネセレの両親に対し、幼いネセレの目の前で強硬な手段を取ったそうです。生まれ育ちの違いだけでなく、そういった過去もファジルとネセレの確執の原因だったのかもしれません。

建国から二代三代と月日を重ねていた当時、貴族は既得権益の囲い込みに熱心になり始めていました。内と外、貴族とそうでないものの境界を固め始めた時期だったのです。

ネセレはそんな時期に、平民出身の寵愛者として貴族社会に放り込まれ、様々な悪意に晒されて育ちました。長じてのち、彼が貴族社会の解体を目指したのは何も不思議なことではない、とネセレをよく知る人は言います。

貴族からは蛇蝎の如く嫌われているネセレですが、第三勢力である神殿からの評判はそれなりに良かったようです。しかし、晩年の彼は疑心暗鬼を生じ、周囲を失望させるような性急な手段を用いることがありました。そして継承者であるリリアノの成人(=即位)を目前に、王城で急死したのです。

五代リリアノは、ファジルの孫です。彼女は成人直前までランテ領で過ごし、ネセレの急死にともなって初めて王城へ上がりました。通常継承者は王城で教育を受けるものですが、祖父ファジルはそれを許しませんでした。リリアノ誕生の数年前、王城に引き取られた寵愛者の赤子が不審死を遂げたことがその理由だったのかもしれません。

リリアノはファジルという後ろ盾を亡くした状態で成人を待たずに即位し、四代の時代に荒れた貴族社会を立て直しました。貴族制を解体しようとしたネセレに対し、リリアノは貴族社会の庇護者となったわけです。

リリアノ自身は自分を指して小心者といい、せいぜい領主程度の器だと言います。様々なトラブルが続いた時代だったから、神は自分を調停役として選んだのだろう、と。

彼女は現実を見て自身の立ち位置を守り続けました。平和な時代の王として、彼女はやるべきことをきっちりこなしたと高い評価を受けています。反面、王としての理想を持って動いたことはなかったというのもまた事実なのでしょう。

作中の「初めの王様 見えない王様~」という国王についての戯れ歌も好きですが、OPムービーのキャッチコピーのセンスの良さには痺れます。

一人目の王様が死んだので
二人目の王様は嘆き悲しみ
三人目の王様は墓を立て
四人目の王様はそれを蹴とばす

五人目の王様は花を植えたが
六人目の王様は何をする?

平易な言葉でバッチリと比喩表現をしているのが素晴らしいです。初代の威光を盾に王になったがうまく力を振るえなかった二代、強い力で王制を確立した三代、三代の事績を否定しようとした四代……というイメージがパッと浮かんできます。

この詩の中で、リリアノは「花を植える王」に例えられています。これもやはり、乱れた政治を調停者として整えたものの、三代や四代のように王として積極的に力を振るうことのなかった彼女にはピッタリのフレーズという気がします。

リリアノとクレッセ

リリアノは過去に一度だけ結婚したことがあります。相手は中級貴族ヨアマキス家の次子、クレッセです。リリアノとクレッセは、結婚した理由、離縁した理由、復縁しない理由などを含めて複雑な事情を持つ2人だと思います。ただ、そこについて感想を書くと収拾がつかなくなるのでやめます。

その代わり、プレイし直したときに発見して「へえー」と思った、リリアノとクレッセのエピソードについて書きます。

【離れ離れの伴侶】で、リリアノはクレッセとのなれ初めについて話してくれます。

リリアノが即位してすぐに取りかかった事業は、建国百周年記念式典でした。2年後、気が進まないながらもようやく開催にこぎつけた式典には、普段はそういった催しに顔を出さないような貴族も引っ張り出されたそうです。

クレッセは、まさにそういった貴族の一人でした。かといってリリアノに求婚しにきた顔ぶれの中にクレッセがいたわけではなく、2人が出会ったのは偶然のことだったそうです。

つまるところリリアノもクレッセも式典にまったく乗り気ではなかったことになります。なんというかその情報だけで、どういうシチュエーションで二人が出会ったのか想像できそうな気もします。

また、当時の2人がどういう雰囲気で付き合っていたのかについてはほとんど情報がありません。しかし、リリアノの対サニャ嫉妬を見ると、そのある意味貴重な情報が出ていました。

リリアノ曰く、クレッセは結構ああいう感じだったかな、と。「ああいう」というのは文脈的にサニャを指していると見るのが妥当でしょう。

正直マジかと思いました。読み取り方これで合っているのかなと確かめたりもしました。主人公好き好きオーラに溢れているサニャと、掴みどころのない落ち着いたクレッセが自分の中で重ならなかったので。

まあクレッセがサニャのようにうきうき照れ照れしていたという意味ではないのだろうな、と冷静になってから思いました。たぶん好意を包み隠さず積極的にアピールしていたということなのでしょう。そしてリリアノはというと、余裕がなかったのですべて流していたそうです。

リリアノの方が1つ年上とはいえ、ほとんど同い年の2人です。当時のやり取りは相当可愛らしかったのではないかと思います。

嫉妬・夢イベント/ヴァイル憎悪監禁エンド

嫉妬イベントは、大人ゆえの余裕と諦めの中に、ひっそりと嫉妬を忍ばせてくるリリアノさまが堪らなかったです。二十年早く生まれたかった。リリアノさま~。

本音多めのヴァイルタナッセ嫉妬も、いじらしくて可愛いユリリエ嫉妬も、ストレートで健気なサニャ嫉妬も、諦観が滲む悲しいモゼーラ嫉妬も、総じてツボです。リリアノさま~。

また、ルージョン嫉妬の反応を見るに、もしかして魔力をその人固有の雰囲気のようなものとして感じ取っているのかなと思いました。さすがです。リリアノさま~。

夢イベントについて。

【愛しき夢】では、にやにやすると同時にドキッとしました。さすがリリアノさま鋭い。【親しき夢】は、楽しげに語ってからふと寂しげな顔をする様子が悲しかったです。たらればの話は不毛と思いつつも、二十年の差を思うと切ない気持ちになります。

ヴァイル憎悪監禁エンドとリリアノ愛情エンドを並行しました。新王との不和が囁かれたが、その裏にはもう一人の寵愛者の影が……という感じでした。

明記されていないとはいえ、このルートでも暗殺されそうな匂いがひしひしとします。前の王は次の王に食い尽くされるべきというリリアノの思想に基づくならば、その首謀者は高確率でヴァイルなのかな、とも。とはいえリリアノは、ヴァイルはそういう王にはならないと何度も話しているので杞憂かも知れません。

*****

感想を書くのにかなり苦労しました。リリアノは単純に年長者なので抱える過去が多く、国の中枢にいる人間なので秘密も多く、かなり情報量の多いキャラとして造形されています。それらをかみ砕いて自分なりに思ったことをまとめるのが大変でした。

特に好きなキャラクターなので、色々と考えることが多かったという理由もあります。一言で表すならリリアノさま~に尽きるのですが、それはさすがに思考放棄しすぎなので。

リリアノは強い人だと思います。その強さ自体にも惹かれます。しかし、強いことでむしろ損をしているというか、諦めているものが多いキャラだと思うんですね。
そもそも本人が望んで強く生まれたわけではないのに、強く在らざるを得ない。本人は割り切って強くあり続けるけども、諦めたものへの未練や空しく思う心がないわけではない。

生きていく上で、自分の力ではどうしようもない事柄について、「どうしてこうなんだろう」と思うことはきっとあると思います。リリアノは強いがゆえに、そういった悲しさや虚しさが際立つキャラだと個人的には感じます。女性キャラとしても母キャラとしても、リリアノのことは大好きです。

その6はまたイベントリスト順から外れますが、王城に仕える文官モゼーラについての感想です。

次回:『冠を持つ神の手』 モゼーラ 感想 攻略 その6
関連記事:共通友情エンドとヴァイル憎悪監禁エンドを並行 『冠を持つ神の手』 攻略

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply